スノーデン

ALLTIME BEST

劇場公開日:

スノーデン

解説

ハリウッドを代表する社会派監督オリバー・ストーンが、アメリカ政府による個人情報監視の実態を暴いた元CIA職員エドワード・スノーデンの実話を、ジョセフ・ゴードン=レビット主演で映画化。2013年6月、イギリスのガーディアン誌が報じたスクープにより、アメリカ政府が秘密裏に構築した国際的監視プログラムの存在が発覚する。ガーディアン誌にその情報を提供したのは、アメリカ国家安全保障局NSAの職員である29歳の青年エドワード・スノーデンだった。国を愛する平凡な若者だったスノーデンが、なぜ輝かしいキャリアと幸せな人生を捨ててまで、世界最強の情報機関に反旗を翻すまでに至ったのか。テロリストのみならず全世界の個人情報が監視されている事実に危機感を募らせていく過程を、パートナーとしてスノーデンを支え続けたリンゼイ・ミルズとの関係も交えながら描き出す。

2016年製作/135分/PG12/アメリカ・ドイツ・フランス合作
原題:Snowden
配給:ショウゲート
劇場公開日:2017年1月27日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0バランスのいいオリバー・ストーン

2017年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

知的

人としての評判は芳しくないが、社会派としての当事者意識は素晴らしいオリバー・ストーンがスノーデン事件を映画化。元CIA職員が、映画顔負けのネット監視の実態と人権侵害を暴露した一件だけに、いかにもストーンが目をつけそうな素材といえる。

が、意外にもストーンは、あの脂ぎった顔で絶叫するのでなく、あくまでもスノーデンという人物の波瀾万丈なドラマにメッセージを託している。

結果、本作は青春ドラマであり、ポリティカルスリラーであり、ラブストーリーでもある。要するにちゃんと面白いエンタメなのである。アメリカ当局がやっていた監視体勢があまりにもSFっぽくてついフィクションのように思ってしまう危険さえ注意しておけば、知るべき事柄をエキサイティングなストーリーに乗せて教えてくれるとってもバランスのいい作品である。

コメントする 1件)
共感した! 8件)
村山章

4.0ご本人にそっくり

2024年5月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

難しい

本人に似ている人を選定したとは思うが
姿形はとってもよくにている。

この事件があったとき、スノーデンに良い印象がなかったけれど、この作品で考えを改めました。

お子さんが2人いるみたいですが、
幸せに過ごせるよう願っています

コメントする 2件)
共感した! 9件)
seiyo

3.5これまたアメリカの良いところ

2024年5月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

怖い

知的

難しい

以前「父親たちの星条旗」だったと思うが、アメリカの自浄作用は日本には絶対真似出来ない技術だと、改めて思わされた。

CIAやNSAが悪だなんて、普段誰も思わない。
だからこそその職務には誇りを持つし、やりがいを感じて頑張ってしまう。

エドワードスノーデンは賢すぎたんだろう。
正に天才。天才故の苦悩。
そしてその決断は、まだまだ万人が認めるまで至らないが、後世の歴史ではきっと英雄になっているだろう。

それよりも、今スノーデンは何してるのか。
当時と今のロシアでは立ち位置が変わりすぎていて、
その情報はまず入ってこないだろうが、
利用されたりしてなきゃ良いが😱

コメントする (0件)
共感した! 9件)
クリストフ

4.5キャリア、収入、恋人との幸せな人生、全てを捨てて自分の心に従った。その結果、世界に何の変化も起きなければそれ程恐ろしいことはない

2024年4月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ドキュメンタリーでない映画作品にしたことの強みがとても生きていたと思う。その強みとは客観性、重要で緊張する場面の再現性、時空間や登場人物のフィクション化、キャラクターの特性やその時々の感情がプロの俳優によって描写されることだろうか。エド・スノーデンを演じたジョセフ・ゴードン=レビットは風貌が似ているだけでなく性格や行動の仕方含めて素晴らしい演技力で適役だった。また重要な存在である恋人リンゼイ役のシャイリー・ウッドリーもよかった。彼女はエドとの出会いの最初から心臓がドキっとするような質問を投げかけたり彼をたくさん撮影するので怪しい?とドキドキしてしまった。でも付き合う中でケンカしたり離れたり、いつも青白い顔だったエドがハワイでは(ストレスフルな仕事していたが)日に焼けて健康そうになったことを一緒に喜んだり。そんなエピソードが入ることで、「攻殻機動隊」繋がりで出会った二人の絆が深まる様子は、ドキュメンタリーでは表現できなかったと思う。

怖かった。胸が痛んだ。でも29歳のエドはやるべきことをやりきった。世界中にニュースが駆け巡った。彼が最後に見せてくれた笑顔に救われた。スノーデン本人もこの映画で見ることができた。リンゼイと共に健康で幸せに生きていて欲しい。

世界の中で、ある一つの国だけが圧倒的に強い覇権を持っていたらスノーデンは一体どうなったのだろう。多様な歴史と文化をもった国々が沢山あること、異議申し立てをする人達がたくさん居ることは救いだ。一方で戦争や抑止力兵器で儲ける軍事産業と国家が結びつきそのために私達の情報が全て覗かれ、国家が特定の方向に進む危険性を私(達)はもっとわかるべきだ。私はもう十分に幸せに生きた。これからの世代、全ての国の子ども達や若い人たち、将来を夢見る世代を痛めつけたり殺すことはやめてくれ。

コメントする 2件)
共感した! 16件)
talisman
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る