あゝ、荒野 前篇

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
あゝ、荒野 前篇
あゝ、荒野 前篇
37%
47%
12%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

寺山修司が遺した唯一の長編小説「あゝ、荒野」を、「帝一の國」の菅田将暉&「息もできない」のヤン・イクチュンのダブル主演で実写映画化する2部作の前編。2021年の新宿。かつて親に捨てられた新次は、兄貴分の劉輝を半身不随にした元仲間・裕二への復讐を誓っていた。ある日彼は、街でティッシュ配りをしていた吃音で赤面対人恐怖症の「バリカン」こと健二と一緒に、「片目」こと堀口からボクシングジムへ誘われる。新次は復讐を果たすため、バリカンは内気な自分を変えるため、それぞれの思いを胸にトレーニングに励む2人。徐々に名を挙げていく新次に対し、バリカンは特別な感情を抱くようになっていく。そんな中、新次はついに裕二との戦いに臨むことになり……。「二重生活」の岸善幸監督がメガホンをとる。

2017年製作/157分/R15+/日本
配給:スターサンズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ

映画レビュー

4.5邦画らしい情緒的なボクシングシーンを模索する心意気

2017年10月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

吃音の建二役に韓国人俳優ヤン・イクチュンを起用したのは妙手だ。日本語の台詞を流暢に話す必要がなく、言葉ではなく表情や動作で感情を表現することに成功している(ちなみに、母親が韓国人という設定は映画のオリジナル)。

当然、ボクシングの場面が重要な要素を占めるのだが、はじめのうちはハリウッド映画に比べると体躯の差やカメラワークの差があって迫力不足に感じたが、次第に、リング上での殴り合いに情感を重ねる日本的な拳闘シーンを模索しているのでは、と。菅田将暉が演じる新次と建二それぞれの成長と関係性の変化も的確に描かれ、期待感とともに切なさも誘う。

好みの問題になりそうだが、原作で「女優のような美女」として描かれている芳子役の役者が魅力に乏しくて残念。激しいベッドシーンが多数あるので、キャスティングに制約があったのだろうが、共演陣では木村多江、河井青葉、今野杏南の方が女優然とした華があった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
高森 郁哉

4.5混沌

2021年5月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

難しい

R指定。
ストーリーも含め、男性向け。

ボクシングを含まない暴力シーンとSEXシーンの割合は2対8くらいで、僕にはこのSEXシーンが刺激強めです。興奮しないわけがない。だけど内容は充実していて、毒親・介護・自殺・震災・贖罪など題材は重いです。さまざまな観点から、僕らにフィクションでありながら現代社会の裏を教えてくれます。

僕は原作者の寺山修司氏を少し前に新聞のコラム欄で知りました。元キックボクサーの訃報をひっそりと伝えるもので、ヒーローだったキックボクサーのことを作家の寺山修司がこんなふうに例えたと記されており、だったらこの寺山修司はすげぇ人に違いないと直感しました。

この作品は観ると正直しんどいし、かなり難解だけど、僕らに気付きを与えてくれると思います。

後篇では、さまざまな愛の在り方を知りました。
ぜひ後篇まで観てください。
特に、(U-NEXTでは第5話)黄色いタオルを新次に渡してからの女性の決心に唸ります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
東京下町アートくん。

2.5ちょっと退屈

moonmoonさん
2021年5月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

何度も挫折しそうになった。
メインの演者たちが素晴らしい。
けど、日本映画独特の雰囲気満載であまり好みじゃない。
自殺フェスの件は全く必要ないと思う。
しんじ対ゆうじの戦いがどうなるか気になるから後編も見る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
moonmoon

4.0【ディストピア感溢れる近未来の人心荒廃した東京で、幼少期からの屈託を抱えた二人の青年がボクシングに魅入られ必死に生きる姿を描き出した作品。設定、人間関係の描き方が秀逸である作品でもある。序章。】

NOBUさん
2021年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

ー これだけの作品であるので、内容は割愛。ー

■感想

1.作品時代設定の秀逸さ
 ・1966年刊行の寺山修司の原作を、2021年の東京・新宿に設定を変えた事。
 それにより、現在の日本が抱えている諸問題 ー 介護、自殺の増加、福島原発事故(今作では東都電力となっている)、自衛隊国防費 ー も作中に巧みに取り入れている点。

2.W主人公の正反対とも言える性格設定及び捨てられた親との関係性
 1)新次(菅田将暉):幼き頃、東京オリンピック競技場が建てられる前の団地で、両親と暮らすも自衛官だった父はpdsdにより縊死。母京子(木村多恵)は、幼き新次を孤児院に預け、消える。
  その後、新次は荒々しい性格ながらも、常に何かに屈託した生活を送る。

 2)健二(ヤン・イクチョン):韓国人である母と自衛官の父(モロ諸岡)との間に生を受けるが、母は韓国に戻り、父と暮らすも自衛官時代の4人の部下(含む新次の父)の自殺により、世間から糾弾され酒に溺れる父からの暴力に悩み、家を出る。
  吃音持ちだからか、伏し目がちで自信なさげに鬱鬱とした日々を送る。

3.作品構成の妙
 ・新次と健二の哀しき過去の、現代パートへの挿入のタイミング。
 例えて言えば、新次がぐれていた頃の、同じ孤児院で育った劉輝(小林且弥)に対する裕二(山田裕貴)の裏切りと、現代パートで二人が仲が良さそうにしている姿を新次が驚きの表情で見るシーンや、新次と健二が所属する事になった海洋拳闘クラブのオーナー、宮木社長(高橋和也)の秘書になっていた母京子とのデビュー戦での再会シーン。

 ・新次と同じく、3.11により母を身障者にされながら、母を見捨て東京に出て夜はデリヘル嬢、昼はラーメン屋で働く芳子(木下あかり)と新次との関係性の変遷。

<”どんなに辛い状況でも、時にブレながらも前を向いて生きる新次、健二、芳子を中心にした、人心荒廃した東京を舞台にした、壮大な物語。
 新次、健二がボクシングの面白さに魅入られていくプロセスも効果的に描かれている作品。打が、前編は未だ序章である・・。>

<2018年1月14日 様々な賞の受賞記念としての特別上映で、鑑賞>

<2021年5月 2日 別媒体にて再鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全113件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「あゝ、荒野」シリーズ関連作品

他のユーザーは「あゝ、荒野 前篇」以外にこんな作品をCheck-inしています。