オクジャ okja

オクジャ okja

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「グエムル 漢江の怪物」のポン・ジュノ監督が、ブラッド・ピットの映画製作会社プランBとタッグを組んで手がけたNetflixオリジナル映画。韓国の山間の家で暮らす少女ミジャは、大きな動物オクジャの面倒を見ながら平穏な毎日を送っている。優しい心を持つオクジャは、ミジャにとって親友ともいえる大切な存在だった。ところがある日、多国籍企業ミランド社がオクジャをニューヨークに連れ去ってしまう。自己顕示欲の強いミランド社CEOルーシー・ミランドが、ある壮大な計画のためにオクジャを利用しようとしているのだ。オクジャを救うため、具体的な方策もないままニューヨークへと旅立つミジャだったが……。「ハウスメイド」「その怪物」で知られる子役アン・ソヒョンがミジャ役を演じ、「スノーピアサー」でもポン・ジュノ監督と組んだティルダ・スウィントン、「ブロークバック・マウンテン」のジェイク・ギレンホール、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・ダノら豪華キャストが共演。第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。Netflixで2017年6月28日から配信。

2017年製作/121分/韓国・アメリカ合作
原題:Okja

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第70回 カンヌ国際映画祭(2017年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ポン・ジュノ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)Netflix. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0食卓の起源

jeromisunさん
2019年6月1日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jeromisun

4.0鑑賞後、豚が食べれなくなった。

2019年1月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

楽しい

興奮

教科書通りの冒険活劇を散々繰り広げておいて、急にクライマックスでえげつない人間のエゴをあぶり出し、同じ人間であることが恥ずかしいと思わせながらのエンドロール突入ってこれ反則でしょ。本作でもポン・ジュノ節が炸裂していました。

Netflix限定映画ということで初めてiPhoneの小さな画面での鑑賞でしたが、いい映画は画面のサイズ関係なく面白いし感動できることを痛感しました。

大きい物体が街を破壊する映画が大好きな僕からしたら、ソウルでオクジャが暴走するシーンは感動すら覚えました。びっくりするくらい綺麗なCGで表現されたオクジャに感情移入できない人は多分いないでしょう。

ポン・ジュノ監督の演出力が高いのは勿論ですが、それ以上に人間のエゴや社会風刺を描くのがすごく上手だと思うんですよね。しかし「スノーピアサー」で初のハリウッド進出に挑むということで、彼の才能がハリウッドでは開花しないのではないかと懸念していましたが、しっかりと彼らしさ全開の作品に仕上がっていました。本作も然りです。ハリウッドに怖気付かず彼独特の世界観を貫き通しているのは、本物の映画監督である証だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
syuici_bad

2.0出だしの期待感とは違った

SHさん
2019年1月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

出だしのテンポの良さや、ちょっとしたドキドキ感は徐々に薄れていって、何も解決されない嫌な感じで終わった印象。
キャラも演出も、ちょっと違和感が強すぎて、全く感情移入ができなかった。
韓国の大自然に自然ととけ込んだオクジャは印象的だったけど、展開なんかもちょっと不自然に感じてしまったので、あんまり楽しめなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH

3.0鯨より賢そうだけどアメリカ人食べるの?

2018年10月28日
iPhoneアプリから投稿

オクジャたち、かなり知能が高そうで反捕鯨の人たちの理論だと食べちゃダメな気がした。そもそもあの大きさになるのに10年かかると食糧難の解決にはならないのでは。豚の方が効率いいよね。

オープニングのプレゼンがディズニーランドっぽくて皮肉が効いてていい。そこでかかるのがアイズレーブラザーズ!随所に織り込まれる笑いも好き。田舎の風景がすごくよくて、太古は日本と繋がってたんだなあと感じた。

鶏肉食べてたし、オクジャを救いたいというのは偽善的なのは織り込み済みなんだと思う。結局は資本主義の理論に回収されてしまうわけだし、全体的に皮肉なのでは。

運転手が保険なしだったり、屠場はメキシコ人ばかりだったり、小ネタもピリッと。

ポンジュノは相変わらず庶民の描写がいいなあ。
なぜかナースが日本語で「うるさいわね!」っていうんだけど、クレジットだと中国系の人っぽいしあのセリフわざわざ言わせたのかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hyvaayota26
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る