愛を歌う花

劇場公開日

愛を歌う花
20%
73%
7%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ビューティー・インサイド」のハン・ヒョジュが主演し、1943年の日本統治下の朝鮮を舞台に、時代に翻弄されながらも歌と愛に生涯をささげた妓生(キーセン)たちの生き様を描いたドラマ。美貌と優れた歌唱力から最高の歌姫と称されるソユルと、心に響く天性の歌声を持つヨニ。幼なじみの親友同士である2人は京城唯一の妓生養成学校の同期からも羨望を受ける存在だった。2人の才能と美貌に一目を置く作曲家のユヌが、ヨニの歌声に魅了されていく現実を前に、歌手になることを夢見るソユルのヨニへの嫉妬心が次第に芽生え、3人の運命が少しずつ狂い始めていく。ハン・ヒョジュがソユル役を演じるほか、作曲家ユヌ役を「応答せよ1994」のユ・ヨンソク、ヨニ役を「ハン・ゴンジュ 17歳の涙」のチョン・ウヒがそれぞれ演じる。

2016年製作/120分/韓国
原題:Love, Lies
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2016 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5愛憎の微妙な演技を見てほしい

mistyさん
2021年5月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ハン・ヒョジュによる愛憎が共存する微妙な感情表現が素晴らしかった。狭い世界で共に育った親友だからこそ、その関係の歯車が狂いだすと嫉妬や怒りが歯止めなく相手に向かう。その虚しさや悲しさに気づきながらも後戻りできない苦しさ、その過ちが引き起こすさらなる悲劇に切なくなります。
日本人や日本語で言うと、怪作「お嬢さん」ほどの酷い日本人、聞き取りにくい日本語ではないところはよかった。
いい映画なので、歳をとったハン・ヒョジュの特殊メイクにもう少し力を入れて欲しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
misty

3.5愛と嘘。

2021年4月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

怖い

親友だったふたり。好きな人を廻って人生が変わっていく。ハンヒョジュの嫉妬心や恋人をいつまでも追い続けける健気さが沁々と感じた。

親友のヨニの方が歌が上手いと思っていた。が時代が変わり自分の歌がいいと言われて。涙を流すときのハンヒョジュが何とも印象的。

歌には流行りがある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しろくろぱんだ

4.0よかった。

2019年6月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

正歌の方が美しいと思ってしまった。
感情の流れが自然で登場人物全体に共感できる。
作曲家の対応も嘘はなく、それがさらにせつない。
日本兵もタチが悪いけど偏見はなく悪役として適切な表現がされていた。
愛情は思い込むと厄介なものでしかないとゆう印象。
若いんだから他の男がいずれ出てくるのに…
あの青い傘をもらって苦労していた妓生さんに救われる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
スベスベマンジュウガニ

4.0あまりにエグイが、名作と言わざるを得ない

2017年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

「ただ君だけ」、「ビューティーインサイド」がとてつもなく良かったので、ハンヒョジュ主演の新作ということで鑑賞しました・・・。

ちなみに劇場で見たかったのですが、結局見られなかったのでツタヤで借りたのですが、ツタヤでは「ラブロマンス」のコーナーに置いてありました。

ツタヤの嘘つき。

はっきりいって、ラブロマンスの対局のとてつもなくエグイ愛憎劇です。

冒頭の、花やぐキャッキャウフフな感じからはとても想像つかないほどに急転直下で内容は変わっていき、女の執念、嫉妬の恐ろしさが前面に出てきたときに、男の私は寒気すら覚えました。

ただ、なんとも愛憎劇には終わらない、どうにもならないせつなさもこの映画は孕んでおり、見終わった後の余韻もひとしおです。

こういう場面になったとき、私ならいったいどうするだろうなどと、これを書く今も思い馳せます。

ハンヒョジュのオススメ作品は?といわれれば、それはもう最初に述べた「ただ君だけ」などを全力で推しますが、この作品も極めて良策ではあるので、ぜひ見てほしいなと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
やべっち
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る