パリよ、永遠に

劇場公開日

パリよ、永遠に
11%
49%
34%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ナチス・ドイツ軍占領下のフランスを舞台に、パリ破壊を命じられたドイツ軍将校と、パリを愛するスウェーデン総領事が繰りひろげる攻防を描いた歴史ドラマ。実話に基づいたシリル・ゲリーによる戯曲を、「ブリキの太鼓」「シャトーブリアンからの手紙」の名匠フォルカー・シュレンドルフが映画化した。1944年8月25日。パリ中心部に建つホテル「ル・ムーリス」で、コルティッツ将軍率いるナチス・ドイツ軍が、ヒトラーの命令を受けパリの歴史的建造物を爆破する作戦を立てていた。そこへ、パリで生まれ育ったスウェーデン総領事ノルドリンクが現われ、作戦を食い止めるべく説得を開始する。しかしコルティッツ将軍は妻子を人質に取られており、作戦を実行せざるを得ない立場にあった。ノルドリンク総領事とコルティッツ将軍を演じるのは、舞台版からの主演コンビである「あるいは裏切りという名の犬」のアンドレ・デュソリエと、「戦火の馬」「真夜中のピアニスト」のニエル・アレストリュプ。

2014年製作/83分/G/フランス・ドイツ合作
原題:Diplomatie
配給:東京テアトル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2014 Film Oblige - Gaumont - Blueprint Film - Arte France Cinema

映画レビュー

0.5話ばっかり、

けいさん
2020年10月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

心理戦、説得、駆け引き、いろいろあろうけど、主にふたりの男があれこれ話し合ってばかりの映画。
ずーっと。

つまんなかった。
途中で見るのをやめたー。。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
けい

4.0見ごたえのある心理劇

odeonzaさん
2020年1月8日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
odeonza

2.0うーん。

2015年11月25日
スマートフォンから投稿

ほぼ、会話で終わった…。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
うちやま

2.5パリの魅力

2015年6月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

映画の終わりごろまで、これほどまでに死守したいパリの魅力はなんだろう、と考え続けた。でもふと分かったのは、パリが永遠なのではなくて、このような努力の積み重ねが、パリをパリ足らしめる。だから、外交とはどのような町であっても、事情であっても、このような交渉のうえ成り立つものなのではないかと、府に落ちた。だから、この映画はパリが舞台であっても、けして主人公の映画ではないのだなーとわかった。日本語タイトルが惑わせる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マッターホルン
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る