光(河瀬直美監督)

劇場公開日:

光(河瀬直美監督)

解説

「萌の朱雀」の河瀬直美監督が「あん」に続いて永瀬正敏とタッグを組み、「ユダ」の水崎綾女をヒロインに迎えて描いたラブストーリー。人生に迷いながら生きてきた女性が、視力を失いゆく天才カメラマンとの出会いを通して変化していく様子を描く。視覚障がい者のための「映画の音声ガイド」の制作に従事している美佐子は、弱視のカメラマン・雅哉と出会う。雅哉の無愛想な態度に反感を覚える美佐子だったが、彼が撮影した夕日の写真に感動し、いつかその場所に連れて行って欲しいと思うようになる。そして、視力を失っていく雅哉の葛藤を間近で見つめるうちに、美佐子の中の何かが変わりはじめる。共演に「日本のいちばん長い日」の神野三鈴、「るろうに剣心」シリーズの小市慢太郎、「龍三と七人の子分たち」の藤竜也。

2017年製作/102分/G/日本・フランス・ドイツ合作
配給:キノフィルムズ
劇場公開日:2017年5月27日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第70回 カンヌ国際映画祭(2017年)

出品

コンペティション部門
出品作品 河瀬直美
詳細情報を表示

特集

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2017 “RADIANCE”FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

映画レビュー

4.0音声ガイドを通じて、誰しもに降り注ぐ光を描き出した秀作

2017年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

以前、音声ガイド上映会に参加し、その鑑賞の形に固定観念を覆されたことがある。まさに「映像世界の内部へ足を踏み入れる」感覚。河瀬監督も自作の音声ガイド制作に際し同様の驚きを抱き、そこから知られざる舞台裏に光をあてたストーリーが構想されていったのだとか。

音声ガイドの脚本を手がける主人公は、皆の意見を参考にしながら、少しずつ的確な表現力と言葉を獲得していく。それは同時に、彼女の中で「観る」の定義がグッと広がり、作品が描いているものをより精神的なレベルで理解できるようになったことの証左とも言える。

誰もが大切な人のために何かをしたいと願い、あるいは懸命に何かをしているつもりになっている。ヒロインがぶち当たるのもその壁だ。誰もが同じ目線で光を見つけ、その輝きを共有できているだろうか。その次元へ到達するにはどうすればいいのだろう。 河瀬監督の視座は音声ガイド、障害、老いという枠組みを超え、世界全体を貫く普遍的なテーマさえ描いているように感じた。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
牛津厚信

4.0音声ガイドという仕事の描写が、世界を認識する行為の本質に迫る

2017年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

知的

テレビには視覚障害者向けの副音声があるが、映画にもそれに近い「音声ガイド」があるのを、この映画で初めて知った。音声ガイドのテキストを作る人は、登場人物の表情や動作、背景となる屋外や室内の様子など、通常の音声だけでは分からない視覚的要素を、自らの言葉で伝えようと試みる。

音声ガイド制作者と、モニターとして協力する視覚障害者たちのやり取りから、視覚を使わずに認識する世界はどのようなものだろうかという想像を促される(先天性の場合と、後天的に視力を失った人とでは当然異なるだろう)。そこからまた、私たちが映画を見て解釈する行為、さらには、人が知覚を使って世界を認識する行為についてさえ、改めて考え直す機会をもたらしてくれる映画だと感じた。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
高森 郁哉

3.5人間の意志を超えた曖昧な「何か」

2023年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
Rudie

4.0【”弱視、盲目の方でも、”音声ガイド”を通じて、世界の光を感じる事が出来る”。河瀬直美監督の視覚を越えて、映像をつたえる大切さを描いた作品。】

2022年11月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

幸せ

■人生に迷いながら単調な日々を送っていた美佐子(水崎綾女)は、とある仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出会う。
 命よりも大事なカメラを前にしながら、次第に視力を奪われてゆく雅哉の葛藤を見詰めるうちに、美佐子の中の何かが変わり始める。

◆感想

・永瀬正敏の弱視になりながらも、カメラマンとして生きようとする姿とその所作に魅入られる作品である。

・映画製作の際に、”音声ガイド”を作る人々の姿も、キチンと描かれている。
ー 画面が見えなくとも、その映画の内容を伝えようとする人々の努力。-

<人生で多くのもの(今作では視力)を失っても、大切な誰かと一緒ならきっと前を向けると信じさせてくれると思わされた作品。
 河瀬直美監督の映画愛に溢れた作品である。>

コメントする 1件)
共感した! 7件)
NOBU
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る