ヒメアノ~ル

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
ヒメアノ~ル
30%
51%
16%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」の古谷実による同名コミックを、「V6」の森田剛主演で実写映画化。森田が、次々と殺人を重ねていく主人公の快楽殺人犯・森田正一役を演じ、「純喫茶磯辺」「銀の匙 Silver Spoon」などを手がけた吉田恵輔監督がメガホンをとった。平凡な毎日に焦りを感じながら、ビルの清掃のパートタイマーとして働いている岡田は、同僚の安藤から思いを寄せるカフェの店員ユカとの恋のキューピッド役を頼まれる。ユカが働くカフェで、高校時代に過酷ないじめに遭っていた同級生の森田正一と再会する岡田だったが、ユカから彼女が森田にストーキングをされている事実を知らされる。岡田役を濱田岳、ユカ役を佐津川愛美、安藤役をムロツヨシがそれぞれ演じる。

2016年製作/99分/R15+/日本
配給:日活

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
古谷実
脚本
吉田恵輔
製作
由里敬三
藤岡修
藤島ジュリーK.
エグゼクティブプロデューサー
田中正
永田芳弘
企画
石田雄治
プロデューサー
有重陽一
小松重之
ラインプロデューサー
深津智男
撮影
志田貴之
照明
中西克之
録音
小黒健太郎
整音
石貝洋
美術
龍田哲児
装飾
龍田哲児
衣装
加藤友美
ヘアメイク
加藤由紀
編集
鈴木真一
音楽
野村卓史
音響効果
勝亦さくら
音楽プロデューサー
和田亨
助監督
綾部真弥
アソシエイトプロデューサー
小出健
スクリプター
増子さおり
キャスティング
南谷夢
製作担当
竹上俊一
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • クリーピー 偽りの隣人
  • 招かれざる隣人
  • ロスト・フロア
  • ライアー・ハウス
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • 恐怖ノ白魔人
  • 恐怖ノ黒鉄扉
  • ABC・オブ・デス
  • ABC・オブ・デス2
  • メキシコ・オブ・デス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)古谷実・講談社/2016「ヒメアノ~ル」製作委員会

映画レビュー

4.0森田剛が凄い!

としさん
2020年4月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2019年4月13日 #ヒメアノ〜ル 鑑賞
#古谷実 の原作コミックの映画化。#ムロツヨシ と #濱田岳 の2人がメインの前半では平和なゆる〜い展開だったのに、タイトルが出てからの展開が180度変化してからが本筋です。#佐津川愛美 の体当たりの演技もいい。 #森田剛 の「お母さん、麦茶」が忘れられない!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

4.0久しぶりに観た高レベルの日本のホラー映画。

Yohiさん
2020年3月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

森田剛の演技力は大したものだと思った。久しぶりに日本のホラーでレベルの高いものが観られた。短く仕上がっているのも良い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yohi

4.5【吉田恵輔監督の懐深さと、森田剛の演者としての、得体の知れない恐ろしさに戦慄した作品】

NOBUさん
2020年1月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

難しい

 ”アノール”はトカゲの一科の名称。
 ヒメノアール=ヒメトカゲは体長10㎝程の猛禽類とのエサにもなる小型爬虫類、を意味する。

 今作で、ヒメノアールとして描かれる人々。
 ・岡田准(濱田岳) 25歳のフリーター。役名は吉田監督の諧謔精神か?
 ・安藤勇次(ムロツヨシ) 岡田の同僚且つ先輩。冴えない男。
 ・阿部ユカ(佐津川愛美) 安藤が”天使ちゃん”と呼ぶカフェ店員。

 そして、”天使ちゃん”をじっと見つめる男・・
 ・森田正一(森田剛)

 森田は高校時代、苛めの対象だったが、ある日、同じ苛めの対象だった和草(駒木根隆介)と、苛めの主犯格を誘拐し、(ほぼ森田一人で)殺害。(このシーンでの森田の殺人を犯してからの行為が、今後の彼の歩む姿を明示している。)

 この辺りから、森田の性格が明らかに破綻している状況が描かれる。

 岡田はユカに突然、告白され結ばれる。それをじっと見ていた森田の無機質な眼。

 森田は和草に岡田の殺害を持ち掛けるが、過去の所業に耐えきれず、自首しようとする和草と恋人久美子(山田真歩)。
 が、久美子は森田殺害を提案し、鉄パイプで奇襲するが逆に森田に殺害される。(このシーンの森田が鉄パイプを何度も何度も二人に打ち据える姿に戦慄する。この作品R15+だったよな、大丈夫かと思った程の凄惨なシーンである・・)

 快楽殺人の味を覚えた森田の標的は、何ら関係のない人々にも向けられる・・。

 そして、森田はユカが身を隠している岡田のアパートを突き止め・・。

<数々の凄惨なシーンの後、ラスト、高校時代の森田と岡田がTVゲームをしながら森田が母親に明るいトーンでかける言葉と、彼の家の庭先に居る犬の姿に、吉田監督の”ある”想いを感じた作品>

<2016年7月3日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

4.5今更ながら、すごい2面性映画

2020年1月5日
iPhoneアプリから投稿

amazon primeやNetflixにもないが、必ずや見て欲しい一作。
他に類がない作品だと思います。。(他の方のレビューも同様の記載かと)
恋愛シーンにとてもキュンとする前半が、突然、なんの前触れもなく終わりを告げる。後半からは恋愛の要素はほぼ0に、過去のいじめから心を壊してしまった森田剛による殺人映画へと変遷する。
■良い点
・恋愛×グロモノというジャンルが目新しい
・2つの映画を見てるかのような表現がすごい
・話の展開が良い
■惜しい点
・なし、もっと長く見たいとも感じました。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 8 件)
すさんだココロ
すべての映画レビューを見る(全264件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ヒメアノ~ル」以外にこんな作品をCheck-inしています。