かぞくへ

劇場公開日:

  • 予告編を見る
かぞくへ

解説

「鬼平犯科帳」「必殺仕事人2009」などの助監督を務めた春本雄二郎の初の長編監督作品。親友と婚約者の間で苦悩する1人の男を描き、2016年・第29回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品された人間ドラマ。家族の温かさを知らず養護施設で育った旭は、同棲中の佳織と結婚を目前に控えていた。そんな中、旭は親友の洋人によかれと思って紹介した仕事で、洋人を詐欺の被害に遭わせてしまう。唯一無二の親友であり、養護施設で家族同然に育ってきた洋人と、認知症が進む祖母のために結婚式を急ぐ婚約者の佳織。かけがいのない大切な2人の間で悩み苦しむ旭は次第に追いつめられていき……。

2016年製作/117分/日本
配給:「かぞくへ」製作委員会

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)「かぞくへ」製作委員会

映画レビュー

4.0本当の家族と一緒にいるからって幸せだとは限らない

2021年11月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

『由宇子の天秤』の春本雄二郎監督作品(過去作)。
なお、この作品を観る前に少しでも児童養護施設について知っておくと、全然見方が変わると思います。

なぜ、旭は血の繋がりのないヒロトにお金を渡したのか。
なぜ、詐欺被害に遭ったヒロトが警察を頼らなかったのか。
なぜ、旭は佳織に相談せずに佳織の母親に手紙を送ったのか。
…その辺が、ほんの少しの知識だけで見方が全然変わります。

佳織とその家族を見てわかる通り、別に血の繋がりのある家族と一緒に居るからって幸せになれるとは限らないんですよね。
それを客観的に目の当たりにした映画でした。

いや、さすが春本監督。凄まじいです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
BONNA

2.0かぞくへ

2018年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
土包子

0.5うーん・・・

2018年3月17日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 4件)
ハードル

3.0ちょっぴり切ない

2018年3月15日
iPhoneアプリから投稿

少しだけ素直に
少しだけ正直に
少しだけその時に
話をすれば、悪くはならないのに
ちょっと切なくなりました。
俳優さんの素朴な演技がストーリーを作っているステキな映画です。
実話の組み合わせと聞いてびっくり。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ginger