光(河瀬直美監督)

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
光(河瀬直美監督)
21%
52%
20%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「萌の朱雀」の河瀬直美監督が「あん」に続いて永瀬正敏とタッグを組み、「ユダ」の水崎綾女をヒロインに迎えて描いたラブストーリー。人生に迷いながら生きてきた女性が、視力を失いゆく天才カメラマンとの出会いを通して変化していく様子を描く。視覚障がい者のための「映画の音声ガイド」の制作に従事している美佐子は、弱視のカメラマン・雅哉と出会う。雅哉の無愛想な態度に反感を覚える美佐子だったが、彼が撮影した夕日の写真に感動し、いつかその場所に連れて行って欲しいと思うようになる。そして、視力を失っていく雅哉の葛藤を間近で見つめるうちに、美佐子の中の何かが変わりはじめる。共演に「日本のいちばん長い日」の神野三鈴、「るろうに剣心」シリーズの小市慢太郎、「龍三と七人の子分たち」の藤竜也。

2017年製作/102分/G/日本・フランス・ドイツ合作
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第70回 カンヌ国際映画祭(2017年)

出品

コンペティション部門
出品作品 河瀬直美
詳細情報を表示

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2017 “RADIANCE”FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

映画レビュー

4.0音声ガイドを通じて、誰しもに降り注ぐ光を描き出した秀作

2017年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

以前、音声ガイド上映会に参加し、その鑑賞の形に固定観念を覆されたことがある。まさに「映像世界の内部へ足を踏み入れる」感覚。河瀬監督も自作の音声ガイド制作に際し同様の驚きを抱き、そこから知られざる舞台裏に光をあてたストーリーが構想されていったのだとか。

音声ガイドの脚本を手がける主人公は、皆の意見を参考にしながら、少しずつ的確な表現力と言葉を獲得していく。それは同時に、彼女の中で「観る」の定義がグッと広がり、作品が描いているものをより精神的なレベルで理解できるようになったことの証左とも言える。

誰もが大切な人のために何かをしたいと願い、あるいは懸命に何かをしているつもりになっている。ヒロインがぶち当たるのもその壁だ。誰もが同じ目線で光を見つけ、その輝きを共有できているだろうか。その次元へ到達するにはどうすればいいのだろう。 河瀬監督の視座は音声ガイド、障害、老いという枠組みを超え、世界全体を貫く普遍的なテーマさえ描いているように感じた。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
ぐうたら

4.0音声ガイドという仕事の描写が、世界を認識する行為の本質に迫る

AuVisさん
2017年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

知的

テレビには視覚障害者向けの副音声があるが、映画にもそれに近い「音声ガイド」があるのを、この映画で初めて知った。音声ガイドのテキストを作る人は、登場人物の表情や動作、背景となる屋外や室内の様子など、通常の音声だけでは分からない視覚的要素を、自らの言葉で伝えようと試みる。

音声ガイド制作者と、モニターとして協力する視覚障害者たちのやり取りから、視覚を使わずに認識する世界はどのようなものだろうかという想像を促される(先天性の場合と、後天的に視力を失った人とでは当然異なるだろう)。そこからまた、私たちが映画を見て解釈する行為、さらには、人が知覚を使って世界を認識する行為についてさえ、改めて考え直す機会をもたらしてくれる映画だと感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
AuVis

3.5重なり合う「光」というタイトルの意味。

ゆめさん
2020年5月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

視覚障害の方に携わる仕事をしている身としてはかなりグサグサくるセリフの多い映画だった。

「押し付けがましい」
「想像力が足りないのはどっちかしら?」

たぶん福祉やボランティア活動に携わる人間は常に自問すべき問題提起。広義でみれば子育てとか人材育成にも当てはまりそう。

本作でスポットの当たっている「音声ガイド」というものは何かや誰かへの支援そのものに似ている気がする。
押し付けがましいものは駄目、出過ぎた支援も不足のある支援も、支援される側は歯がゆく感じる。
そこを探って双方にベストの落とし所を探っていく明確な答えのない作業だ。

音声ガイドに関しては視覚情報を言語情報に直するという意味では言語の翻訳に近いんだなあと本作を観て思った。あまりスポットが当たってこなかった分野だと思うので、この映画を通して音声ガイドのことを意識できるようになれて嬉しい。

ストーリーについては、ロマンスという触れ込みだったけど、ロマンスというよりは人間同士の相互理解に関する側面が大きかったかなという印象。
ただ、登場人物たちと劇中作の映画の主人公・重造のシンクロからくるラストシーンへの持っていき方は素晴らしいと感じた。
全部観終えると「光」というタイトルが色んな意味と重みを持って感じられるところも良い。
光は視力の要素であり、きらきらしたプリズムであり、時に道標であり、時に希望であり、そのすべてでも、どれでもないものでもある。

視覚障害の男性を演じる小市慢太郎さんの静かで穏やかな表情が印象的だった。セリフは少ないのにとても心地よい存在感。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆめ

4.5それでも光は必ず見える

琥珀さん
2020年3月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

本当に残念でなりません。

この映画をコロナの影響の無い状況で観ていたら、
老いや喪失や叶わぬ願いの先に見えて来るポジティブな光、或いは、この世界は決して闇に包まれているわけではないという(根拠は不確かなのに)なぜか確かな希望を抱くことのできる素晴らしい映画として、もっと素直に感動していたはずです。

現実世界においてこれほど先の見通せない今、一体〝光〟はどこにあるのだろう、そのような思いの方が優ってしまいました。

DVで苦しんでいる家庭では、在宅時間が増えた暴力的な父親が子どもや妻を虐待していないだろうか。
イジメを受けている子どもは、一時的に先送りになっている登校が再開したら、コロナ絡みのあだ名やイジメで苦しむことを想像して精神を病んでいないだろうか。
自粛でたまっているフラストレーションがパワハラなどに表れないだろうか。

最近、テレビなどでも一部の有識者が食料のサプライチェーンの話に言及しています。自由貿易もいいけれど、食糧自給率40%を切っている日本はこの際、中国やアジアからの実習生が来なくて困っている農業や酪農にフリーランサーや非正規の方たちの力を活かす場がないか(人手不足の解消という短絡的な話ではなく、将来の日本の食の安全確保のためのアイデアが湧いて来るのではないか)とか、もっとたくさんの人(日頃、第一次産業に関わっていない人)が、たとえば世界が閉鎖的になって食材を輸出してくれなくなることを想定してその対策に考えを巡らすいい機会と捉えるのも無駄ではないと思います。
経済活動の停滞への対策は政府に任せるしかありませんが、身近な社会における〝コロナ後〟の世界にも想像力を働かせて、自分には何ができるか、そう考える人が増えることで、今より強くて柔軟性と多様性に富んだ逞しい社会に繋がればいいな、と思っています。

話があっちこっちへ飛ぶ支離滅裂なレビューになってしまいましたが、2020年3月30日の今日、いかに自分が混乱していたか、の証左として見直すことなく、このまま投稿します。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 4 件)
琥珀
すべての映画レビューを見る(全107件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「光(河瀬直美監督)」以外にこんな作品をCheck-inしています。