夜は短し歩けよ乙女

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
夜は短し歩けよ乙女
夜は短し歩けよ乙女
18%
44%
25%
9%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「四畳半神話大系」「有頂天家族」などで知られる人気作家・森見登美彦の初期ベストセラー作品で、黒髪の乙女に思いを寄せる冴えない大学生の物語をユーモラスに描いた「夜は短し歩けよ乙女」をアニメーション映画化。監督は、テレビアニメ化された「四畳半神話大系」や「マインド・ゲーム」「ピンポン THE ANIMATION」など独特な表現手法のアニメ作品で人気の湯浅政明。同じく「四畳半神話大系」も手がけた、劇団「ヨーロッパ企画」の上田誠が脚本を担当。シンガーソングライターのほか、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」などで役者としても人気の星野源が、主人公の声を担当した。所属クラブの後輩である「黒髪の乙女」に恋心を抱く大学生の「先輩」は、「なるべく彼女の目に留まる」ことを目的とした「ナカメ作戦」を実行する日々を送っていた。個性豊かな仲間が巻き起こす珍事件に巻き込まれながら季節はめぐっていくが、黒髪の乙女との関係は外堀を埋めるばかりでなかなか進展せず……。

2017年製作/93分/G/日本
配給:東宝映像事業部

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
森見登美彦
脚本
上田誠
製作
清水賢治
大田圭二
湯浅政明
堀内大示
荒井昭博
チーフプロデューサー
山本幸治
プロデューサー
尾崎紀子
伊藤隼之介
キャラクター原案
中村佑介
キャラクターデザイン
伊東伸高
絵コンテ
湯浅政明
夏目真悟
大平晋也
チェ・ウニョン
演出
湯浅政明
許平康
総作画監督
伊東伸高
作画監督
濱田高行
霜山朋久
伊東伸高
フラッシュアニメーション
ホアン・マヌエル・ラグナ
アベル・ゴンゴラ
色彩設計
ルシル・ブリアン
美術監督
上原伸一
大野広司
撮影監督
バティスト・ペロン
編集
齋藤朱里
音響監督
木村絵理子
音楽
大島ミチル
劇中曲
櫻井真一
森脇正敏
主題歌
ASIAN KUNG-FU GENERATION
制作
サイエンスSARU
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第41回 日本アカデミー賞(2018年)

受賞

最優秀アニメーション作品賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会

映画レビュー

4.5天才・湯浅監督が描く“京都”の濃密さ。

村山章さん
2017年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

原作者は奈良の出身で京大卒。本作の舞台も京都であり、実在の地名や店がゴロゴロ登場する中、イマジネーションが暴れ回るアニメならではの表現がさく裂する。大傑作『MIND GAME』の監督ならではの荒唐無稽なエネルギーがたまらない。

もうひとつ、地域限定の話で申し訳ないが、こんなにも“京都”を感じる映画を初めて観た。これは自分が京都の左京区近辺で育ったから感じることで、京都以外の人には面妖なファンタジーの町にしか見えないかも知れないが。

ただ主人公の移動する距離感、キャラの動きの方向感覚、さりげない町の景色、遠景に見える山の稜線、そういったものがものすごくしっくりくるのだ。ムチャクチャなことばかり起きる話だが、街そのものにすごく説得力がある。

基本、京大近辺で進行する話なので京都市の右京区の人にさえピンとこないかも知れないコアな土着感が、この迷宮世界を二倍三倍愉快なものにしてくれた。稀有なご当地映画としても評価したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
村山章

5.0これだからアニメは面白い!

2021年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

興奮

萌える

湯浅監督の作品を見るたびにこう思うんですよ。アニメの、良い方は悪いですが「嘘の世界」を凄くおもしろく描かれていて見ていてめちゃくちゃ楽しいんですよね。
この映画も一時間半あるんですけど見ていたら本当に体感30分あるかないかくらいなのです。中身がスカスカとか悪い意味ではなくその物語に引き込まれるて本当に今乙女や先輩、樋口師匠たちと不思議で長い一夜を体験している気分になります。
キャラクターも全員魅力があります。特に先輩には冴えない男性諸君。共感したでしょ。「なぜだ?なぜ君はまたしても主役に躍り出る!」とか「このまま彼女に想いを打ち明けることなく、ひとりぼっちで明日死んでも悔いはないと言える者がいるか。」などなど。少なくとも私は共感した。なんか共感して目からいささか塩水が出た。
また音楽も素晴らしい。主題歌をはじめbgmも好き。特にラストシーンの音楽は最高でしたね。
そして星野源の演技も良い。個人的におげんさんは役者としてもシンガーソングライターとしてもエッセイストとしても大好きな人なのでぜひこれからも頑張ってほしいです。
とりあえず、見てないあなた。見ろ。面白いから。異論は認めん。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
赤だるま

3.0脳内

2020年12月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

単純

先輩+作者+監督の脳内を映像にして見せられた
風邪がコロナ禍を予言していたみたい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たからやまもり

3.5夜は短し歩けよ乙女

2020年12月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

時間の切れ目がなく、映画のほとんどを1つの夜にまとめる世界観が良い。
主人公だけ時計の進みが遅い演出が良い。
他の人たちと何か違う存在として描かれていたが、先輩との恋を実感した時にはじめてみんなと同じ存在に。その証拠にそこで一夜が終わった。
だからこその『私も風邪を引いたかもしれない』

主人公の変わらない赤の服が印象的。

今はAmazonとかの影響で、本屋をぶらぶら歩いて運命的に本と出会えたり、昔読んだ本に再開するなんてことはほぼ無くなったけど、それこそが本とのあるべき出会い方では。

人と人のご縁の物語。誰かと誰かの出会いによって、それがこれからさらに新しい出会いを生む。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ABCD
すべての映画レビューを見る(全217件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る