ジャングル・ブック

劇場公開日

ジャングル・ブック

解説

ルドヤード・キプリングの同名小説を原作とする名作ディズニーアニメーションを、「アイアンマン」シリーズのジョン・ファブロー監督が実写映画化。ジャングル奥地に取り残された人間の赤ん坊モーグリは、黒豹のバギーラに助けられる。母オオカミのラクシャのもとに預けられたモーグリは、ラクシャから惜しみない愛情を受け、幸せな毎日を過ごしていた。そんなある日、人間に対して激しい復讐心を抱くトラのシア・カーンがジャングルに戻ってくる。ハリウッド屈指の映像制作チームが最先端の映像技術を駆使し、主人公モーグリ以外の動物や背景など全てをリアルなCGで表現。モーグリ役にはオーディションで2000人の中から選ばれた12歳の新人ニール・セディを起用し、ベン・キングズレー、ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン、クリストファー・ウォーケンら豪華キャストが個性豊かな動物たちの声を演じる。

2016年製作/106分/G/アメリカ
原題:The Jungle Book
配給:ディズニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

受賞

視覚効果賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0世界興収歴代7位「ライオン・キング」の原点的な作品! 最後の技術革新の「手作り感」が一番良い?

2020年6月7日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

本作は歌舞伎座で史上初の洋画のプレミアイベントを行なうなど、実はかなり宣伝に力が入っていました。確かに日本語吹替版の声優陣も松本幸四郎、西田敏行、宮沢りえ、伊勢谷友介など、かなり豪華でしたね。日本では興行収入22億1000万円となりました。これは決して悪い数字ではないのですが、もう少し話題になっても良かったのかな、と思います。
本作の見どころは何と言っても「主人公の少年以外は全てCG!」という「え、本当に?」と思うような映像の技術革新の進化の凄さにあります。
まさに、ジョン・ファブロー監督は、この「ジャングル・ブック」の経験を発展させて“オールCG”で制作して世界的にメガヒットとなり(現時点で)世界興行収入歴代7位となっている「ライオン・キング」を生み出したのですから、この作品は「ライオン・キングの原点」的な意味でも大きいわけです。
唯一の実写の少年が「初の演技」だったのにも驚きですが、これもジョン・ファブロー監督がトラの代わりを自身が演じてみたりしていたりと、制作チームの優秀さがにじみ出しています。
物語も無駄がなく伏線はキチンと回収されていますし世代を超えて楽しめる作品となっていて、映像も含めて出来は良いと思います。
個人的に好きなシーンは、小象とのシーンと、エンディングの際のタイトルの“ジャングル・ブック”を「立体的な本」の形で遊び心で見せている「手作り感のあるCG」の映像表現です。
CGの技術革新は、想像の域を遥かに超えていますが、そんなCGを使って「手作り感」を出した方が「凄さ」を感じるのは何だかおかしな話ですが、これが日本人の感性なのかもしれないですね。

今回の「ジャングル・ブック」の地上波初放送のタイミングといい、昨年の日本の「興行収入歴代1位」に大きく貢献した「アラジン」「トイ・ストーリー4」「ライオン・キング」「アナと雪の女王2」「アベンジャーズ エンドゲーム」「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」といった超強力ラインナップは、まさに6月11日から日本で開始される「Disney+」という配信サービスに向けて、でもあるので、さすがの戦略です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
細野真宏

3.0進化するCGに映画の良さは失われつつある

2022年8月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

素晴らしいCG技術だ。映画の撮影法、技術等は日々進化しており、より見る者を惹き付けてくれる。
だが、それを評価の対象とするのは如何なものかと思ってしまう。

昔の映画は、そんな技術もなく、脚本と役者の演技で勝負してきた。本作については人以外がすべてCG。果たしてそれを映画と呼べるのか。アニメであっていいのではないか。いささか疑問である。

また、本編ではストーリーの一貫性に欠けており、中盤より主軸がぶれてしまっていた。(本作ではバギーラは正義、シア・カーンは悪という構成であることが前提である。)

バギーラは人間の文明が、大自然の生態系を破壊することを恐れていた。天敵に襲われないよう崖の上に造った蜂の巣を道具を使って、全て採ってしまうモーグリの行動をバギーラは警戒した。シア・カーンについても考えは同義である。人間を自然界で野放しにすると、ジャングルの生態系を乱してしまうと考えていた。

にもかかわらず、バギーラは窮地に陥ったモーグリに対して、道具を使うこと(本編では人間のやり方と言っている。)を容認する。シア・カーンは悪とされ、人間の文明である「赤い花」によって、木々は燃やされ、シア・カーンも殺されてしまうのである。

正義と悪を二分割する米映画ではお決まりではあるが、これが童話では子供達は偏った考えを持ってしまうのではないだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ロロノアゾロ

3.0動物が全てCGということで、映像が綺麗でリアルですごい。表情もとて...

2022年6月20日
PCから投稿

動物が全てCGということで、映像が綺麗でリアルですごい。表情もとても豊かでした。
無邪気な少年がジャングルを想い、懸命に頑張る姿が良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

3.0逆の意味で「どうやって撮ったのだろう」と

2022年5月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

直前に「ターザン・リボーン」を見ていたので、やや気後れしたのだけど、そんな心配など無用なほどに、映像でも、内容でも、圧倒的に、「ジャングルブック」に軍配が上がる。

とにかく素晴らしいのは、主人公の少年がとても自然に動物たちと暮らし、会話し、戦い、成長していくこと。
それが、ほぼすべてVFXによるものだというのだから、驚異的というほか無い。今まで、この手のテクノロジーによって撮影された映像には、心のどこかで、「どうせ作り物なんでしょ?」などというあざけりがあったのだけど、ここまでのレベルになると、いったいどうやって撮ったのだろう?と不思議に思えてしょうがなかった。そのくらい男の子の演技は素晴らしかった。

そして、お約束のディズニーらしく、動物たちが歌い踊るシークエンスが何度か訪れるが、これが自然でよく作りこまれている。

日本語吹き替え版で見たのだけれども、歌唱担当は西田敏行さんと、石原慎一さん。実力は折り紙つきのミュージカル俳優だった。完全に実力ありきでキャスティングされているのだ。
やや、残念だったのは劇中、挿入歌としても、エンディングとしても、Little Gree Monsterの楽曲が使われなかったこと。

これまでのディズニー作品の(ピクサー、マーベル含む)日本語吹き替え版の暴挙に近い、セールス目当てのタイアップに比べ、今回は楽曲の完成度が段違いに良かっただけに、「肝心のときに何だよ!」と思わずにはいられなかった。

2016.8.13

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ
すべての映画レビューを見る(全233件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ジャングル・ブック」以外にこんな作品をCheck-inしています。