劇場公開日 2016年6月18日

  • 予告編を見る

葛城事件のレビュー・感想・評価

3.6107
16%
58%
21%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全107件中、1~20件目を表示

3.0付属池田小事件の宅間守とその家族がモデル

2021年5月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

知的

赤堀雅秋監督作品初鑑賞
俳優として数々の話題作に出演しているが役者としての記憶は殆どない

加害者の家族側にスポットライトを当てた作品と言えば『誰も守ってくれない』を思い出す
あれが星5つならこっちは星3が妥当

死刑囚の次男役に若葉竜也
自殺する長男役に新井浩文
父親役に三浦友和
母親役に南果歩
次男の嫁役に田中麗奈
長男の嫁役に内田慈
皆さんの芝居は良かった
それだけで観る価値はある

特に良かったのは死刑反対を訴える活動家でついには獄中結婚までしてしまう馬鹿な女を演じた田中麗奈
いらないという意見もあるが実際に宅間守と獄中結婚した人がいるらしいし彼女は絶対に必要

時系列がやたら行ったり来たりする構成はあまり好きじゃない
なぜかBGMが内容に合わない素敵な感じ

自殺し損ねて食べるインスタントラーメン美味しそう

宅間守とその家族をモデルにした作品だが小学校での殺戮は再現してない
地下鉄の通路だろうか連続通り魔事件で被害者の多くは大人で特に女性が多かった
最初に刺されたのは男子高校生っぽいが
この作品を観た人のなかには忠実に再現しなかったことに不満な方がいるかもしれない
しかしそんなことができるわけがない
『コンクリート』という作品がお蔵入りになったこともあるし配慮しないといけない

長男が自殺し次男が死刑囚になり母が精神疾患になったのは全部父のせいだという発想は甘え
家族主義を全否定しても意味がない
なんでもかんでも環境のせいにするのは自立した大人がやることじゃない

結婚したくてもなかなか出来ず悩んでいる中年男性の皆様に朗報
これは最終兵器奥さん
死刑囚になれば森達也のような女と結婚できます
死ぬ間際に一度でいいから結婚したかったと後悔する前に是非チャレンジしよう
あのいかりやにもあの高木ブーにもあの宅間守にも嫁がおるわ
宅間守なんて4度も結婚してるわ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

4.0不健全で最悪

美咲さん
2021年3月20日
iPhoneアプリから投稿

でも言うほど狂ってないんです。普通の家族だったんです。どこかで歯車が一箇所おかしかっただけ、それだけで、もしかしたら私の家族だってそうなりえたんじゃないかと思ってしまいました。
母が家出をして最初のアパートでわかめラーメンを私に作ってくれたんです、映画でも保がお母さんにわかめラーメンにお湯入れてもらってるんです。ゾワっとしました。
叔父の遺言はレシートの裏じゃなかったけれど、実はひとりぼっちで闘っていたことに、遠くの私たちや兄である父は気づくことができませんでした。
これは私たちの物語かもしれないんです。
正直、稔がいう「狂ったイノシシなら事故」という主張も、お父さんがいう「じゃあ俺が三人殺したら家族になってくれるのか」も、言ってることがすごくよくわかるんです。頭がおかしい人の発言とは思えなくて、ただ、普通の人はもしそう思ったって殺人も自殺もしないってだけで、本当は簡単にわたしたちだって、そっち側の人間になるんじゃないか、すごく身近な家族なんじゃないかと思わされました。
(ちなみに我が家は全員心身共に健康でハッピーな日々を過ごしております。)

若葉竜也くん目当てで見たんですが、三浦友和の映画でした……
私のような小娘が三浦友和の演技に言及するのも烏滸がましいですが、三浦さんの演技が大好き!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
美咲

2.0尤もらしいが散漫。

2021年2月11日
iPhoneアプリから投稿

意欲作風の凡作。
バラバラと詰め込まれる不幸要素、役者巧演、気のきいた説明台詞で点描されるキャラは立たず、物語はブツ切りのまま、可哀想で巧いね、だから何?で終わる。
撮る動機の希薄さゆえか。
尤もらしいが散漫。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

4.0面白いけど、二度と見たくない

2021年2月8日
スマートフォンから投稿

笑える

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
北摂の影

3.5家族という呪いに翻弄された人生

たろうさん
2021年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

アマゾンプライムにて鑑賞。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろう

2.5登場人物の心の声はよく聞こえてくるが、共感は一切出来なかった。

Theo5さん
2020年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 現代の日本の家庭の鏡のような映画ではなく、ごくごく一部を抜き出した映画。
内容を集約すれば、人の気持ちを一切理解しようとせずに、絶対的に自分がただただ正しいという固定観念に囚われた一人の父親の悲しい生き様と末路が痛々しく描かれている。

映画中に漂う終始、不穏な嫌な感じが毒々しくて、決して楽しい気持ちにはならない。

基本的に狂人ばかりが出て来て、ほとんど考えが理解出来ない登場人物ばかりなのだが、役者の表情や演出から、おそらくこんな事を口には出さないけど考えているのだろうなという、心の声が聞こえてくる感じがこの映画の独特の魅力ではあると思う。

しかし心の声が聞けたとて、やっぱり理解は出来ないし、共感も全く無い。

ただただ自業自得であり、それが不幸につながる様を見ているのはとても苦しく、更に被害者遺族が一切出てこないのは説明不足というよりは救いのように感じられた。

一体この映画から何を得ればいいのかという事を考えると解らない。
狂人を理解せよという事なのだろうか。
おかしな人っていうのは全部が全部おかしい訳じゃなくて、どこか一部が本当に凄くおかしいんだっていうのをどこかで聞いたなという事をこの映画を観ていて再認識した程度だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Theo5

3.5思ったよりメッセージ性があった

MAMIさん
2020年10月29日
スマートフォンから投稿

悲しい

難しい

とにかく重くて重くてという話かなと思いきや、家族だったあの頃の描写が切なく、何より三浦さんが最高です。上手すぎます。

何故どこで狂ってしまったのか、誰でも起こり得ることだなと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
MAMI

4.0_φ(・_・三浦友和怪演 すげー迫力

2020年5月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

三浦友和怪演 すごい迫力、他の共演者も演技派。
息子 弟が通り魔殺人死刑囚と兄貴 自殺者 もうぐっちょぐっちょ。
妻は精神に異常をきたし最悪。自分も死のうとしたけど、、、、、。
何があっても人は生きていこうとするのか、、、生かされるのか、、、。

いい映画を見た。テーマは陰な話だがなんだか力が湧く。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
おにっち弐号

3.0見るのが辛い映画。

Yohiさん
2020年3月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

見るのが辛い映画。実在の事件をベースにしているというのが更にやるせない。次男役(若葉竜也)の演技が気持ち悪く、上手かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Yohi

4.0こうとしか或ることのできない人の群像

2020年3月3日
スマートフォンから投稿

笑える

悲しい

怖い

団塊〜新人類世代である三浦友和の「インテリ」への捩れた憧れや、失われた世代である新井浩文や若葉竜也の抱える劣等感。南果穂が演じる支配されるしかない弱い母親。そんなよくある人達の歯車がどんどん食い違って産まれていく悲劇。まともな人が誰一人出てこないとも言えるが、人間なんてこんなもんじゃないだろうか。傑作だと思う。
この映画もやはり、他人を理解しようとしない今の日本の空気から生み出されている。

物語的にちょっと首を傾げたのは、事件後南香穂が車椅子で認知症になっているという所かな。若葉竜也がどんな人だったのか、観客としてはもう一つ多面的に分かりたいという所で、南香穂が田中麗奈にどんな事を証言するのかは観たかった気がする。

猟奇殺人者を理解の側に引き寄せすぎているという批判もあるが、正常と異常の間に簡単に簡単に線を引いて区別したい人が多いのかね。
別に正常な人とも異常な人ともはっきりとしないグレーとしてキャラクター構築されてるとおもうんだが。
こういう映画があっても別にいいじゃんと思う。

殺人のシーンはもう少し粘って演出して欲しかった。あの状況で誰も逃げないっていうのはどうも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ニックル

3.0この監督作品は面白いが、元ネタから逸脱するのはどうかな

STさん
2020年2月9日
PCから投稿

池田小事件がモデルだっけ?
だったら死刑囚の母親の人間関係はこうじゃないよね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ST

3.5『眼を背けられないリアリティさ』

2020年1月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
瀬雨伊府 琴

3.5凄い事件の裏は意外と普通の家庭

どんさん
2019年10月21日
iPhoneアプリから投稿

静かに、淡々と話は事件の前と現在で交差していくが、とても上手に構成されてるなーと、思った。何気ない日常の些細なことや、不器用すぎる昭和の親父、抑圧されておとなしい母、優等生であろうと必死な兄、甘えん坊のまま大人になった弟、ちょっとずつ壊れていくのが、上手に描かれていたと思う。
ラストは、救い用がないがまぁ、そうなるわなー、ってかんじ。無理に派手にもせず、ハッピーエンドにもしてないところがよかった。
弟の妻が、まじ意味わかんなかった。自己顕示しての塊みたいな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
どん

3.5俺がいったい何をした?

marさん
2019年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

観客にエグい現実を突きつけてくる作品。
テーマ自体も救いがないし、見る側の心に食い込んでくるような演出。
観終わるころにはグッタリというか、すげー荒んだ気持ちになっちゃった。
ただね、タイトルにも書いたこの作品のキャッチコピーが秀逸だと思う。
無自覚ゆえの罪とも言えるけど、この父親(三浦友和)だけが悪い、でいいのか?と。
ここまで事態が悪化するケースは稀だとして
この家族それぞれが抱える歪さみたいなものって、
大なり小なり皆が抱えてるものなんじゃないのかと思ってしまった。
もちろん犯罪者を擁護するとかではなくて、
誰もが道を踏み外す可能性って意外と身近にあるかもねっていう。

いやー、傑作には違いないけど、もう二度と観たくねぇな。(苦笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
mar

2.0心臓の悪い人は要注意

2019年9月26日
PCから投稿

とにかく、吐きそうなシーンばかりです。
それだけです。
本当に。
気色悪い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
アサシンⅡ

4.0身近にいるような人物造形

散歩男さん
2019年7月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

これは胸糞映画として最高峰の出来(褒めてる)
登場人物が胸糞悪い性格ばかりなのが徹底している。
カリカチュアされ過ぎず実際に居そうな雰囲気なのがエグい。

キャスト全員が凄いが、特に若葉竜也が演じた稔のウザさが秀逸。喋り方・使う言葉等、このリアリティはなんなんだ。

それと、死刑廃止を唱え獄中結婚する女性役の田中麗奈。こちら側も狂気が混じっているのがスゴイ。ここを良心として描かないところにある種のメッセージ性を感じた。

観客を選ぶタイプの映画だが、人の闇部分に関心がある人は観て損はないでしょう。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
散歩男

3.0秋葉原

kossyさん
2019年6月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kossy

1.0うーん、うーん、うーん、吐いてもいいか?

2019年4月10日
PCから投稿

これ、実話なんか。
なんか、想像だけの話にしか思えんのだが?
殺しの話はさておき、支援者を追い立てるのは、精神的には、こんな奴らなら、とは思う。
なぜか、嘘、想像の世界にしか見えない。
とゆうか、嘘デタラメやろ。
事件をモチーフにした、程のいい嘘話。
本当に騙されるそうになるが、全て嘘話。
暗い話にしたら、みんな騙されると思うたか、ゲスのクソの、人でなしの、レイプ犯、泥棒の殺人鬼の己やよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

4.0後味悪いよ

2019年3月3日
Androidアプリから投稿

と言われて見たけど確かにそう。
二度は見たくない。
でも一度は見たほうがいい。

誰も帰らなくなった自分の家を想像したら悲しくなった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
本まぐろトロ子

3.5家族という病巣

sakuraさん
2019年1月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
sakura
「葛城事件」の作品トップへ