マンハントのレビュー・感想・評価

メニュー

マンハント

劇場公開日 2018年2月9日
115件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

なんのこれしき。

オリジナルを観た人からすれば、なんのこれしき(爆)どこが
おかしい?と思えるくらいの出来。着ぐるみ熊と新宿の馬を
引き合いに出したらハトに、牧場に、どこが大阪だ、という
ツッコミを余裕でかわせるレベルで、むしろ合っているのは
どこだ?探しができる。憤怒せずに劇場を出られる余裕の為
には多くの期待をしないことだろうか。ウーの娘が大奮闘!!

ハチコ
ハチコさん / 2018年6月15日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

福山雅治のファンなので…

ストーリーは確かにう~ん、って感じです。矛盾だらけで勢いだけで突き進んでいる感じが否めません。
しかしそれを補って余りある、というか途中で感じさせなくなるアクションのつるべ打ち! 流石名匠・ジョン・ウー監督なだけあって、お馴染みの回転撃ちやソードアクションはもちろん、手錠で繋がれた主人公ふたりのコンビネーションがとても華麗で楽しめました。
“華麗”と言えば、殺し屋役のハ・ジウォンが忘れがたいです。美人だし動けるとあれば文句の付け所がありません。
大阪が舞台なので、行ったことのある場所がたくさん出てきて、とても身近に感じ嬉しくなりました。
ましゃ(福山雅治)ファンなので言わして下さい(笑)
「るろうに剣心 伝説の最期編」で動けることが分かっていたので、不安はありませんでした。
初めての刑事役、しかもやさぐれ系。「SCOOP!」程ではありませんが、不良成分たっぷりの中に隠しきれない正義感と、真実を追い求める情熱が迸っています。
ファン補正が入っているのかもしれませんが、めちゃくちゃカッコ良かったと思います!

syu-32
syu-32さん / 2018年4月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

逆輸入的な感じで

変な日本語が多くて、気になってしまった。

ごっとん
ごっとんさん / 2018年4月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

酷い、酷すぎる。。。

中国では、細かい設定や前後の矛盾を気にしない映画良くあるが、これは典型的なタイプです。脚本も設定も、様々な矛盾やセリフなど全てが破綻しています。ジョン・ウー監督作なので最後まで観ましたが、鑑賞に耐えないものでした。
西村寿行原作ということですが、高倉健さんの映画にもなったぐらいなので小説の方は素晴らしいのだと思います。
殺し屋、殺人の目的、新薬製造などサスペンスのキーワードは揃っていますが、繋がりが無茶苦茶なので最後まで観られる人はとても我慢強い方だと思います。。。

Konman
Konmanさん / 2018年4月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

愛があるかを試される

ジョン・ウー監督への愛が試される作品でした。
回転うちとかめっちゃテンション上がりましたが、ところどころ入る日本人?日本?の微妙な描写はジョン・ウーが日本大好きで、そうだよね、わかるわかる、許すよ。とならないと許容できない。それでもそこ含めて楽しめる人がこの映画を見た中の勝者。

ぱっつぁん
ぱっつぁんさん / 2018年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

後半は見応えあり

前半は話に付いていけずzzz…しかし後半は一転して見応えがあり、アクションシーンを中心にいつのまにか引き込まれていた。全ては福山に尽きる。
2018-63

隣組
隣組さん / 2018年3月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どしたっ!! ジョン・ウー?!

『ミッションインポッシブル2』の監督だよね?
めっちゃ期待したから、めっちゃつまらん。

最初から最後まで雑。

設定も、アクションのつなぎも。
スタントも丸見え。

最後のアジト、ショッカーの基地かよ!感(笑)

しかし、日本を舞台に、日本で撮影してくれたことには感謝してる。

CinemaExpress
CinemaExpressさん / 2018年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

つまらなかった

なぜつまらなかったのかというと、意外性のないこと。映画のリアリティーのなさ。ありきたりのカメラワーク、ありきたりのカーアクションだったからかなあ。
最後まで見られたので1.5はあるのかな。

SUZUKI TOMONORI
SUZUKI TOMONORIさん / 2018年3月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アクションと福山雅治は格好良い

アクションシーンは格好良いシーンが多く迫力もありますし、福山雅治の演技が良いです。「やっぱこの人かっけーわ」って思わせられます。
...ぐらいですかね、良いところは

全体的に主人公やヒロインの台詞が臭くて、尚且つアフレコ感が満載です。口の動きと合ってない時がここまで明確に解っていいのかと思いました。

殺人の動機も「それだけで?」という印象で、女暗殺者達の目的もよくわからなかったです。
多分半年くらいたったら忘れてしまうような映画でした。

サウスポー
サウスポーさん / 2018年3月10日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

鳩と二丁拳銃

それだけで信者は満足。

おぎゃん
おぎゃんさん / 2018年3月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

good

色々言いたいこともあるけどまず全体的に満足できた作品だった。

nicky
nickyさん / 2018年3月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

途中で退出。脚本、演出、演技全てが低水準。

冒頭のシーンからバブル期のような脚本と映像演出の古さが滲み出ていた。敵対する登場人物の女性2人はキャラに一貫性がなく、感情移入が難しい。また、日中合作だからなのかも知れないが、日本の映画に親しんでいる人には効果演出において違和感を覚える点が多い。良かった点を挙げるならば、ジョン・ウー監督お得意の銃撃戦のシーンは迫力があった。そして一応W主演である福山が格好よかった事くらいである。だが、宣伝ではW主演をでかでかと誇張していたものの、福山は助演程度の役回りであった点は残念であった。

ハネウマ
ハネウマさん / 2018年3月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

馬鹿息子を持つ親も悪者です。

殺人鬼を造る新薬処方を防止した大阪府警捜査一課の皆さんと香港弁護士に感謝。(悪徳刑事と悪者達は成敗される)

けん
けんさん / 2018年3月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スケール

地元の大阪がクローズアップされてて懐かしい気持ちになった。いつもながら監督の銃撃戦には圧倒される。

taka
takaさん / 2018年3月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

構成・編集がグチャグチャ

もとの「君よ憤怒の河を渉れ」も、お話は結構アレなかんじだったので、別にいいんです。今回も変でも。

ただ、脚本が整理されてない感がすごくて、全てが断片的。
テンポがいいのではないんです。なんかとにかく全部いれました!みたいな。

あと、編集が最悪。ダメ。雰囲気でやってる。
しょうもないエフェクトでごまかすのはやめてほしい。
非常にダサい。編集である程度救える内容でも、アレでは火に油を注いでる。

あと主演の二人が、何を考えてるのかわからん。
中国人は無表情。福山はいつもの福山。

健さんと原田芳雄のような、熱い熱い演技があってこそ、もとの作品は成立してたんではないでしょうか。

ムダに登場人物だしすぎ。
殺し屋2人組とか、設定が雑。
福山の部下とかまったく必要ない。

冒頭のパーティーシーンで、いやな予感はしてたんだけど、ここまでとは…笑

buckaroo
buckarooさん / 2018年2月26日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

カメラワークとスタントマンの努力で出来た映画 福山雅治、アクション...

カメラワークとスタントマンの努力で出来た映画 福山雅治、アクションするには、身体のキレがイマイチ
一番の残念は、アフレコがあっていないこと
ハ・ジウォンと桜庭ななみは頑張っていた
予告編は、本編とは無関係な福山雅治のベストショットムービーだった事が、よくわかった

アップル
アップルさん / 2018年2月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

今回はそーきたか

もはや手品ショーの様相を呈している、ウー様の白い鳩。「レッドクリフ」の孔明が他人の場所でちょいちょい増やしていくのも笑えたけれども、今回も中々でした(笑)
とまぁ、それはさておき中々に評価の厳しい本編。「こんなの日本じゃなーい」とか「日本語へーん」とか「アテレコ合ってなーい」とか「ダサーイ」とかとか言われてますが、思いの外そこら辺を内包しつつも楽しんでしまった自分は変なのかなぁ。むしろ、いかにもジョン・ウー的で好ましかったです。途中からレイン視点で観てたから、柔らかい切なさも良かったな。
ウー先生はノスタルジックでありバレエであり白い鳩なのです。

lynx09b
lynx09bさん / 2018年2月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 単純 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

福山雅治頑張ってんだけど! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ジョン・ウー全編日本ロケ敢行のアクション映画と言うので、観ました。

感想・・・・古くさい!

今時、企業が人を殺人マシーンに変える薬とかねえ(苦笑)
しかも殺し屋養成してる企業とかベタ過ぎて。
倉田さんターミネーターやん!
(昔から香港カンフー映画で頑張ってる人)

全編通してチープさが漂う。
内容は、アメリカの「逃亡者」のような話。ジョン・ウー特有のお約束バイク、ガンアクションもあったが、細かなカット割り&手ぶれ撮影で、迫力無し。

後、撮影に高解像度のデジタルカメラ使ってるせいか、綺麗なんですけどチープさに拍車をかける要因に。フィルム撮影の方がリアリティー増したかも?

化粧バッチリの殺し屋に居酒屋で会っただけの男すら殺すの躊躇うプロ意識。
メイクしっかりの俳優陣。半端なカーアクション(日本じゃ無理か)
クスリでモンスター化する副社長(笑)
殺しの動機は、副社長の痴情のもつれによる感情的犯行。取って付けたような製薬会社の陰謀。

逆にアクションいいからサスペンス刑事ものでいけば良かったかと。

高倉健の「君よ憤怒の河を渉れ」をリスペクトしてるとかジョン・ウー言ってるけどねえ?
因みに「君よ憤怒の河を渉れ」は、中国の文化大革命以後に最初に中国で公開された外国映画で社会現象になるほど大ヒットしたらしい。
なので、ジョン・ウー世代には想い入れが強い日本映画なのだそうです。

Mt.ブルー
Mt.ブルーさん / 2018年2月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

監督の主張が不明

監督の主張が不明

Blue corner
Blue cornerさん / 2018年2月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

久しぶりに見たくそ映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

出てる俳優から日中合作映画だと思ってみてしまった。
いやーしかしこんなひどい映画は久しぶりに見た。
別に大阪城から大阪駅にワープしようが、あべのハルカスから中之島にワープしようが構わんのですよ(関西人で大阪によく遊びに行く僕からしたら違和感が半端なかったけど)。
問題は、日本をバカにしてるとしか思えないリアリティのなさですよ。
最初のシーンの高倉健と倍賞美津子ばりの料亭での女将さんと不器用な男のシーンも片言の日本語でまぁ見れたもんじゃない。さらにその女将さんと仲居さんが銃を持ってアクション!?全くもってついていけなかった。
あげくのはてにはラストはアンブレラ社かなってぐらいのハイテクな研究所でのバトル?好きな人は好きかもしれないけど僕には合わなかった。
まぁこれも個人の好みの問題ですよ(料亭以外は)。
一番は、日本の警察が銃を撃ちまくりの人を殺しまくってるところ。そういうアクションは他所の国でやってくれ。少なくとも日本の警察はそんなんじゃない。
また、Wiki で原作の君よ憤怒の河をわたれのあらすじを見たけど、全然ちゃうやん。原作じゃなくてせめて原案にしてくれ。原作の評価が下がる‼
他にも、大阪府警がえらいハイテクやったりとか、日本の田舎みたいな感じで、カンザスかアルプスかみたいな家が出てきたりとか、細かいところで色々日本を間違えていた。これは、日本で公開するべきではなかったように思う。
海外で公開しといてください。

ヨッシー
ヨッシーさん / 2018年2月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

115件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi