あゝ、荒野 前篇

ALLTIME BEST

劇場公開日

あゝ、荒野 前篇
35%
49%
12%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

寺山修司が遺した唯一の長編小説「あゝ、荒野」を、「帝一の國」の菅田将暉&「息もできない」のヤン・イクチュンのダブル主演で実写映画化する2部作の前編。2021年の新宿。かつて親に捨てられた新次は、兄貴分の劉輝を半身不随にした元仲間・裕二への復讐を誓っていた。ある日彼は、街でティッシュ配りをしていた吃音で赤面対人恐怖症の「バリカン」こと健二と一緒に、「片目」こと堀口からボクシングジムへ誘われる。新次は復讐を果たすため、バリカンは内気な自分を変えるため、それぞれの思いを胸にトレーニングに励む2人。徐々に名を挙げていく新次に対し、バリカンは特別な感情を抱くようになっていく。そんな中、新次はついに裕二との戦いに臨むことになり……。「二重生活」の岸善幸監督がメガホンをとる。

2017年製作/157分/R15+/日本
配給:スターサンズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ

映画レビュー

4.5邦画らしい情緒的なボクシングシーンを模索する心意気

2017年10月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

吃音の建二役に韓国人俳優ヤン・イクチュンを起用したのは妙手だ。日本語の台詞を流暢に話す必要がなく、言葉ではなく表情や動作で感情を表現することに成功している(ちなみに、母親が韓国人という設定は映画のオリジナル)。

当然、ボクシングの場面が重要な要素を占めるのだが、はじめのうちはハリウッド映画に比べると体躯の差やカメラワークの差があって迫力不足に感じたが、次第に、リング上での殴り合いに情感を重ねる日本的な拳闘シーンを模索しているのでは、と。菅田将暉が演じる新次と建二それぞれの成長と関係性の変化も的確に描かれ、期待感とともに切なさも誘う。

好みの問題になりそうだが、原作で「女優のような美女」として描かれている芳子役の役者が魅力に乏しくて残念。激しいベッドシーンが多数あるので、キャスティングに制約があったのだろうが、共演陣では木村多江、河井青葉、今野杏南の方が女優然とした華があった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
高森 郁哉

0.5ただただ長い

2022年6月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

登場人物の誰にも共感出来ない。つまらない突っ込みどころも満載。まず主人公のボクシングライセンスは剥奪されるべき。解散したJBCが協力していた事もマイナス要因。とにかくダラダラ長い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ブルーザーブロディー

4.0のめり込む

2022年5月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

感情移入し易い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あたおか

3.5前後編ありますが、分けてレビューするほどでもないので、前編にまとめました

nakajiさん
2022年4月3日
Androidアプリから投稿

原作はあの寺山修司が遺した唯一の長編小説
50年以上前の作品を現代を舞台に再構築して映画化した

ぎこちない展開のストーリーとあからさまな人間関係に癖癖としながらも、そのテーマ性、情熱に引き込まれていく

ただ、無駄なシーンが多すぎる
エロいシーンを含めてね

前編では、自殺と学生の話に結構な時間を取っているが
時代が違うので、現代の若者意識とはかけ離れてしまって現実感がない
特に学生サミットは、学生が世の中を変えれると希望を持っていた時代の変な熱があって今とは違いすぎる

映画ではカットして良かったんじゃないかな
人間関係は別に設定すればいい
寺山修司にとっては唯一の小説なので盛りだくさんになってしまったんだろうけど
ボクシング物として単純化した方がスッキリする
これでは東野圭吾を足した”あしたのジョー”
だから、二部作にしなければならなくなったし、現実感が無くなってしまった

ボクシングシーンは、”はじめの一歩”感もまじって笑ってしまった
山田裕貴はヒットマンスタイルといってましたが、真柴のフリッカーみたいだった
ヤン・イクチュンは一歩のピーカーブー
菅田将暉は矢吹丈ですかね

ラストは予想外でビックリ
結果は力石みたいに逆を予想したんだけどね
ただ、バリカン健児の動機が意味不明
僕はここにいるよぉといわれてもねぇ

菅田将暉もヤン・イクチュンもいい演技で魅せましたねえ
意味もなく役者の無駄遣いが多い
この二人のシーンをもっと増やせばいいだけなのに
自殺、学生のシーンの他に床屋のシーンもいらないなあ

ただ、菅田将暉
冒頭の狂犬のような目はさすがだったのに
ボクシングを始めたとたん、目がすでに少年のように澄んでしまっている
これは、菅田将暉が悪いというより、物語的におかしい
兄貴分を半身不随にした相手をぶちのめすのが目的のはずなんだから
それに
振り込め詐欺なんて口先だけでいい思いをしようとする連中が、コロッとハングリーなボクシングに青春かけるのは無理がある
演出をサボっているとしかいえない

サービスは菅田将暉の全裸の後ろ姿
なかなかセクシーだけど、びっくりしたのは、意外にギャランドゥなんだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nakaji
すべての映画レビューを見る(全116件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「あゝ、荒野」シリーズ関連作品