リップヴァンウィンクルの花嫁
ホーム > 作品情報 > 映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」
メニュー

リップヴァンウィンクルの花嫁

劇場公開日

解説

岩井俊二監督が、長編実写の日本映画としては「花とアリス」以来12年ぶりに手がけた監督作。「小さいおうち」で第64回ベルリン国際映画祭の銀熊賞を受賞した黒木華を主演に迎え、綾野剛、Coccoらが共演する。SNSで知り合った鉄也と結婚することになった派遣教員の皆川七海は、親族が少ないため「なんでも屋」の安室に結婚式の代理出席を依頼して式を挙げる。しかし、新婚早々に鉄也が浮気し、義母から逆に浮気の罪をかぶせられた七海は家を追い出されてしまう。そんな七海に、安室が月給100万円という好条件の住み込みのメイドの仕事を紹介する。そこで知り合った破天荒なメイド仲間の里中真白と意気投合した七海だったが、真白は体調がすぐれず日に日に痩せていく。そんなある日、真白はウェディングドレスを買いたいと言い出す。

スタッフ

監督
原作
岩井俊二
脚本
岩井俊二
エグゼクティブプロデューサー
杉田成道
プロデューサー
宮川朋之
水野昌
紀伊宗之
撮影
神戸千木
美術
部谷京子
スタイリスト
申谷弘美
メイク
外丸愛
音楽
桑原まこ

キャスト

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 180分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第40回 日本アカデミー賞(2017年)

ノミネート
優秀主演女優賞 黒木華

インタビュー

岩井俊二監督と黒木華が出会った“必然”と“共鳴”
インタビュー

岩井俊二監督が最新作「リップヴァンウィンクルの花嫁」を黒木華主演で撮り上げ、3時間の大作を完成させた。国内での公開に先駆け、既に香港、台湾で封切られ、現地では熱烈な支持を得ている。映画.comでは、完成直後の岩井監督と黒木に話を聞いた...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

終わらないまどろみはない。いつか、世界が変わり自分も変わる瞬間が訪れる
リップヴァンウィンクルの花嫁の映画評論・批評

「リップ・ヴァン・ウィンクル」とは、19世紀に発表されたアメリカの小説であり、その主人公の名前。森の奥に誘われて酒盛りを始めた主人公が眠り込み、目が覚めたら20年たって世界はすっかり変わっていたという物語。この映画では20年は経たない...リップヴァンウィンクルの花嫁の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全138件)
  • 岩井作品では一番好きかも ・黒木華ワンマンショー ・お義母さんに責められてしゃっくりと吐き気を催す七海(黒木華)の演技スゲェ ・ひとり追い詰められいっぱいいっぱいになる七海のいじらしさと弱さと漬け込まれやすさが凝縮した場... ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月14日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 岩井俊二ワールド 昔ほどの鋭さがないという意見もあるが、岩井俊二世代からすると新作が出たというのがとてもうれしかった。 現代ネタを取り入れていてよかったし、読めない展開も。 わかりやすい作品ではないですが。 ...続きを読む

    りー りーさん  2018年5月13日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 贅沢で有意義な3時間 ネタバレ! 美しい映像と岩井俊二監督らしい雰囲気に包まれたとても良い映画だった。俳優たちの演技も素晴らしく、この物語の世界観にすごく引き込まれた。180分の作品だが、それが全く苦ではなかった。「長く感じなか... ...続きを読む

    hasegawa hasegawaさん  2018年3月24日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

怒り バケモノの子 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? 64-ロクヨン-前編
怒り バケモノの子 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? 64-ロクヨン-前編
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「リップヴァンウィンクルの花嫁」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi