マンハント

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
マンハント
マンハント
6%
23%
34%
20%
17%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「レッドクリフ」「男たちの挽歌」シリーズの名匠ジョン・ウーが、「戦場のレクイエム」のチャン・ハンユーと「三度目の殺人」の福山雅治をダブル主演に迎えたサスペンスアクション。日本でオールロケを敢行し、1976年に高倉健主演で映画化された西村寿行の小説「君よ憤怒の河を渉れ」を再映画化した。製薬会社の顧問弁護士をつとめる男ドゥ・チウは、パーティの翌朝、社長秘書・希子の死体の横で目を覚ます。現場の状況証拠はドゥ・チウが犯人だと示しており、罠にはめられたと気付いた彼は逃亡を図る。独自の捜査でドゥ・チウを追う敏腕刑事・矢村は、ドゥ・チウに近づけば近づくほど事件に違和感を抱くように。やがてドゥ・チウを捕らえた矢村はドゥ・チウの無実を確信し、警察に引き渡さずともに事件の真相を追うことを決意する。共演にも「第7鉱区」のハ・ジウォン、「哭声 コクソン」の國村隼、「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の桜庭ななみら日中韓の人気俳優がそろう。

2018年製作/110分/G/中国
原題:追捕 Manhunt
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ミスト
  • マングラー
  • ROOM237
  • この子の七つのお祝いに
  • 世にも怪奇な物語
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • チャイナ・ゲイト
  • ショック集団
  • 裸のキッス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22

(C)2017 Media Asia Film International Ltd. All rights Reserved

映画レビュー

0.5本当にジョン・ウー?

ケイトさん
2020年8月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

寝られる

何か映像美のジョン・ウーのはずがガッカリ。アクションを美しく撮るイメージだったけど、そういうシーンはひとつもなし。日本らしい風景だけは良い映像だったかな。そして、ありきたりな犯罪手口だった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ケイト

3.5SFアクション映画

光陽さん
2020年8月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

興奮

評価は低いようですが、つまらなくはないです。
原作は知らず途中まで本格的なサスペンス映画だと思って観ていたのですが、これはどうやらSFアクション映画ですね。
最初からそういう目線で観ていたらもう少し楽しめたと思うのですが、途中まで気づかずに現実離れしたストーリー展開とツッコどころの多さにちょっと戸惑ってしまいました。
派手なアクションとカメラワークは、さすがジョン・ウー監督ならではでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
光陽

3.0日中合作の福山雅治の日本映画

2020年8月15日
PCから投稿

外国人が描くような日本の美しさだったり、スピード感溢れる銃撃戦でスタートするものの、アクションは思ったよりも本格的な程度で、結局、ストーリーや演出は福山雅治主演の日本映画って感じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
でかチワワ

3.0真面目に見てはいけません(笑) 健さん版もそうなのだが、これはもう...

2020年8月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

真面目に見てはいけません(笑)
健さん版もそうなのだが、これはもう壮大なギャグなのです。

福山が中国の竹中直人を追う話。後で竹中ちゃん本人も出てきて笑わせます。
・美女殺し屋、恋はするわ、誤射はするわ、失格。乱射しすぎ、命中率悪過ぎ。
・怪しい日本語。吹替丸わかりも多数。
・警察、無能過ぎ。
・桜庭ななみがひたすら可愛いが役としてはほぼ意味なし(笑)
・強く暴力的になる薬って…今時できるか!人体実験

これらはほんの序の口、襲いくるツッコミどころの嵐。大勢でワイワイツッコミながら楽しむのが正しい見かたです。
健さん版への確かなリスペクトを感じました。ジョン・ウー監督恐るべしなのです。BSテレ東版鑑賞。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ
すべての映画レビューを見る(全150件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る