マシュー・ボーンの「白鳥の湖」3D

劇場公開日

マシュー・ボーンの「白鳥の湖」3D
13%
80%
7%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イギリスの演出家・振付師マシュー・ボーンが古典バレエの名作を新解釈で描いた大ヒットバレエ「白鳥の湖」を映像化し、劇場公開。2011年にロンドンのサドラーズ・ウェルズ劇場で上演された舞台を、臨場感あふれる3Dデジタル映像と最先端のサラウンド音声で収録。古典では可憐な女性バレリーナたちが演じた白鳥を威嚇的な男性ダンサーたちが演じ、舞台も現代に置き換えて男性同士の悲恋物語を描く。公務をこなすだけの毎日や母親との関係に満たされない思いを抱えていた王子は、自由奔放なガールフレンドにも振り回され、生きる気力を失ってしまう。夜の公園で自ら命を絶とうとしていた彼は、群れを率いて力強く舞う1羽の白鳥との出会いによって希望を取り戻すが……。人気俳優リチャード・ウィンザーが白鳥役、ドミニク・ノースが王子役、ニーナ・ゴールドマンが女王役をそれぞれ演じた。

2012年製作/120分/G/イギリス
原題:Matthew Bourne's Swan Lake
配給:カルチャヴィル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)HugoGlendinning –BillCooper

映画レビュー

4.5面白かった!

てるねさん
2015年6月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

実際舞台の「白鳥の湖」を鑑賞しているので、この作品の素晴らしさは認識している。
しかし「白鳥の湖」のストーリーには悲劇的に終わるバージョンとハッピーエンドに終わるバージョンがある様で、この作品はこれら過去の「白鳥の湖」とは全く異質な存在だ。
今までの「白鳥の湖」とはストーリーが全く違う。
この作品を見て、これが「白鳥の湖」だと思ってしまっては困るのだが、チャイコフスキーの音楽を上手く利用して全く新しい芸術を作り上げたのは確かである。
そして恐らく後世まで残る作品であろう。
「白鳥の湖」は知っているからいいやではなく、この作品を見て、新たな発見をして欲しい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
てるね
すべての映画レビューを見る(全1件)