人生の約束

劇場公開日

人生の約束
13%
45%
31%
6%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「池中玄太80キロ」シリーズをはじめ「新宿鮫」シリーズ、「点と線」など数々の名作ドラマを手がけてきたテレビ界の巨匠・石橋冠が、演出経験55年、78歳を迎えて初めて劇場映画でメガホンを握ったヒューマンドラマ。主演の竹野内豊を筆頭に、江口洋介、西田敏行、ビートたけしら豪華キャストが集った。江戸時代から約350年続く富山県の曳山まつりを題材に、根っからの仕事人間だった主人公の中原祐馬が全てを失い、かつての親友との約束を果たそうとする中で自分を見つめ直していく姿を描く。新興IT企業CEOで会社の拡大にしか興味のなかった祐馬は、元共同経営者で親友でもあった航平から無言の留守番電話が入っていることに気付き、胸騒ぎを覚えて航平の故郷の富山県・新湊を訪れる。しかし、航平は既に亡くなっており、かつて航平に対して会社から追い出すような仕打ちをした祐馬を、航平の遺族は怒りをもって出迎える。そんな中、航平の忘れ形見の少女・瞳は、祐馬にある頼みごとをする。

2016年製作/120分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2016「人生の約束」製作委員会

映画レビュー

3.5テレビ界の巨匠・石橋冠の初監督作

2021年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

石橋冠といえば、「池中玄太80キロ」シリーズ、「新宿鮫」シリーズ、「点と線」など、手がけてきた名作ドラマは数知れず。演出経験55年、78歳を迎えた石橋の映画監督デビュー作。主演の竹野内豊はもちろんだが、人生初の角刈りにして撮影に臨んだ江口洋介の存在感、説得力は作品に大きな力をもたらした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
大塚史貴

3.5期待通り

おこげさん
2021年6月13日
iPhoneアプリから投稿

元親友の死と会社の転落によって人生を見つめ直す機会を得た男を竹野内豊が好演している。
他の役者さんもとても自然体で安心して見ていられる。

失くしてから気づく事が多過ぎる。時には立ち止まって周りの風景を眺める事も大切。立ち止まらなければ見えない物が有る。
見終わったあと優しい気持ちになれるいい映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おこげ

3.5塩谷航平役は今井朋彦

2021年2月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

幸せ

映画館では2016年1月31日地元のイオンシネマで鑑賞
それ以来5年ぶりの鑑賞
原作無しのオリジナルストーリー

主な舞台は富山県黒部市四十物町(あいものちょう)
ここでは山車を曳山というらしい
四十物町の曳山が財政問題で西町に譲らなければいけなくなる
旧友の葬式のため四十物町に訪れた東京の新興IT企業経営者が曳山を戻すため画策する話

宮城と岩手の県境に住む自分にとっては富山県黒部市の風土は全くの異文化で『クレイジージャーニー』を観る感覚で楽しめた

出演陣は豪華な一言
それだけで邦画ファンならそれなりに楽しめるはず
海外の作品ではなかなかこれは味わえない

BGMは白々しく感じてしまいあまり好きじゃない

主人公はあきらかに堀江貴文を連想させるが特になんの感慨もない
自分は全くの蚊帳の外だからだろう
金持ちを妬む貧困左翼でもないし経営スタイルに眉を顰める保守でもない

『大コメ騒動』にも出演した立川志の輔がちょい役で登場
演じているのは町医者だろう
立川志の輔は富山県出身
どちらの作品も舞台は富山県
北海道が舞台の映画にちょくちょく大泉洋が出しゃばって出演するがそれに似ている
ご当地映画に地元芸能人が登場すると嬉しくはある

グラビアイドル出身の小池栄子と優香が共演
感慨深い
優香は秘書役として抑えめの演技で小池栄子はちょっとオーバーな気がする
顔が新幹線とは言い得て妙である
だけど芝居はそのくらいがちょうどいい

スナックの店名が『海の女王』だったが少しインパクトがあってちょっとだけ笑えた
10数年前葛飾区の綾瀬あたりで見かけた『寿里蘭花』に比べたら遠く及ばないが

終盤地元富山県警のベテラン刑事としてビートたけしが登場
『ごくせん』の理事長役の江波杏子と同様に出ただけで場の空気をガラッと変える圧倒的な存在感
バラエティー番組ではトンチンカンなことばかり発言する言葉は悪いがはっきり言って老害だけど役者としては見事なものである

タイトルがキャッチーじゃない
インパクトがないし作品内容とのギャップを感じる
小説家や出版社ならもっと頭を捻るところだが
見終わったあとはこのタイトルでも良かったのかなと思えなくもないがなにか釈然としない
じゃなにがいいかと聞かれたら全く思い浮かばないけど
テレビドラマの演出家の巨匠が78歳にして初めての映画監督ならこのタイトルにも重みを感じるが

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

3.0四十物町に行ってみたい

asgy213さん
2020年6月21日
Androidアプリから投稿

何も無いかもしれないが
情緒ある町並みを見てみたい。
竹野内も松坂桃李も小池栄子も好きなので(^ー^)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
asgy213
すべての映画レビューを見る(全91件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る