葛城事件 インタビュー: 三浦友和、新井浩文、若葉竜也──「葛城一家」が明かす“最悪な一家”の描き方

ホーム > 作品情報 > 映画「葛城事件」 > インタビュー > 三浦友和、新井浩文、若葉竜也──「葛城一家」が明かす“最悪な一家”の描き方
メニュー

葛城事件

劇場公開日 2016年6月18日
2016年6月17日更新
画像1

三浦友和、新井浩文、若葉竜也──「葛城一家」が明かす“最悪な一家”の描き方

三浦友和が中華料理屋でクレーマーと化す、怒りの理由が面白すぎる。それだけでもこの映画、必見である。そんな父親のもとで、胸が痛くなるような歪みをきたしていく息子たちを演じるのは、新井浩文若葉竜也。映画「葛城事件」(6月18日公開)において、一見理想的な家庭は、緩やかに、しかし残酷なまでに崩壊していく。そこにある狂気を、彼らはどのように体現したのか?(取材・文・写真/黒豆直樹)

その夜の侍」の赤堀雅秋の監督第2作で、自らの劇団「THE SHAMPOO HAT」で上演され、大きな話題を呼んだ同名作品を映像化。葛城家の次男・稔(若葉)が、8人を無差別に殺傷する通り魔事件を起こし死刑囚となる。何が彼を凶行に走らせたのか? そこに至るまでの家族のあつれきや、それぞれが抱える鬱屈した思いを丹念に描き出していく。

「よくいるタイプの父親ですよね? 近くにいたら困っちゃうけど(笑)」。三浦は自身が演じた、家族を支配する抑圧的な父・清についてそう語る。どこにいてもおかしくない程度のちょっと変わった父親。だが三浦は、「彼を演じたい」という強い衝動に駆られた。

「不思議と魅力的だったんですよね。滑稽で弱くてね。この人が親父じゃ息子たちはダメだろうなって(笑)。演じる上ではモンスター・ペアレンツの延長線上にいるんだろうって意識でした。多分、息子たちが小中学生の時、何かあるとすぐ学校に怒鳴り込んでたんでしょうね(笑)。子どもにしてみりゃ針のムシロですよ。でもそれが分かんない。良かれと思って空気も状況も読まず、思い込みと理想で生きていく父親なんです」

新井は、演劇公演時には客演で殺人鬼の次男を演じたが、今回の映画では長男の保を演じている。従順だが対人関係がうまくいかず、リストラの憂き目に遭うも周囲にはそれを言えずにいる役回りだ。「その夜の侍」にも出演している新井は、赤堀の紡ぐ世界の魅力を「ウチにとっては単純で、間の取り方、言葉のチョイス、人間のブラックな部分を照らすようなユーモア――演じながら笑っちゃいそうになります」と明かす。

「ただ、(受け入れるのが)無理な人には絶対に無理なんだろうっていうのも分かります。ピザ食べながら(父親が保に)『そのネクタイいいな』って言うところとか、よく考えるとものすごく変なんだけど(笑)、でも妙にシリアスで、そういうひとつひとつのやり取りが、ウチにとってはツボなんです」

そして、舞台での新井に代わって、次男・稔役を若葉はオーディションで得た。以前から親交のある新井からの「相応しい役者がいなかったら、『ウチがやるから大丈夫』って赤堀さんには言ってあるから」という“挑発”に発奮し、「新井くんに負けたくない」とオーディションの場でも宣言。強い気持ちで同役を勝ち取った。だが、実際に演じるのは簡単ではなかったという。家庭で鬱屈した思いを稔はためていき、それをある瞬間に爆発させる。そして逮捕後、獄中結婚した死刑廃止論者の星野(田中麗奈)と拘置所で激しい言葉を交わす。一筋縄ではいかないシーンが続いた。

「監督からとにかく指摘されたのは『それは、若葉くんの生理で動いてるよね?』ということ。頭で考え過ぎて『これは僕なのか? 稔なのか?』と分からなくなることもあって苦しかったです。ひとつひとつ、赤堀さんに『それは違う』『うん、それは稔だね』と仕分けしてもらう感じでした。拘置所での田中さんとのシーンは、赤堀さんが最後の最後、クランクアップの日の撮影にしてくださったんです。それはすごくありがたかったし、もし(撮影がスケジュールの)前半だったら、また違ったものになっていたかなと思いますね」

自宅を中心に家族でのシーンがいくつもあるが、新井が先に述べたような、独特のユーモアと重さが共存している。ただ、赤堀からはこうした家族でのやり取りに関して、特別な指示はなかったという。三浦は、新井と若葉を見やり「2人ともね、以前、別の作品で息子役だったんですよ。むさくるしい男になったけど(笑)。でも母親の南(果歩)さんも含め、不思議と同じ雰囲気の俳優が集まっていたんです」と振り返る。

「“ここ”という一線があり、そこから出ない。決して“出られない”のではなく、それ以上やることを良しとしない俳優たち。こういう作品だと、もっとやろうと思えばできちゃうし、やりたくもなるんですよ。でも、それがダメだって分かってる。そこで自然と、この家族の空気ができていましたね。不思議だけど、そういう人が集まったとしか言えない」

新井も、「主演として友和さんがドンとそこにいてくれたことが大きかった。あまり考えなくとも、友和さんがいて、南さんがいて……それでおのずと役割が決まってくる感じでした」と振り返り、「あぁ、このメンバーなら、安心して家庭を崩壊できるなって感じてました(笑)」と、三浦の言葉にうなずく。撮影初日は実力派ぞろいの共演陣に緊張したと語る若葉も、「(皆さんと)話をしているうちに、スーッと心がほぐれて、自然と家族の中で稔としてそこにいることができました」と明かした。

最後に、それぞれにお気に入りのシーンを尋ねた。新井は「圧倒的に中華料理屋のシーン! 友和さんのクレームの付け方やトーンが最高です(笑)」。若葉は「新井くんがタバコを吸うシーンですね。保の人間性が見えてきてすごく好きです」と明かす。では、一家の大黒柱・三浦は?

「(スナックで歌う)カラオケの『3年目の浮気』だね。あそこに命を懸けてました(笑)。清ならどう歌うか? ここがうまくいけば、この映画は絶対に成功するって思って歌いました」

インタビュー

関連コンテンツ

特集

長男はリストラで孤立、次男は死刑囚、母は精神崩壊、そして父は──“最悪”だが“最高”! この《後味の悪さ》、やめられない、止まらない!!
特集

2012年に「その夜の侍」で監督デビューを果たし、国内外で評価を集めた赤堀雅秋監督最新作「葛城事件」が、6月18日から全国公開される。三浦友和演じる狂気の父親を主人公に、崩壊へと向かっていく家族の壮絶な姿が描かれる。南果歩、新井浩文、...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

葛城事件[DVD] 葛城事件[Blu-ray/ブルーレイ] 連続ドラマW トクソウ[DVD] Nのために DVD-BOX[DVD]
葛城事件[DVD] 葛城事件[Blu-ray/ブルーレイ] 連続ドラマW トクソウ[DVD] Nのために DVD-BOX[DVD]
発売日:2017年1月11日 最安価格: ¥4,104 発売日:2017年1月11日 最安価格: ¥5,184 発売日:2015年1月21日 最安価格: ¥9,850 発売日:2015年3月25日 最安価格: ¥16,416
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全91件)
  • 秋葉原 ネタバレ! ...続きを読む

    kossykossy kossykossyさん  2019年6月18日 12:22  評価:3.0
    このレビューに共感した/2
  • うーん、うーん、うーん、吐いてもいいか? これ、実話なんか。 なんか、想像だけの話にしか思えんのだが? 殺しの話はさておき、支援者を追い立てるのは、精神的には、こんな奴らなら、とは思う。 なぜか、嘘、想像の世界にしか見えない。 とゆうか... ...続きを読む

    アサシン アサシンさん  2019年4月10日 23:39  評価:1.0
    このレビューに共感した/1
  • 後味悪いよ と言われて見たけど確かにそう。 二度は見たくない。 でも一度は見たほうがいい。 誰も帰らなくなった自分の家を想像したら悲しくなった。 ...続きを読む

    本まぐろトロ子 本まぐろトロ子さん  2019年3月3日 23:51  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 凪待ち 香取慎吾が“ゼロ”から辿り着いた「凪待ち」 リリー・フランキー「“必然”だと思った」
  • インタビュー 女の機嫌の直し方 「女の機嫌の直し方」で早見あかり&松井玲奈が切りこんだ、男女間の価値観の違い
  • インタビュー ザ・ファブル 岡田准一、実写「ザ・ファブル」主演を後押ししたもの 木村文乃&山本美月と語る
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報