劇場公開日 2016年1月9日

  • 予告編を見る

人生の約束のレビュー・感想・評価

3.388
13%
45%
31%
6%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全88件中、1~20件目を表示

3.0四十物町に行ってみたい

asgy213さん
2020年6月21日
Androidアプリから投稿

何も無いかもしれないが
情緒ある町並みを見てみたい。
竹野内も松坂桃李も小池栄子も好きなので(^ー^)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
asgy213

4.0清涼感

odeonzaさん
2020年1月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

1.5祭りが大切?

nabi3号さん
2020年1月6日
スマートフォンから投稿

単純

キーワードは【大切なお祭り】なんだろうが、祭り嫌いな自分には感情移入できるはずもなく。豪華キャストの無駄遣い、ストーリーは浅薄、説明不足など、久しぶり観て損した映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
nabi3号

4.0【富山県新湊の曳山(山車)が全ての軋轢を修復する】

NOBUさん
2019年12月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

  メイン舞台は富山県新湊の漁師町。

  会社の拡大しか興味がなかった男、中原祐馬(竹野内豊)が、共に起業したかつての親友で、齟齬から会社を追い出す形で決別した男からの電話に胸騒ぎを覚え、新湊に足を運んだ祐馬が知った事。

 そして、出会った人々との関係性が徐々に好転していく姿と、祐馬自身の心境の変化を、富山県新湊の曳山を絡めて描き出した作品。

 綻びた絆が祭を通じて再生していく物語であるが、中原の東京で働く姿が上手く描かれていないのと、予定調和的なストーリーが予想通りに進んでいった様がやや物足りなく感じた作品。

 だが、それを新湊の祭の姿が補っている。

<2016年1月9日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

2.0タイトルの仰々しさのわりには重厚感はない。

2019年9月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

単純

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
星水松 愛菜

3.5、、、

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

、、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

2.5豪華キャストのわりにはいまひとつ

mittyさん
2019年8月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
mitty

5.0大切なもの

hiroさん
2019年8月8日
スマートフォンから投稿

大切なもの。幸せとは、考えさせる映画ですね。竹野内豊、江口洋介、西田敏行などキャストもいいです。田舎、地方があっての東京、日本です。忘れてはいけないですね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
hiro

3.0大切なものは失って初めて気付く

2018年2月13日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みきねこ

2.0田舎に住みたくなる映画

2017年6月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

都会と田舎の対比や、成長経済とコミュニティ経済の対立を描いた作品。人の"つながり"を生む祭りをテーマに。
階段に例えると踊り場。それは人生の過去と未来が見渡せるとき。

ちなみに英語の字幕付きで観たが、「いただきます」を「Let's eat.」と訳していた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画野郎official

0.5気持ち悪さがすごい

にあさん
2017年3月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
にあ

4.0泣けました

2017年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

なにげなくWOWOWで見たのですが泣けました。
予備知識無く観たので、素直に観られました。
ベタな内容といえばベタですが、予告にもあった「友よ」で始まる文章には泣けました。たしかにツッコミどころもありますが、それでも泣けました。死んだ友人が出てこないことは、観客の想像に任す良い演出だと思いますし、祭りのシーンは、方向転換、坂を登るなど、観ていて飽きませんでした。
すべてを描いたり説明しなくては分からないような人には確かにつまらないと思います。
また、故郷があり、一つのことでこんなに一体感を得られる事ができる街の人達が羨ましく思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミッツー

3.5富山県射水市新湊 地区の放生津曳山祭

2016年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

いきなりMUGENて出てくるから違う映画かと思った。
昼は花山、夜は提灯山。クライマックスの提灯山と富山湾の景色がきれい。ラストとエンディングの葬送曲みたいなのがミスマッチ。
四十物町(あいものちょう)は実在、さすがに西町この地区には実在しない。
高橋ひかるが目を惹く

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
消されるのでもう公開しない

4.0つながる

2016年11月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

亡き友の思いを知り"つながる"ことができた。
人生は本当に無くしてから気付くことばかりなのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

3.5豪華!

fukui42さん
2016年11月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

曳山もですが、俳優陣がすっごく豪華ですね。竹之内さんって、久しぶりにじっくり見ました。みんなそれぞれに、実際にこんな人いるかもって。
富山出身の志の輔さんや、室井さんがしっかり出てるところもにやり。
富山が舞台の「railways」(三浦友和さん主演)など、富山映画は頑張ってますね。同じ北陸人としては、うらやましいところ。
ま、友人の遺影が置かれてなかったりして、その友人っていったいどんな人?と思わせぶりなところも、考えてますね。
西田さんに、泣かされました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42

3.0脚本が

2016年11月12日
iPhoneアプリから投稿

脚本の細部のツメが今ひとつだけど、俳優陣が相当な演技をしてるので駄作にはならない感じ。
新人の高橋ひかるちゃんが可愛かったなあ(^^)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SelfishCat

3.0美しい立山連峰

2016年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

幸せ

主人公は親友とともにベンチャーを立ち上げ、大手企業にのし上がるが、運営方針で衝突、一人が去ってしまう。
数年後、去った親友から電話が入るが主人公は無視する。
舞台は立山連峰が美しい新湊市で、祭りがキーワードとなっている。
終盤は冗長感がぬぐえない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0

2016年10月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

お祭りの映像はよかったけど、ストーリーは普通かなぁ。ちょっと集中して見てなかったから、大切な何かを見落としてるかな。何がしっくりこない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ムクムク

2.0ぬるい。

2016年9月26日
PCから投稿

この映画は、高橋ひかるの映画だろうか。

確かに、とてもかわいかったし、これから伸びてくるだろう。

ただ、「祭り」や「地域間の争い」のようなものは、
もっともっと、強く表現すべきだったのではないだろうか。

西田さんの演技は素晴らしくて、感動的だったけど、
その前の、争いの解決する方法や、実際の争いのシーンが
ぬるいと感じた。

喧嘩シーンがないというわけではなく、何だろう、もっと
人間どおしの争いに重きを置いて、
ただの感動ストーリーとは一味違う映像にしてほしかった。

高橋ひかるはかわいかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゃーるすとん

3.0石橋監督と曳山祭りの為のお祭り映画

近大さん
2016年7月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

単純

寝られる

TVドラマの名演出家、石橋冠の初の映画監督作と話題だが、世代的に手掛けたTVドラマをほとんど見てないので、豪華キャストと“THE邦画”なストーリーのみで鑑賞。
舞台となる富山県・新湊の風情ある風景は勿論、伝統ある曳山祭りのシーンが美しく圧巻。
ちょうど今祭りの時期でもあるので、とても魅せられる。
しかし、記憶に残るのはそれくらい。肝心のストーリーが…。
主人公は仕事人間のIT会社社長、共同経営者でクビにした親友の死、彼の故郷を訪ねるが遺族らは快く思わない、地元民のある悩みと親友がやり残した事、主人公はその思いに触れ…と、一つ一つの設定は決して悪くないのだが、あまりにも直球でベタ、無個性で教科書通り、眠気が誘う。
主人公とその親友が何故全てを投げ打ってまで曳山に情熱を傾けたのか深み足らず。主人公に至っては会社で問題が起きたのにも関わらず。
キャストでは、竹野内や江口らより、優香や小池栄子、新人の女の子、僅かな出演のビートたけしらが印象残った。
豪華キャストに愛された石橋冠と新湊の町興しの為の“お祭り”映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
近大
「人生の約束」の作品トップへ