ルイの9番目の人生

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ルイの9番目の人生
ルイの9番目の人生
11%
52%
31%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

9年で9度死にかけた不思議な少年の物語を描いたベストセラー小説を映画化。「イングリッシュ・ペイシェント」の故アンソニー・ミンゲラ監督が映画化を望んでいた企画で、ミンゲラ監督の死後、息子で俳優のマックス・ミンゲラが、プロデューサー兼脚本家として映画化を実現した。少年ルイ・ドラックスは、大変な難産の末にこの世に生を受けてから、毎年のように必ず事故にあい、そのたびに生死の境をさまよってきた。そして9歳の誕生日に崖から転落したルイは、ついに意識不明の重体になってしまう。担当医のパスカルは必死にルイを救おうとするが、両親やパスカルなど周辺の人々の身に、不可解な出来事が次々と起こり……。少年ルイを演じるのはオーディションで選出されたカナダの子役エイダン・ロングワース。担当医パスカルに「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のジェレミー・ドーナン。監督は「ホーンズ 容疑者と告白の角」のアレクサンドル・アジャ。

2016年製作/108分/G/カナダ・イギリス合作
原題:The 9th Life of Louis Drax
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ROOM237
  • ヘンリー
  • スペイン一家監禁事件
  • カルト
  • オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主
  • バレット・バレエ
  • 映画「怪談新耳袋 殴り込み!」【TBSオンデマンド】
  • 吸血鬼ゴケミドロ
  • ザ・ボーイ ~人形少年の館~
  • 稲川淳二 真相 恐怖の現場~恐怖の検証~ Vol.4 《異界へ誘う、呪縛トンネル / 生霊が嘆く墓》
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2015 Drax (Canada) Productions Inc./ Drax Films UK Limited.

映画レビュー

4.5予備知識ないほうがより楽しめる

2018年1月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

萌える

ファンタジー、ミステリー、ホラー……既存のジャンルに収まらない、意欲的な作品。できることなら、事前に予備知識を仕入れずに映画に臨むほうが、オリジナリティーあふれる物語に驚きと喜びをたっぷりあじわえるはず。

アレクサンドル・アジャ監督といえば、ひところは突き抜けた残虐描写で知られたホラーの作り手。「ハイテンション」「ヒルズ・ハブ・アイズ」「ミラーズ」あたり。「ピラニア3D」はエロと笑いも込みで楽しかったような記憶が。そんなアジャも大人になったのか、こんな味わい深い映画を撮るようになっていたとは。

ルイ役のエイダン・ロングワース、何度も死にかけて人生あきらめかけている感じを絶妙に醸し出している。この子役の魅力も作品の面白さに大いに貢献している。

作中で起きる出来事については、理屈を通した部分と、理屈を超越した部分が混在していて、そのバランス感覚もうまい。すっかり騙されたが悔しくはない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
高森 郁哉

3.5映画ファンの知識と予知力を刺激する1作!

2018年1月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

出生後わずか8年間で生死を彷徨う大事故に8度遭遇し、今、9度目の事故によって今度こそ命が尽きそうな少年、ルイは、実は神から不死身の体を授かった"アンブレイカブルなのか?でも、映画はシャマラン的な展開にはならず、かと言って、少年の前に逃避願望の象徴として現れるモンスターに何らかの意味を託した「怪物はささやく」的なダークファンタジーへもシフトせず、最終的には想定外の1ジャンル映画として見事にランディングしてみせる。しかし、ネタバラシ云々に関わらず、作品を通して明白なのは作り手がかのヒッチコックやデ・パルマ等に代表される甘美なミステリー世界を構築しようとしていること。まして、舞台は名作「めまい」と同じサンフランシスコ(実際のロケ地はバンクーバー周辺)なのだ。そういう意味で、これほど映画ファンの知識と予知力を刺激する作品は珍しいと思う。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
清藤秀人

3.0器用な監督

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

子供が見る幻想からA Monster CallsまたはI Kill Giantsのような話を予測したのですが、徐々にサスペンスへ比重していきます。きれいな子供なので、ふわりとした異界譚を期待していたのかもしれません。
好きな仏産ホラー、ハイテンションの監督であり、一貫してホラー畑の来歴だったので、畑違いを手がけることへの期待がありました。
やはり手堅いと思います。The Hills Have Eyesも印象的なホラーでしたし、ピラニア3Dのような破綻しやすいパニック映画でさえ一定のクオリティを保ったこともあり、演出力は伊達ではないと感じました。
ただし、分別ありそうなパスカル医師が、あっさりと母親に陥落するのは、いささか短絡な描写だったと思います。終局も足早になっていました。
また、子役の瑞々しさは刻々と過ぎていくものです。とくに男の子は数年で大人っぽい骨格を備えてしまいます。おそらく、観衆に共通する心残りは、その刹那に存在するあどけないエイダンロングワースを、昏睡にしないで、もっと見たかった。というものかもしれません。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

3.0難しい

2020年7月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

なんとも言えない作品。
いろんな要素があって、一言では言い表せない不思議なものだった。
ただ、引き込まれそうで引き込まれない感じで終わってしまった。

父子の絆の強さは泣けた。
ペレーズ先生の麺の食べ方のひどさには笑えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジャーニー
すべての映画レビューを見る(全78件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る