スノーデン

劇場公開日

  • 予告編を見る
スノーデン
14%
60%
22%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ハリウッドを代表する社会派監督オリバー・ストーンが、アメリカ政府による個人情報監視の実態を暴いた元CIA職員エドワード・スノーデンの実話を、ジョセフ・ゴードン=レビット主演で映画化。2013年6月、イギリスのガーディアン誌が報じたスクープにより、アメリカ政府が秘密裏に構築した国際的監視プログラムの存在が発覚する。ガーディアン誌にその情報を提供したのは、アメリカ国家安全保障局NSAの職員である29歳の青年エドワード・スノーデンだった。国を愛する平凡な若者だったスノーデンが、なぜ輝かしいキャリアと幸せな人生を捨ててまで、世界最強の情報機関に反旗を翻すまでに至ったのか。テロリストのみならず全世界の個人情報が監視されている事実に危機感を募らせていく過程を、パートナーとしてスノーデンを支え続けたリンゼイ・ミルズとの関係も交えながら描き出す。

2016年製作/135分/PG12/アメリカ・ドイツ・フランス合作
原題:Snowden
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0バランスのいいオリバー・ストーン

2017年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

知的

人としての評判は芳しくないが、社会派としての当事者意識は素晴らしいオリバー・ストーンがスノーデン事件を映画化。元CIA職員が、映画顔負けのネット監視の実態と人権侵害を暴露した一件だけに、いかにもストーンが目をつけそうな素材といえる。

が、意外にもストーンは、あの脂ぎった顔で絶叫するのでなく、あくまでもスノーデンという人物の波瀾万丈なドラマにメッセージを託している。

結果、本作は青春ドラマであり、ポリティカルスリラーであり、ラブストーリーでもある。要するにちゃんと面白いエンタメなのである。アメリカ当局がやっていた監視体勢があまりにもSFっぽくてついフィクションのように思ってしまう危険さえ注意しておけば、知るべき事柄をエキサイティングなストーリーに乗せて教えてくれるとってもバランスのいい作品である。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
バッハ。

4.0心の声に従う

2019年10月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

知的

難しい

実話というから本当に驚き!
他人事じゃないし、世界中誰もが関わる大きな事件だからこそ、知っておくべきことなんじゃないかなと思いました。
日本でもマイナンバー制度や、今後AIの進歩でどんどん情報が管理される社会になっていく、その予兆かもしれません。

スノーデンのした事は、いい事なのか悪い事なのか?判断するのもおかしい話で、彼は、自分の心の中声に従って、彼なりの正義を貫いたんだと思いました。

「不快」な思いを解き放とうと、自由を求める感覚は人間誰しも感じるはずで、それが、向上心と呼ばれることもあれば、そうじゃないこともあって、価値観はそれぞれだと思います。
ただ、私自身も、他人に左右される人生ではなく、自分の思いのまま生きていこうと思いました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
渕上真希

5.0勉強になりました

2019年10月15日
PCから投稿

事実関係知ってるからと、避けてたんですが。
詳細に見せられると、凄いことでした、知らないことも多かった。
映画としての品質も最高でした。
さすが、オリバーストーン。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

4.0一種の記録映画として

N.riverさん
2019年10月12日
PCから投稿

事態が起きた時、前代未聞のスキャンダルだと驚かされた。確かに過去、個人が国家を暴くなどあったかどうか思い出せない。
タイムリーでニュースを追っていた時も、まさか逃げ切れるなどと思いにもよらず、それこそ映画のような展開に唖然としたことが忘れられない。

オリバーストーンという安定感が全編を通して裏切らない。どれほどニュースで流れを知ろうと展開はスリリングだし、スパイ映画として終ることのない倫理観への問いかけ、主人公の苦悩もまたよく伝わってくる。ネット抜きに生活できない今、通して、鑑賞者が考えを深めるにはもってこいだ。
いずれにせよ、前代未聞の大事件は記録しておくに間違いなく、されたからには見て損のない一作だと鑑賞する。

唯一のマイナス点は主人公の仕事上、情報管理、システム周辺のシーンが多く、ぼんやりでも知らない人には何がどうなのかわかりづらいかも。
しかしスノーデン氏、いうまでもなくキレものだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
N.river
すべての映画レビューを見る(全150件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る