劇場公開日 2016年3月26日

  • 予告編を見る

リップヴァンウィンクルの花嫁のレビュー・感想・評価

3.7163
26%
52%
18%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全163件中、1~20件目を表示

3.0岩井俊二ファンが見る映画

2020年8月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2020年8月2日

映画 #リップヴァンウィンクルの花嫁 (2016年)鑑賞

#黒木華 と #COCCO は岩井監督のお気に入りの雰囲気はあるよね。

#綾野剛 の真意・目的がとても気になった映画です。特に意図とかないのかな?
アムロ行きマース!は、笑った!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たくはるあかね

5.0映画はシナリオの出来こそがすべてなのだと再確認しました。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

岩井監督みずから書いた素晴らしいシナリオを、黒木華も綾野剛も見事に演じきっています。

まったく予想外の、想像もできなかったストーリー運びですが、破綻がなく、素晴らしいの一言です。

あ、もう一言。

面白かったです。ほんとに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

3.5岩井俊二映画に昔ハマって、ほぼ見てます。 これも、世界観は昔のまん...

tomoさん
2020年5月10日
iPhoneアプリから投稿

岩井俊二映画に昔ハマって、ほぼ見てます。
これも、世界観は昔のまんまな気がします。

前半戦の黒木華は、流されてハメられて人を頼りまくって、アホで全力でウザい演技力がすごい。

綾野剛の、こういう人いそうっていう胡散臭い男の演技も最高!

Coccoも昔好きだったから、ちょっとだけ歌っていたのも見どころ♩しかも洋次郎がピアノ!

長いけど、全然飽きずに見れました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomo

3.0ちょっと苦手

2020年4月2日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

黒木華のスーツケースを引っ張る姿が象徴かな。爽やかなラストでほっとする。危うくてか細くてハラハラする展開だったから。
でも、こういう長い展開、苦手。特に、ウェディングドレスを着たシーンは長すぎる、と思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bluetom2000

4.0映画が大好きになる映画

2020年3月21日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

たった数行の心に響く詩を読んでいる間に気づいたら3時間経っていたというような感覚。
3時間と長い映画だが、タイムアウトのない濃厚な時間の映画と、一緒に生活をともにする季節を過ごすような連続ドラマ、両方の良さを併せて持っているような作品。
だからドラマ版の方も観たい。

すごくゆったりと流れる絵本のような映像のなかに、優しいながらも現代の歪さに斬り込む岩井俊二監督の巧みな表現力。
黒木華の柔らかさとクセのある綾野剛に、またCoccoの演技もなかなかいい。

クライマックス、Coccoのベッドのシーンでの言葉がすべてを物語る。優しさに押しつぶされないように、恩送りに冷たさを与えたお金…この世は本当は幸せに溢れているはず…永久保存版のメッセージだ。

公式サイトの著名人のコメントもそれぞれ詩的で素敵なので鑑賞後に読んでみるのもおすすめ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画野郎official

3.5迷子

2020年2月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

怖い

幸せ

「ここはどこですか?…私はどこに行けばいいんですか?」

「今後の日本について書きたいという衝動が沸き起こったんです」とこの映画について監督が語る(インタビュー記事から)。

まさしく、現代のある日本の情景。
後半の設定こそ奇抜だが、それぞれが抱える不安と孤独が描かれている。
 SNSでの結婚紹介サービス。
 ネットでつながる教師と生徒。
  ある一定ライン以上は、踏み込まれない安心感。
 何でも屋…お金で買えるサービス。
  知り合いに頼むより、面倒くさくなくて、便利だもの。
  「なんで相談しなかった!」と怒る割には、相談に乗る姿勢を見せない相方。でも、自分では気が付いていない自分勝手な男。…ワンオペママが抱えている苦悩。
 不倫調査。別れさせ屋。実在するサービス。
  喧嘩の仕方を知らない大人。
   そりゃそうだ、子どものころ、大人に管理されて育ち、喧嘩なんてしたことがないもの。だから、雨降って地固まるなんてしらない。喧嘩したことないから仲直りの仕方を知らない。一度、関係が壊れると、究極の選択しかない。
 迷子になっても、頼るのはグーグル。ネットの情報。
  そんな希薄な関係の反面、
 密着親子。絶縁親子。閉じた関係性。

「ここはどこですか?…私はどこに行けばいいんですか?」
  自分が迷子になった時の心細さを思い出した。
  頭が真っ白になったまま歩き続けたら、見知らぬところにいた。
  道一本入っただけのはずなのに、元に戻れない。
  誰もいない。表示もない。
  人生にも道はない。中学・高校・大学・就職。反発しながらも、敷かれたレールを走ってきた。このまま行くはずなのに、人生には、ちょっとしたエアスポットが用意されている。思わぬ躓き。思わぬ方向転換。
  頼るのは自分?ネット?見知らぬ他人?招待知れぬ親切な人?頼れる知人がどれほどいるのだろうか?
  孤独と不安に耐え、自分で解決できるのは、自立した大人としては素晴らしいけれど…。

そんな中で出会った真白。…。
初めて、”自分”を必要としてくれる存在…。それぞれの思惑…。
そして…。

初見はネタバレしないで見ていただきたいけれど、
結末を知って再見すると、微妙なセリフ・表情他に、涙が出そうになる。

シーンは、どっきりカメラや、胡散臭いやらせの中に、七海が、設定も知らされずにオンエアされているような、ドキュメンタリーっぽく、展開する。
「ありえねー!」と叫びたく様なシーンの連続。
なのに、ふざけたバラエティのように見る気をなくすんではなく、なぜか見入ってしまう、魔訶不思議さ。
 (ただ、監督や出演者のファンじゃないと、飽きるシーンもある)

実態があるようで、ないようで、あるようで。
そんな中で、われらは生きていると思い出させてくれる。
だから、手ごたえが欲しくなって、「やりがい」とか「自分探し」とか「ありのままで」「自分らしさ」とかが流行るのかな。
生きている実感をつかみたくなって。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
とみいじょん

5.0不思議な名作です

2019年11月26日
PCから投稿

たぶん、黒木華が最高の演技をしている作品だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アサシンⅡ

3.0黒木華さんのための映画

21世紀さん
2019年8月19日
スマートフォンから投稿

黒木華さんの雰囲気が素敵でした。Coccoさんをよく知らない世代なので初めて拝見しましたが、メンヘラ感がよく言えばリアル、悪く言えば少し引きました。

綾野剛は胡散臭い感じが滲み出てて良かったです。

この映画をみて七海(黒木華さん)は本当に流されやすいな〜馬鹿だな〜と思ってしまったのですが、人生自力でできることより他人の力や予期せぬ出来事が自分の人生に干渉して進んでいくのが普通なんだから、ある意味自分がその立場になれば同じようなことになるかもしれないなと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
21世紀

4.0そっと優しい歌声に涙した

Chiharuさん
2019年8月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

彼女の口からこぼれ落ちる言葉には機微が溢れて、自分の事みたいにスルスルと涙が落ちてしまった。

流れに乗れない日々、そもそも流れに乗った事などない。そんな淡々とした生活に、儚い希望を持って過ごしていた頃に引き戻されてしまった心。
目の前に迫る雑多なビルがひしめく路地裏、彼女がビジネスホテルの窓を開けたあの瞬間、同じ気持ちに陥ってしまう。

とんでもない運命に、なんの疑いもなく流されて行く彼女の物語。
見ていたくなる気持ちが増してしまうのは、悲しみを誤魔化し受け止めず生きている私達に、気がつかせてくれてるのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Chiharu

3.5好きー

トタ助さん
2019年8月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

幸せ

萌える

クールでミステリアスな綾野剛と、おっとりで世間知らずな黒木華の役が良くはまってて、とっても良い。最後に見せる二人の違った面が、また面白い。でも、ちょっと3時間は長すぎるかなー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トタ助

4.0全ては仕組まれている

2019年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

名前が気になって仕方がない。リップ・ヴァン・ウィンクル、クラムボン、カムパネルラ、安室、ランバラル。宮沢賢治も機動戦士ガンダムもさらっと通り過ぎている人間には、よくわからない。それでも、何かしら意味があるのだろう。
私がこの映画に入り込んだ瞬間は、真白がカラオケで「人は失くしたものを胸に美しく刻めるから」と歌う時。
そこからは、夢のように時間が過ぎていきました。映画の至福の時です。
黒木華が黒木華を演じ、綾野剛が綾野剛を演じている。私のイメージのそのまま。だから自然に見える。
騙され続けているようなストーリーなのに、この心地よさは何なのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
simplelife0530

3.5残酷で美しい

Kさん
2019年6月8日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
K

3.0.

2019年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
瀬雨伊府 琴

3.0ありきたりの日常から取り残されたのは

2019年4月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
としぱぱ

3.5搾取

ミカさん
2019年4月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

七海も真白も搾取されるがままに生きていて、安室は搾取する側に生きている。七海は搾取に気がつかないし、気がついた真白は心が病んでいる。そして安室には悪気がない。何が不気味かって、全てがナチュラルに金だけで繋がっているところ。搾取される人、搾取する人、病む人。今の社会の構図を優しくふんわり見せているところが、エグかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ミカ

3.5人生って以外の楽しいのかもしれない

2019年4月16日
PCから投稿

長いけどダレないで見れる。

もう1回見たら印象がガラッと変わりそうな映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
宮西瀬名

2.0綾野剛がすごい、、、

2019年4月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

あんなバカな女、いるんだね〜(笑)
つか、あの宣伝で多用してた被り物
(ネコ型の白い紙袋のようなもの)
あれ何?

長かったなぁ〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako

3.5黒木華さんの存在感

光陽さん
2019年4月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

難しい

黒木華さんの存在感がすごい。
黒木華さんの秀逸な演技力を観るだけでも価値あり。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
光陽

4.0ある意味、理想のヒロイン

Kさん
2019年3月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

物語としては美しい、でも、、と煮え切らない気持ちになっていたが、この疑うことを知らないヒロインは、ある意味、理想のヒロインなのだと思うことにした。本当はスワロウテイルのように成長の証しを見たかったのだけど、ふわふわしているのもある意味、強さなのか。期待を込めて。
映画の構成としては、前半と後半の断絶感が気になる。前半の謎が最後に解けて丸く収まることを期待してしまうが、それがない。でも、夫も義母も森の入り口の脇役でしかないと思えば、納得できなくもない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
K

5.0色々考えさせられましたが、答えはまだ出ていません

2019年1月21日
PCから投稿

黒木華が、別れさせられたの、結末へのレールであるのか、それは意味のない問いなのかもしれない。
AV女優が尊い仕事だと私は思うが、偏見に抗い、苦しみに共感する事も、視点が違うのかもしれない。
死期迫る女が愛する女を友達にするのは分かる。
共に死んで欲しいと懇願するのも自然。
しかし、この映画は、自分の死だけで、人を巻き込まない結末を迎える事で、尊く、爽やか印象が残る。
題名にあたる本は、酒の翌日に人生が変わる筋書きらしい。
映画の展開も転換期には酒がある。
優柔不断な黒木華が、酒で踏み外したと見るか、本音が出たと見るか。
一度しか無い人生、本当の生き方を見つけたと思いたい。

綾野剛は胡散臭く、騙すのが仕事だが、また、役者だと言い、全てが演技だとも見えるのだが。
だまさんだために騙しているのでは無く、仕事に誠実な男にも見える。
最期の骨壺を前にしての、酒盛り、裸踊りに、貰い泣きした事を、
何故か、忘れる事がないのだと、意味もなく思う自分に驚愕した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン
「リップヴァンウィンクルの花嫁」の作品トップへ