疾風ロンド

劇場公開日

疾風ロンド
8%
35%
44%
9%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

阿部寛主演で人気作家・東野圭吾の同名サスペンス小説を映画化。盗まれた生物兵器の捜索にあたる、しがない研究者の栗林を阿部が演じるほか、物語の主な舞台となるスキー場のパトロール隊員役で「関ジャニ∞」の大倉忠義、スノーボード選手役で大島優子が共演。「サラリーマンNEO」「あまちゃん」といったNHK人気番組の演出で知られる吉田照幸監督がメガホンをとった。大学の研究所から違法な生物兵器「K-55」が盗まれ、研究所所長のもとに「人質は全国民。身代金3億円を用意しろ」との脅迫メールが届く。盗まれた生物兵器を秘密裏に探すよう命じられた、しがない研究主任の栗林は、何の手がかりのない中で捜索を始めるが、そこに「犯人死亡」の報せが届く。犯人の遺品から、生物兵器の所在のわずかな糸口をつかんだ栗林は、ヒントとして浮かび上がった「日本最大級のスキー場」へと向かうが……。

2016年製作/109分/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
東野圭吾
脚本
ハセベバクシンオー
吉田照幸
製作
多田憲之
岡田美穂
木下直哉
間宮登良松
村田嘉邦
山本浩
渡邊耕一
岩野裕一
市村友一
細野顕宏
企画
須藤泰司
エグゼクティブプロデューサー
重松圭一
プロデューサー
栗生一馬
沖貴子
アソシエイトプロデューサー
細谷まどか
キャスティングプロデューサー
福岡康裕
音楽プロデューサー
津島玄一
ラインプロデューサー
石川貴博
撮影
佐光朗
照明
加瀬弘行
録音
赤澤靖大
美術
和田洋
装飾
森原毅
編集
岸野由佳子
整音
小林喬
VFXスーパーバイザー
鎌田匡晃
音響効果
北田雅也
音楽
三澤康広
主題歌
B'z
スクリプター
北濱優佳
アシスタントプロデューサー
小川泰明
助監督
高橋正弥
制作担当
曽根晋
製作管理
角田朝雄
雪上ライディング撮影
柳島克己
平林利徳
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 血ぬられた墓標
  • 知りすぎた少女
  • ブラック・サバス 恐怖!三つの顔
  • 呪いの館
  • 血みどろの入江
  • 新エクソシスト 死肉のダンス
  • GONIN
  • GONIN2
  • カリスマ
  • 霊的ボリシェヴィキ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2016「疾風ロンド」製作委員会

映画レビュー

3.0親子愛

Kokiさん
2021年7月10日
Androidアプリから投稿

娘を亡くした母親が息子に言った一言が印象的だった。
自分に不幸なことがあったからって、人の不幸を願っちゃだめだよ。
その分、ほかの人には幸せになってほしいと思わないと。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Koki

3.0シリアスなのかギャグなのか、なんとも中途半端であった。 ミステリー...

2021年3月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

シリアスなのかギャグなのか、なんとも中途半端であった。
ミステリーとしても成り立ってない。偶然ばかり。親子の話、息子の恋、どのエピソードも軽い軽い。流し見で見るテレビドラマくらい、残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

3.5野沢温泉スキー場を、満喫できる

ぷぅさん
2020年11月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

スキーいいなぁ、したいなぁ。とか
大島優子さん、本当に滑ってるのかなぁ?
だとしたら、スゲー運動神経良さそう。とか。
雪景色、やっぱりいいなぁ。とか
細かい事を抜きにして、見る映画かな?(^_^;)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぷぅ

4.0深刻な事件なのに

2020年7月25日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

事件はシリアスで作りようによっては緊迫した作品にできるはずなのに、あえて軽くコメディー仕立てにしている。なるほど、こういう作りだと、落としどころに興味がわくので、途中のシーンも楽しくなる。登場人物もきちんと整理されていてコンパクトにまとめていて良かった。同じ東野作品の『マスカレード・ホテル』でも枝葉をそぎ落とすと良かったかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
bluetom2000
すべての映画レビューを見る(全132件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る