蜜のあわれ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
蜜のあわれ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

詩や俳句、随筆などさまざまなジャンルの作品を残した作家・室生犀星が、晩年の1959年に発表した会話のみで構成されたシュルレアリスム小説の古典を、「生きてるものはいないのか」「シャニダールの花」の石井岳龍監督のメガホンにより映画化。自分のことを「あたい」と呼ぶ愛くるしい赤子と、赤子から「おじさま」と呼ばれる老作家。親子以上に年の離れた二人だが、とめどない会話を交わし、夜になると体を寄せ合って寝るなど、仲睦まじく暮らしていた。赤子はある時は女(ひと)、ある時は真っ赤な金魚と姿を変えるが、普通の人間には彼女の正体はまったくわからない。そんな中、老作家の過去の女が幽霊となって現れた。赤子役を二階堂ふみ、老作家役に大杉漣。幽霊として登場する過去の女役を真木よう子が演じる。

2016年製作/105分/G/日本
配給:ファントム・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2015「蜜のあわれ」製作委員会

映画レビュー

2.5金魚姫

光陽さん
2019年10月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

人魚姫ならぬ金魚姫。
う~ん、設定はおとぎ話のようだが、内容は愛憎劇。そのアンバランスさでなかなか劇中に入り込むのが難しかったです。
二階堂ふみさんの演技力は、たいしたものですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
光陽

3.5幻想的な映像文学

syu32さん
2019年8月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

萌える

Blu-rayで鑑賞。

原作は未読です。

全編が幻想的な雰囲気に彩られていて、観ていて不思議な気分になりました。まるで実相寺昭雄監督のような世界観だなぁ、と思いました。

二階堂ふみがとにかく奔放かつ妖艶。
エロい肢体を惜し気も無く曝して、金魚の精・赤子を体現していました。老作家(大杉漣)とのキワドイ会話も何のその、見事に翻弄してしまう…。演技力の高さに脱帽の一言でした。
身に纏う衣装の赤が何故だか破廉恥。映像美も相まってかめちゃくちゃ画面に映えて来るし、赤子の唯一無二の存在感を際立たせているように感じました。
それに、「あたい」って言うのがとてつもなくかわいい…(笑)

大杉漣もさすがの名演技。この演技がもう観られないとなると非常に残念であります…。

老作家を巡る金魚と元妻の幽霊との三角関係、愛憎の模様がコミカルな部分もありながら非常に生々しい…。
嫉妬に狂うという初めての感情に戸惑い、やけくそでオスの金魚とまぐわってしまう赤子の暴走とそれをただ見つめるしか無い老作家の感情や如何ばかりか…。
ラストの切なさに胸が締め付けられました。そのときの金魚の模型がリアル…(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
syu32

4.0二人の演技がいい

aoponさん
2018年4月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主演の二人の演技だけで満足できた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
aopon

4.0肉感的幻想に酔った

きりんさん
2018年3月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

訊かれない話をかたりますが・・・
小学生の頃バレエをやってました。
やめた理由?男の子はトウシューズを履かせてもらえなかったからです。
やめてなければ今ごろ熊川哲也かなぁ(笑)

で、映画のこと、
どこか精進した芸事・習い事を肥にしている役者は、内側からいぶし銀の光を放つ。
たとえその鍛練が役柄に直接用いられない筋書きであってもだ。

舞台を喰ってしまうこの金魚は、そら恐ろしいものを持っている。

二階堂ふみは、もしやと思って調べたら、なるほどこの人はバレエをやっていたか!
あの首の傾げと視線の映えは、西洋の舞台芸術の精神、その発露だ。

大杉漣は、二階堂とバランスをとりうる重鎮として、二人で二枚看板の見事な芝居だったと思う。

白衣の幽霊役は、残念ながら力不足ではなかったかな。体幹が安定していないから、演技が見ていられない。茶道、日舞、あるいは能でもたしなんでいたなら、もっと良い幽霊になれたであろうに。
・・・・・・・・

〉どこか精進した芸事・習い事を肥にしている役者は、内側からいぶし銀の光を放つ。

「しゃべれども しゃべれども」の踊る国分太一が大好きです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きりん
すべての映画レビューを見る(全52件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る