葛城事件

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
葛城事件
葛城事件
16%
58%
21%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「その夜の侍」の赤堀雅秋監督が同名舞台を映画化し、無差別殺人事件を起こした加害者青年とその家族、加害者と獄中結婚した女性が繰り広げる壮絶な人間模様を描いたドラマ。親が始めた金物屋を継いだ葛城清は、美しい妻・伸子と共に2人の息子を育て、念願のマイホームも建てて理想の家庭を築き上げたはずだった。しかし、清の強い思いは知らず知らずのうちに家族を抑圧し、支配するようになっていた。長男の保は従順だが対人関係に悩み、会社をリストラされたことも言い出せない。そして、アルバイトが長続きしないことを清に責められ、理不尽な思いを募らせてきた次男の稔は、ある日突然、8人を殺傷する無差別殺人事件を起こす。死刑判決を受けた稔は、死刑制度反対を訴える女・星野が稔と獄中結婚することになるが……。三浦友和が抑圧的な父・清役で主演を務めるほか、母・伸子役に南果歩、兄・保役に舞台版で稔役を演じた新井浩文、稔役に大衆演劇出身の若葉竜也ら実力派キャストが集結。

2016年製作/120分/PG12/日本
配給:ファントム・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原案
赤堀雅秋
脚本
赤堀雅秋
エグゼクティブプロデューサー
小西啓介
プロデューサー
藤村恵子
アソシエイトプロデューサー
西田圭吾
ラインプロデューサー
金森保
撮影
月永雄太
照明
藤井勇
録音
菊池信之
美術
林千奈
装飾
湊博之
衣装
高橋さやか
ヘアメイク
浅野有紀
編集
堀善介
音楽
窪田ミナ
助監督
茂木克仁
制作担当
和氣俊之
全てのスタッフ・キャストを見る

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2016「葛城事件」製作委員会

映画レビュー

2.0尤もらしいが散漫。

2021年2月11日
iPhoneアプリから投稿

意欲作風の凡作。
バラバラと詰め込まれる不幸要素、役者巧演、気のきいた説明台詞で点描されるキャラは立たず、物語はブツ切りのまま、可哀想で巧いね、だから何?で終わる。
撮る動機の希薄さゆえか。
尤もらしいが散漫。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

4.0面白いけど、二度と見たくない

2021年2月8日
スマートフォンから投稿

笑える

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
北摂の影

3.5家族という呪いに翻弄された人生

たろうさん
2021年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

アマゾンプライムにて鑑賞。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろう

2.5登場人物の心の声はよく聞こえてくるが、共感は一切出来なかった。

Theo5さん
2020年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 現代の日本の家庭の鏡のような映画ではなく、ごくごく一部を抜き出した映画。
内容を集約すれば、人の気持ちを一切理解しようとせずに、絶対的に自分がただただ正しいという固定観念に囚われた一人の父親の悲しい生き様と末路が痛々しく描かれている。

映画中に漂う終始、不穏な嫌な感じが毒々しくて、決して楽しい気持ちにはならない。

基本的に狂人ばかりが出て来て、ほとんど考えが理解出来ない登場人物ばかりなのだが、役者の表情や演出から、おそらくこんな事を口には出さないけど考えているのだろうなという、心の声が聞こえてくる感じがこの映画の独特の魅力ではあると思う。

しかし心の声が聞けたとて、やっぱり理解は出来ないし、共感も全く無い。

ただただ自業自得であり、それが不幸につながる様を見ているのはとても苦しく、更に被害者遺族が一切出てこないのは説明不足というよりは救いのように感じられた。

一体この映画から何を得ればいいのかという事を考えると解らない。
狂人を理解せよという事なのだろうか。
おかしな人っていうのは全部が全部おかしい訳じゃなくて、どこか一部が本当に凄くおかしいんだっていうのをどこかで聞いたなという事をこの映画を観ていて再認識した程度だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Theo5
すべての映画レビューを見る(全106件)

他のユーザーは「葛城事件」以外にこんな作品をCheck-inしています。