ザ・ギフト

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ザ・ギフト
ザ・ギフト
13%
55%
27%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「華麗なるギャツビー」「ブラック・スキャンダル」「ジェーン」などで活躍する俳優ジョエル・エドガートンの長編初監督作品で、「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」といった人気ホラー作品を手がけるジェイソン・ブラム製作によるサイコスリラー。新たな転居先で幸せな生活を送る夫婦の前に、夫の同級生と名乗る男・ゴードが現れた。再会を喜んだゴードから、2人に1本のワインが「ギフト」として贈られる。しかし、徐々にゴードからのギフトはエスカレートしていき、度を越していく贈り物に2人が違和感を覚えはじめた頃、夫婦のまわりに異変が起き始める。エドガートンは監督、脚本、製作を務め、ゴード役で出演。ゴードに狙われる夫婦の夫役に「宇宙人ポール」のジェイソン・ベイトマン、妻役に「トランセンデンス」のレベッカ・ホール。

2015年製作/108分/G/アメリカ
原題:The Gift
配給:ロングライド、バップ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • ジェーン・ドウの解剖
  • エンド・オブ・トンネル
  • ブリムストーン
  • アルカディア
  • トレジャーハンター・クミコ
  • ジュピターズ・ムーン
  • オッズ
  • ブルー・マインド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C) 2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0ジョエル・エドガートンの初監督作は静かに怖い心理劇

2016年10月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

長編初監督作品で、脚本も自ら書き、こんなダークなストーリーを映像化するなんて。エドガートンが抱える心の闇はどれだけ深いのかと勘ぐってしまう。

愛想のいい、いかにも成功者という感じの夫・サイモンにジェイソン・ベイトマン。優しく明るいが少し神経質そうな妻にレベッカ・ホール。そして、2人の前に現れたサイモンの高校時代の同級生で、夫婦への奇妙な贈り物をエスカレートさせていく男に、エドガートン。このキャスティングが絶妙だ。

新居で幸せいっぱいに新たな生活をスタートさせたと思ったら、おかしな隣人からの干渉が始まって……という、ホラー映画でありがちな序盤から、まず予想のつかない驚きの展開が待っている。

人の心の醜さ、執念、復讐といった、ある意味ありきたりの要素を組み合わせ、これだけオリジナリティーあふれる心理劇に仕立てたエドガートン監督の力量に驚嘆。そして、ラストの衝撃に戦慄した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高森 郁哉

4.0いじめられっこの復讐劇?

MiMaさん
2020年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ストーリー的には単純にいじめられっこの復讐劇と言えばいいのかもしれませんが、ホラーは苦手、でもそこそこ怖くてサスペンスは好きと言った人には向いていると思います。
私はこのテの映画は好きです。
最悪な男、サイモンのような人は身近にいるなーと思いつつ、学生時代にいじめられていた仕返し?をするゴードは不気味だけど、気持ちはわからなくもないし、痛快な部分もありました。
最後までテンポよく観れました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MiMa

4.0贈り物をくれるだけなのに怖い

といぼさん
2020年10月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

とある映画紹介Youtuberさんが紹介していたので、気になって鑑賞いたしました。
予め、中盤あたりまでの簡単なあらすじは知っている状態での鑑賞です。

結論。面白かった!!
序盤は地元に帰ってきた主人公のサイモンが高校時代の同級生のゴードと再開し、ゴードが親切に色々とプレゼントをくれるという展開。やっていることは親切なことなのに段々と不気味に見えてくるという展開です。後半からはゴードの影響で主人公の夫婦にどんどんと不和が生じていく様子が描かれます。ありきたりな言い方になってしまいますが、「一番怖いのは人間だ」系のじわじわと怖い映画でした。

幽霊が出ないしグロいシーンもないし人も死なないのに何故か怖いという、ホラー映画にあるまじき作品。以前鑑賞した「エスター」が幸せな家庭に入り込んで内部から不和を生むタイプのホラーであったのに対して、「ザ・ギフト」は幸せな家庭に外部から不和をプレゼントするタイプのホラーでした。真逆のベクトルからのアプローチですが、どちらの作品もしっかり面白くてしっかり怖い良作でした。

・・・・・・・・・・
セキュリティ会社に勤めるサイモン(ジェイソン・ベイトマン)は妻のロビン(レベッカ・ホール)と共に、地元の豪華な新居を購入して引っ越してきた。引越しから間もなくして、スーパーで買い物中にサイモンの高校時代の同級生であるゴードン(ジョエル・エドガートン)と再開した。ある日、住所も教えていないのにゴードンから引越し祝いのプレゼントとして玄関にワインが置かれていたのを皮切りに、ゴードンは頻繁にプレゼントを持ってサイモン宅に来訪するようになる。どんどんエスカレートしていくゴードンの行動に対して、サイモンとロビンは何とも言えない不気味さを感じていた。
・・・・・・・・・・

久々に会った地元の同級生が、親切に色々とプレゼントをくれる。字面で見ただけでは伝わりにくいのですが、これが映像で見ると実に不気味なのです。最初の頃は「親切な人だなあ」と感じていただけだったのに、プレゼントがエスカレートしていくにつれて「流石に変じゃない…?」と思い始めます。

また、ストーリーが進むにつれてサイモンとロビンの夫婦が何故地元に引越ししてきたのか、そして夫婦が抱える問題について段々と浮き彫りになっていく描写も素晴らしかった。元々問題を抱えていた夫婦だったのが、ゴードンのプレゼント攻撃によってその問題がどんどんと顕在化していき、最後には修復不可能なほどに夫婦関係が崩れていく。当初観客に見せていた「仲の良いおしどり夫婦」という仮初の姿が後半になって一気に剥がれていきます。これは中島哲也監督のホラー映画「来る」に通じる部分がありますね。こういう裏の顔が露わになっていく描写は私の大好物ですので、とても楽しかったです。

あまり不満点の無い映画ですが、敢えて不満を述べるならば、突然の大きな音で観客を驚かせる「ジャンプスケア」という演出が作中に2度登場すること。個人的にこの手法が嫌いということもありますし、人間関係の不和を見事に描いたジワッと怖い作品なのに、安直なビックリ演出を多用するのはちょっと残念に感じました。

些末な不満点はありつつも、全体的に見れば非常に怖くて面白く、初監督作品とは思えない高クオリティの作品でした。幽霊も出血もありませんので、ホラー嫌いの方にもオススメです!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
といぼ

1.0ソフトな人怖

2020年8月8日
Androidアプリから投稿

簡単に言えばいじめられっ子の復讐劇。
ゴードの不気味さより、いじめっ子のサイモンに対する不快感が強く印象に残る。特にサイモンがゴードに謝罪に行くシーンとか。
結局はサイモンの自業自得だから別に同情することもないけどね。

正直盛り上がりに欠けるし、伏線が巧妙って訳でもなく、ただただ気分が悪くなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カミムラ
すべての映画レビューを見る(全106件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る