ジュリエッタ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ジュリエッタ
12%
59%
26%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」などで知られるスペインの名匠ペドロ・アルモドバル監督が、カナダのノーベル賞作家アリス・マンローの小説を原作に、孤独な女性が母親として、娘、そして自分と向き合う姿を描く。スペインのマドリードでひとり暮らすジュリエッタは、偶然再会した知人から「あなたの娘を見かけた」と告げられ、衝撃を受ける。12年前に理由も語らずにジュリエッタの前から突然姿を消したひとり娘のアンティアを抱きしめたいという、母親としての激しい思いに駆られたジュリエッタは、封印していた過去と向き合い、居場所すらわからない娘に宛てて日記を書き始める。スペインのベテラン女優エマ・スアレスが現在のジュリエッタを、テレビドラマ「情熱のシーラ」で注目された新進女優アドリアーナ・ウガルテが過去のジュリエッタをそれぞれ演じる。

2016年製作/99分/PG12/スペイン
原題:Julieta
配給:ブロードメディア・スタジオ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第69回 カンヌ国際映画祭(2016年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ペドロ・アルモドバル
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0普通をのひとを普通に描く新境地

2016年11月8日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

悲しい

スペインきっての変態監督だったのが、いつの間にか女性映画の巨匠扱いされるようになったアルモドバル。確かに文芸路線、キレキレの珍作、その折衷的作品とどっちの側にも足をかけて活動しているが、女性の生き様を描くにしてもどこか飛び道具のような展開や描写をブッ込んでくるのが通例だった。

ところが今回、軽く新興宗教めいた自己啓発セミナーが絡んできたりはするが、あくまでも普通の女性の半生を、突拍子もない要素に頼ることなく描いている。なんなら近所を歩いていてもすれ違っていそうな女性の物語だと思う。

物足りないという人もいる気がしつつ、アルモドバルらしいちょっとねじれた表現はあちこちに散りばめられているし、本人らしさを失わずに新境地にたどり着いた普遍的なメロドラマではなかろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
バッハ。

4.0相変わらずの圧倒される母子愛の物語

Chiharuさん
2019年8月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

人間の微妙な機微がひしひしと伝わる、そんな描き方で心に直接語りかけてくる。
情熱的な想いも、優しく見守る心も、密やかな嫉妬も、執着も。
人間らしさ丸出しでいて細やかな表現、洗練された色づかい。
1つ画面を切り取ったって、その表現の豊かさがわかってしまう。特に背景の色と人物の感情がリンクしてる瞬間などは見事だ。
センスが良い監督作品などを観ていると、あれっ!アルモドバルっぽいって感じる事がある、どれだけの映画監督達が影響されたんだろうと思う。

他と比べる気などさらさらないのだが、結果的に他の作品を忘れるほどに惹きつけられてしまう。
毎回そんなだから、私にとって見逃してはいけない監督なんだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Chiharu

3.0アルモドバル

kossyさん
2019年1月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 中年となっていたジュリエッタ。12年間娘と離れて行方知れず。すぐにでも会いたいと娘アンティアへの想いを綴る。

 アンティアの父親となるショアン(グラオ)と出会ったのは列車の中。その直前に席が一緒になった目つきの悪い男が自殺したことで、罪悪の念と寂しさから2人は結ばれた。ショアンは漁師で既婚者だったが、妻は5年間意識不明のまま。やがて妻が死んだときにジュリエッタを呼んだのだった。娘アンティアが産まれすくすくと育ち、9歳になったときに湖畔へキャンプへと向かったのだが、その間、嵐の中を漁に出たショアンが死んでしまう。ショアンが嵐に出たのはジュリエッタと喧嘩したときだったとアンティアは知り、母との距離をおくようになったのだ。

 どことなく淡々と描かれるジュリエッタの過去。それでも惹きつけられるのはアルモドバルの腕なのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.5母と娘の物語

ma_jpさん
2018年4月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

私はまだ子供がいないので分かりませんが、自分の子供がいたらこんなふうになるんでしょう。好きな作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ma_jp
すべての映画レビューを見る(全26件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る