奇蹟がくれた数式

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
奇蹟がくれた数式
奇蹟がくれた数式
9%
65%
24%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アインシュタインと並ぶ無限の天才」とも称されたインドの数学者ラマヌジャンと、彼を見出したイギリス人数学者ハーディの実話を映画化した伝記ドラマ。国籍も身分も違う2人の天才が起こした奇跡と友情の物語を描く。1914年、イギリス。ケンブリッジ大学の数学者ハーディ教授のもとに、インドから1通の手紙が届く。そこには、ハーディ教授を驚愕させる「発見」が記されていた。ハーディ教授は早速、手紙の差出人であるインドの事務員ラマヌジャンを大学に招聘するが、他の教授たちは身分が低く学歴もないラマヌジャンを拒絶する。孤独と過労から病に倒れたラマヌジャンのため、ハーディ教授は奇跡の証明に挑むが……。「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテルがラマヌジャン役を、ジェレミー・アイアンズがハーディ役をそれぞれ演じた。

2015年製作/108分/G/イギリス
原題:The Man Who Knew Infinity
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2015 INFINITY COMMISSIONING AND DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.5常人離れした天才の偉業を常人に伝えるのは難しい

2016年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

知的

難しい

インドで数学をほぼ独学でマスターし、独創的な数式を次々に“発見”した天才数学者ラマヌジャンと、彼の手紙からその数式の価値を見抜き、ラマヌジャンを英国ケンブリッジ大に招聘したハーディ教授の心の交流が描かれる。

実在の天才研究者を描く伝記映画は数多いが、分野が純粋数学や理論物理学だったりすると、彼らの偉業の本質を一般の観客に伝えるのは難しい。そのため、たいていは研究以外の人生のドラマ(恋愛、難病、精神的な問題など)で、共感や感動につなげようとする。

本作は、ラマヌジャンの数式の価値や独創性、エレガントさを伝えようと健闘しているが、やはり物足りなさは残る。

ラマヌジャンの高揚感や苦悩をデブ・パテルが巧みに表現し、それを支えるハーディ教授を演じたジェレミー・アイアンズの穏やかな渋さもいい。2人の味わい深い演技は、自分のような凡人が“奇蹟”に触れられないもどかしさを、ある程度は補ってくれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
高森 郁哉

3.0出会いによって人は変わる、普遍的な物語

2016年10月19日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

天才に国境などない。本作でも天才的な数学的頭脳を持つインド人青年がイギリスへ渡り、差別や孤独に耐えながら研究に明け暮れる。

舞台となるケンブリッジは『炎のランナー』や『博士と彼女のセオリー』でおなじみの学術都市。とりわけ本作では伝統と格式を誇るトリニティ・カレッッジが学内の映画撮影を初めて許可したことも見どころとなっている。また、第一次大戦中の雰囲気を描いた点も興味深く、教師や生徒の数が減り、学内が看護所へと変わりゆく様は、この時代がいかに英国の暮らしを変貌させ、多くの尊いものを奪い去ったかを教えてくれる。

主演デヴ・パテルもさることながら、その師となるジェレミー・アイアンズも変わり者ぶりを発揮。数学に人生を捧げた二人が出会い、ぎこちない気持ちの伝え方ではあっても、いつしかしっかりと敬意と友情を育んでいく。その過程こそ本作の伝えるもっとも尊い奇蹟なのかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信

4.5天才数学者。

2020年9月4日
スマートフォンから投稿

泣ける

知的

惹き込まれる作品です。
インド人の天才数学者ラマヌジャンの史実。
当時のインドはイギリスの植民地で偏見や人種差別があって大変な時代だった。自分を判ってもらうことも儘ならない。

ラマヌジャンは数式はひらめき。女神様からの導きだと。宗教も関係している。論文のノートをみると数式が芸術作品の様に見える。
数式を証明することが研究の目的である。

今やインドの教育は独自の計算方式があってあっという間に難しい計算も解いてしまう。
数式を覚えて使えば難しい問題でも容易に解ける。
今のインドの発展はラマヌジャンの功績なのかも。
素晴らしいですね。またデブパテルの演技も。
感動しきりの映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しろくろぱんだ

3.5天才の存在を知り得た、それに尽きます。

Tetさん
2020年6月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

芸術の天才の感性は世間の評価や個人の好みに左右され曖昧だけど、数学の天才の感性は公式が証明されれば揺るぎ無い。

正に目に見える神の真理ですね。

とは言え数学に明るくない自分のような凡人には、天才具合の凄さはイマイチ響かず‥(個人の問題です…)

ハーディとラマヌジャンの「才能」との交流は描かれていたけど、「人」としての交流は感じられなかったなぁ。

ラマヌジャンという数学の天才の存在を知り得た、って映画かな。
「アンビリーバボの再現ドラマ」レベルで充分だったかも。

実話を再現ドラマ以上に魅せるのは難しいですね!

それとマドラスでの妻、母親との会話が全て英語なのも冒頭から冷めました‥。
植民地化?の当時は英語が公用語だったんですかね⁉︎

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Tet
すべての映画レビューを見る(全53件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る