劇場公開日 2016年10月22日

  • 予告編を見る

「常人離れした天才の偉業を常人に伝えるのは難しい」奇蹟がくれた数式 AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5常人離れした天才の偉業を常人に伝えるのは難しい

AuVisさん
2016年10月21日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

知的

難しい

インドで数学をほぼ独学でマスターし、独創的な数式を次々に“発見”した天才数学者ラマヌジャンと、彼の手紙からその数式の価値を見抜き、ラマヌジャンを英国ケンブリッジ大に招聘したハーディ教授の心の交流が描かれる。

実在の天才研究者を描く伝記映画は数多いが、分野が純粋数学や理論物理学だったりすると、彼らの偉業の本質を一般の観客に伝えるのは難しい。そのため、たいていは研究以外の人生のドラマ(恋愛、難病、精神的な問題など)で、共感や感動につなげようとする。

本作は、ラマヌジャンの数式の価値や独創性、エレガントさを伝えようと健闘しているが、やはり物足りなさは残る。

ラマヌジャンの高揚感や苦悩をデブ・パテルが巧みに表現し、それを支えるハーディ教授を演じたジェレミー・アイアンズの穏やかな渋さもいい。2人の味わい深い演技は、自分のような凡人が“奇蹟”に触れられないもどかしさを、ある程度は補ってくれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
AuVis
「奇蹟がくれた数式」のレビューを書く 「奇蹟がくれた数式」のレビュー一覧へ(全43件)
「奇蹟がくれた数式」の作品トップへ