スティーブ・ジョブズ

劇場公開日

スティーブ・ジョブズ
9%
48%
34%
8%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「スラムドッグ$ミリオネア」のオスカー監督ダニー・ボイルが、アップル社の共同設立者スティーブ・ジョブズの生き様を描いた伝記ドラマ。ジョブズ本人や家族、関係者へのインタビューを中心に執筆された伝記作家ウォルター・アイザックソンによるベストセラー「スティーブ・ジョブズ」をもとに、「ソーシャル・ネットワーク」でアカデミー脚色賞を受賞したアーロン・ソーキンが脚本を担当。1984年のMacintosh、88年のNeXT Cube、98年のiMacというジョブズの人生の中で最も波乱に満ちていた時期に行なわれた3つの新作発表会にスポットを当て、人々を魅了した伝説のプレゼンテーションの舞台裏を通し、信念を貫き通そうとする姿や、卓越したビジネスセンスを浮かび上がらせていく。さらに娘リサとの確執と和解といったエピソードも盛り込み、ジョブズの素顔を浮き彫りにする。「それでも夜は明ける」のマイケル・ファスベンダーがジョブズを熱演し、共演にも「タイタニック」のケイト・ウィンスレット、「グリーン・ホーネット」のセス・ローゲンら豪華キャストが集結。

2015年製作/122分/G/アメリカ
原題:Steve Jobs
配給:東宝東和

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

受賞

最優秀助演女優賞 ケイト・ウィンスレット
最優秀脚本賞 アーロン・ソーキン

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) マイケル・ファスベンダー
最優秀作曲賞 ダニエル・ペンバートン
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)Universal Pictures

映画レビュー

3.5天才に共感できる。

葵須さん
2021年10月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

非道徳的な言動が目立つ人となりに問題がある天才というキャラクタはその欠点により人間関係でトラブルを抱える。その時々の葛藤を見事に描いており、見ていて自己投影はできないにしろ一緒にハラハラドキドキできた。人はラベリングして敵味方を分けて考えるほうが楽であるが、皆人間であるのに変わりはない。タイトルが「アップルを作った天才」とか言ったレッテル的なものではなく個人名であるのもこの作品が一個性を持った人間を写したものである証拠だろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
葵須

5.0世界を変えられる男とは、創造力がある男

2021年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ストーリは、ありません。
スティーブ・ジョブズが言葉で人を動かす様子を描いています。
スティーブ・ジョブズのセリフに注目すると良いです。

創造性に優れた男は、多くの創造性のない人々を見下し、「バカ」と平気で罵倒し、金も時間も分かち合おうとはしません。
スティーブ・ジョブズは、創造性はないが大学時代からの友人でアップルコンピュータの設立従業員のダニエル・コトキにアップルコンピュータの発起人者株を与えず、浪費家のクリス=アン・ブレナンを嫌い、何もできない娘のリサを嫌い、過去のAppleⅡにこだわるスティーブ・ウォズニアックを評価せず、過去のAppleⅡでお金儲けをするジョン・スカリーを憎悪します。
スティーブ・ジョブズは、新しい製品、サービス、何よりも新しいユーザー体験を創造することに集中するために、新しい製品やサービスを創造しようともしない周囲の人々とことごとく対立します。
日本人的な「お花畑的な」発想で、スティーブ・ジョブズが創造力のない人々達に配慮するべきだと考えるのは間違いです。
何かを得るには、何かを捨てなければなりません。
全てを得ることなどできないのです。
スティーブ・ジョブズは、創造力を得るために、創造力をない人を捨てたということです。
創造力のかけらもない日本人には、全く理解することはできないでしょう。
スティーブ・ジョブズの創造力は、「非常用出口のサイン」を消灯させるということでも発揮されます。
リサは、Macintoshで抽象画を描き、エッセイを書くという創造力を発揮することでスティーブ・ジョブズと和解します。
スティーブ・ジョブズは、創造力だけで、AppleⅠ、AppleⅡ、Lisa、Macintosh、NeXTcube、NeXTワークステーション、NEXTSTEP、アニメ、iMac、iTunes、iPod、iPhone、iPadを世に送り出し、新しいユーザー体験を提供してきました。

今、世界を席巻している「GAFA」の一つがアップルコンピュータです。
iPodやiPhoneを利用し、創造力を発揮せず、時間を浪費し、創造力のかけらもない日本人が、この映画を鑑賞し、創造力のあるスティーブ・ジョブズのような人々を理解できずに、置いてきぼりにされることで、現状を再確認するためには良い映画です。

スティーブ・ジョブズがMacintoshを発表する前のシーンから始まります。
その後は、スティーブ・ジョブズがiPodについて創造力を膨らませるところまで描かれます。
Macintoshを発表するまでのこと、NeXTcubeを発表するまでのこと、iMacを発表するまでのことを知っていないと、この映画は理解できません。
若い人、コンピュータに詳しくない人、コンピュータに興味がない人には退屈な映画です。
iPhoneなら興味があっても、iPhoneが登場する前で、この映画は終わってしまうので、iPhoneについて期待すると期待外れになります。
スティーブ・ジョブズについて知っている人、知りたい人、コンピュータに詳しい人、自己啓発を得たい人には楽しい映画です。
スティーブ・ジョブズの言葉には、人を高揚させ、人を動かす何かが確かにあります。

スティーブ・ジョブズについて知らない人は、この映画を観てもわからないです。
この映画を観て、スティーブ・ジョブズについて知りたくなった人には、ウォルター・アイザックソン著/井口耕二訳「スティーブ・ジョブスⅠ」と「スティーブ・ジョブスⅡ」講談社を読むと理解できるようになります。
読んでも理解できない部分は、調べる必要があります。
スティーブ・ジョブズのような日本人はいないので、日本人がスティーブ・ジョブズを理解するのは困難です。

スティーブ・ジョブズは、Macintoshを学生、大学や研究所に割引価格で大量に販売するだけでなく、大量に寄付をしています。
スティーブ・ジョブズは、多くの人がMacintoshを使い、創造力を発揮すれば、社会が変わると信じていたからです。
30年以上経過している日本では、今でも学校に教育用PCが採用されていないのが現状です。

世界を変えられない男とは、周囲に反応し、作業をするだけの男です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ノリック007

4.0アイデアは、掛け合わせ。

DEPO LABOさん
2020年6月2日
iPhoneアプリから投稿

・実際の人物にあえて似せないという選択肢
(ジョブズという役を俳優が演じますという演劇風味)
・この点はほかのジョブズ作品と大きく差別化できている
・スティーブ・ジョブズの内面と親娘関係にフォーカスした映画
・これまでのスティーブのプロダクトは、リサからの逃避や、リサのためというのが原動力なのではないかと匂わせている
・テンポ早すぎて登場人物がどういう人なのかわかんないとついていけないぞこれは
・ソーシャルネットワーク風味
・スティーブはゼロから1を作るのではなく、既存のものを掛け合わせて今までになかったものを考え出す達人だった
・それをパッケージの美しさでブランド化することにも注力した

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
DEPO LABO

3.0アップルについての知識が必要

tomotomoさん
2020年5月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

スティーブ・ジョブズの半生記だと思っていたが、新作発表会メインだった。アップルの事前知識ゼロでは理解ができない点が多々あり、不完全燃焼。
ただ、テンポよく進むストーリー展開で、退屈することはなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomotomo
すべての映画レビューを見る(全106件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る