ゾンビ・ガール

劇場公開日

ゾンビ・ガール

解説

「グレムリン」「ハウリング」の鬼才ジョー・ダンテ監督が、ゾンビ化した元恋人に振り回される青年を描いたホラーコメディ。ホラー映画を愛する青年マックスは憧れの美女エブリンと付き合うことになり一緒に暮らし始めるが、彼女の束縛に耐えきれなくなり別れを決意する。そんな矢先、エブリンがバスに跳ねられて死んでしまう。突然の死にショックを受けながらも、どうにか立ち直ったマックスは、ゾンビ映画を鑑賞中に知り合ったホラー好きの女性オリビアと意気投合する。ところが、死んだはずのエブリンが2人の仲を邪魔するため、ゾンビとなって墓の中からよみがえってくる。主人公マックス役に「ターミネーター4」のアントン・イェルチン。共演に「トワイライト」シリーズのアシュリー・グリーン、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」シリーズのアレクサンドラ・ダダリオ。「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2015」で劇場公開

2014年製作/90分/R15+/アメリカ
原題:Burying the Ex
配給:松竹メディア事業部

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2014 BTX Nevada, LLC All Rights Reserved.

映画レビュー

2.5ドーン・オブ・ザ・exガールフレンド

近大さん
2022年3月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

単純

理想の恋人と思ったら、いまいち趣味や価値観が合わず、おまけに束縛が強い。
別れようにもズルズルと…。
そんな恋人と“ずっと”一緒になる事になったら…?
死んでもゾンビとなって、愛を迫ってくる。
ある意味、これ以上ない恐怖…!

死んだ恋人がゾンビになって蘇って…という題材は前にもあったが(『ライフ・アフター・ベス』だったっけ? もう内容忘れたけど…)、こちらはよりドタバタおバカ感が強い。
それにプラスして、ラブコメディでもある。
…いや、正確に言うと、生者と死者のブラックな痴話喧嘩コメディ。

ホラーおたくの青年マックスと恋人のイヴリン。
傍目にはラブラブカップルだが、イヴリンはエコおたくでマックスの趣味に興味ナシ。ビミョーに合わない…。
同棲してる部屋の模様替えと、レアなホラーのポスターを勝手に捨てちゃったり、喧嘩も度々。
“兄弟”トラヴィスに相談して、別れを決意。
彼女を呼び出すも、目の前でバスに跳ねられて死亡…。
自分のせい…と、さすがにショックのマックス。
が、以前出会ったオリヴィアと再会。彼女もホラー好きで趣味が合う。
自然と相思相愛になって、元カノの事を踏ん切り付いた…と思った矢先!
墓から這い出て還ってきた元カノゾンビ!
さてさて、何故元カノが生き返ったかと言うと…

マックスの働くホラーショップに届けられた奇妙な人形。
それは“悪魔のジーニー”というもので、どんな願いも叶えるという。
イヴリンがこの人形に「マックスとずっと一緒に」と願い。
その願い通りになった!…と言っても、嬉し喜びしてるのはゾンビイヴリンだけ。
マックスにとってはショッキング…。
(この悪魔の人形、重要なキーアイテムかと思ったら、マックスが誤って壊しちゃって、早い内に退場。何だったの…??)

おかしいのは、イヴリンはちゃんと自分が“ゾンビ”である事を分かっている。
その上で、マックスにも死んで貰って、ゾンビ・カップルとして、ずっと一緒。
死ぬまで一緒…ではなく、死んでからも一緒。
お、重い…。

イヴリンが“生きてる”限り、新たな明日はない。
さらにキツくなった束縛や気持ち悪いキスは勘弁!
またまたトラヴィスに相談して、死者のイヴリンを亡き者に…。
途端に躊躇するマックス。
そうこうしている内に、オリヴィアとの関係がバレ、マックスに代わってイヴリンを殺そうとしたトラヴィスが突然“食意”に目覚めたイヴリンに喰い殺され…。
遂にイヴリンの魔の手がオリヴィアに…!
狂暴化し、嫉妬まで絡めた元カノゾンビの暴走は止まらない!

グロさもあるけど、それよりドロドロなのは三角関係。
ゾンビ・ホラーを絡めて、過激に滑稽に。
ユルくは笑えるけど、ホラー的な怖さはない。“ある意味”の怖さはあるけど。
ベラ・ルゴシや『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』など、ホラー映画やゾンビ映画ネタ。
故アントン・イェルチンの快演。アレクサンドラ・ダダリオがキュート。
でもやはり、元カノゾンビのアシュリー・グリーンが強烈。
監督はジョー・ダンテ。彼らしい悪ノリは出てるけど…、まあまあかな。久々にジョー・ダンテの作品を見たのに、これ…?って感じもなきにしもあらず。
ズバリ、監督がジョー・ダンテじゃなかったら完全スルーしてたかもしれないB級。

つまらなくはなく気軽に見れるけど、特別何も残らない。
とりあえず、元カノがゾンビにならぬよう気を付けましょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
近大

1.5しつこっ(笑)

2019年11月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

「オッド・トーマス〜」の故アントン・イェルチン主演の作品。

正直、ヴィーガンの(ゾンビ)彼女の芝居が大根過ぎて冷める…。

アレクサンドラ・ダダリオは大好きなので、「ヴィーガンのイメージ悪くするゾンビ4ねよ💢」と思ってしまった(笑)。
チョッと漫画っぽい展開なので、お気楽に観るのが良いと思った。

とにかく、アレクサンドラ・ダダリオは
終始可愛いかった(*´꒳`*)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
m@yu-chan-nel

2.5ホラー…

2018年8月31日
iPhoneアプリから投稿

ゾンビは大好きでよく見るんですが、これは他のゾンビ物とは全然違います!
まず恐怖の対象が襲ってくるゾンビではなく彼女の束縛!
いやぁ怖い(`༎ຶД༎ຶ´)

軽く見れるゾンビ物なのでゾンビ初心者にも見やすいかも

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
w_MAXL_rose

1.5邪険にされる彼女

2018年6月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

興奮

ドッチ付かずなマックスの行動にイライラしたりキックボードにヘルメットってなスタイルも微妙。

ゾンビになる前となった後の違いが見た目と凶暴さだけで性格自体の変化は感じられない。

本作を観るなら「ライフ・アフター・ベス」の方が断然に面白いと思う。

テンポの良いスピーディーな展開を期待したがA・イェルチンよ安らかに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る