疾風ロンド

劇場公開日

  • 予告編を見る
疾風ロンド
疾風ロンド
8%
36%
43%
9%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

阿部寛主演で人気作家・東野圭吾の同名サスペンス小説を映画化。盗まれた生物兵器の捜索にあたる、しがない研究者の栗林を阿部が演じるほか、物語の主な舞台となるスキー場のパトロール隊員役で「関ジャニ∞」の大倉忠義、スノーボード選手役で大島優子が共演。「サラリーマンNEO」「あまちゃん」といったNHK人気番組の演出で知られる吉田照幸監督がメガホンをとった。大学の研究所から違法な生物兵器「K-55」が盗まれ、研究所所長のもとに「人質は全国民。身代金3億円を用意しろ」との脅迫メールが届く。盗まれた生物兵器を秘密裏に探すよう命じられた、しがない研究主任の栗林は、何の手がかりのない中で捜索を始めるが、そこに「犯人死亡」の報せが届く。犯人の遺品から、生物兵器の所在のわずかな糸口をつかんだ栗林は、ヒントとして浮かび上がった「日本最大級のスキー場」へと向かうが……。

2016年製作/109分/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
東野圭吾
脚本
ハセベバクシンオー
吉田照幸
製作
多田憲之
岡田美穂
木下直哉
間宮登良松
村田嘉邦
山本浩
渡邊耕一
岩野裕一
市村友一
細野顕宏
企画
須藤泰司
エグゼクティブプロデューサー
重松圭一
プロデューサー
栗生一馬
沖貴子
アソシエイトプロデューサー
細谷まどか
キャスティングプロデューサー
福岡康裕
音楽プロデューサー
津島玄一
ラインプロデューサー
石川貴博
撮影
佐光朗
照明
加瀬弘行
録音
赤澤靖大
美術
和田洋
装飾
森原毅
編集
岸野由佳子
整音
小林喬
VFXスーパーバイザー
鎌田匡晃
音響効果
北田雅也
音楽
三澤康広
主題歌
B'z
スクリプター
北濱優佳
アシスタントプロデューサー
小川泰明
助監督
高橋正弥
制作担当
曽根晋
製作管理
角田朝雄
雪上ライディング撮影
柳島克己
平林利徳
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 特捜部Q 檻の中の女
  • 特捜部Q キジ殺し
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • アンチクライスト
  • ニンフォマニアック vol.1
  • ニンフォマニアック vol.2
  • ボーグマン
  • 46億年の恋
  • スガラムルディの魔女
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2016「疾風ロンド」製作委員会

映画レビュー

4.0深刻な事件なのに

2020年7月25日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

事件はシリアスで作りようによっては緊迫した作品にできるはずなのに、あえて軽くコメディー仕立てにしている。なるほど、こういう作りだと、落としどころに興味がわくので、途中のシーンも楽しくなる。登場人物もきちんと整理されていてコンパクトにまとめていて良かった。同じ東野作品の『マスカレード・ホテル』でも枝葉をそぎ落とすと良かったかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
bluetom2000

1.0「アイディアの枯渇」映画。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

強烈な生物兵器の炭疽菌を、野沢温泉スキー場の雪の中に隠した犯人がいて、それを探すお話です。

リアリティーのカケラもありません。

登場人物の扱っている物を、観客に「猛毒だ」と感じさせられる演技をした役者が、ただの一人もいない情けなさ。
「真に迫る」の真逆。
大根演技のオンパレードです。

もしかして、「野沢温泉スキー場のプロモーション映画」を作って欲しいという要請で、営業が契約を取ってきたから、とりあえず一本デッチアゲてみましょうかという作品なのでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

3.0【3つの要素で観やすい映画】

3104arataさん
2020年6月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

・「とある研究所から盗まれスキー場に隠された違法生物兵器「K-55」をマスコミや警察に知らせることなく4日以内に見つけ出すミッションを与えられた研究員が翻弄される物語」。2016年製作の映画。

・主な出演者は、以下。
 - 栗林和幸(くりばやし かずゆき)主人公(研究所の研究員。シングルファザー):阿部寛
 - 栗林秀人(くりばやし しゅうと)主人公の息子(中2):濱田龍臣
 - 根津昇平(ねづ しょうへい)スキー場のパトロール隊員:大倉忠義
 - 瀬利千晶(せり ちあき)スノーボード選手。根津昇平と顔なじみ:大島優子
 - 東郷雅臣(とうごう まさおみ)主人公の研究所所長:柄本明
 - 折口真奈美(おりぐち まなみ)研究所の補助研究員:堀内敬子
 - 折口栄治(おりぐち えいじ)折口真奈美の弟。借金あり:ムロツヨシ

・主なスタッフは以下。
 監督:吉田照幸
 原作:東野圭吾
 脚本:ハセベバクシンオー/吉田照幸
 音楽:三澤康弘

[物語]
・「K-55」を巡って入り乱れる人間関係や筋書きが最後までハラハラさせてくれます。一方、ハラハラさせるための筋書きが一部、わざとらしく感じてしまう部分もあります。これは映像だから、なのかは原作を読んでいないので不明です。

[演出]
・スキーやスノーボードで滑るシーンを滑っている人の視点で魅せるシーンはスクリーンで見るとアトラクション感覚でさぞ爽快だと思います。TVだと普通でした。

[演技]
・安定した役者で固めているのでちょい笑いがしっかりとれてます。
 - 頼りないナイスミドル役がピッタリの阿部さん演技の安定感。物語のボケ役と感動役の両ポジションをこなしてます。
 - 一切、研究所から出ることのない柄本さんですが、ちょい悪でひょうきんな役柄がピッタリ。完全なる物語のボケ役。
 - 変人役が最高にお上手なムロツヨシさん。物語のボケ役と悪役をバランスよく両立してます。
 - 関ジャニ∞としてではなく、役者としての大倉さんのカッコよさ。この人の立ち位置が物語のツッコミ役。

[音楽]
・あまり印象に残らなかったです。

[全体]
・「K-55」はどこにあるの?というサスペンス要素。栗林親子の親子関係の進展(距離感が縮まる)というドラマ要素。各所にちりばめられた役者さんのちょいボケ演技でダレずに観れるお笑い要素。総じて、この3つの要素がバランスよく構成されており、最後まで軽やかに観れる映画でした。

#映画 #コメディ #コメディ映画 #ハラハラ #阿部寛 #大倉忠義 #大島優子 #柄本明 #ムロツヨシ #吉田照幸監督 #ハセベバクシンオー脚本 #スキー #スノーボード #サスペンス

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
3104arata

3.0K-55

2020年6月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2020年6月7日

映画 #疾風ロンド (2016年)鑑賞

医科学研究所が違法に保管していた新型生物兵器が盗まれる。犯人から3億円の要求があり、所長から秘密裏に回収するよう指示された中間管理職は日本最大級の野沢温泉スキー場へと捜索に向かう。
#阿部寛 がいい
#ムロツヨシ もいい
#久保田紗友 かわいい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たくはるあかね
すべての映画レビューを見る(全129件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る