クラウン

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
クラウン

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

映画学校の仲間ジョン・ワッツとクリス・フォードがYouTubeに投稿したフェイクのホラー映画予告から生まれた作品。元になったフェイク予告編のクレジットに「キャビン・フィーバー」「ホステル」の監督イーライ・ロスの名前を記載していたところ、それを見たロス本人が映画化を提案。ロス製作により映画化に至った。息子の誕生日にクラウン(道化師)の衣装を着て祝った父ケント。しかし、衣装が脱げずに、やがてその衣装が肌の一部になり始め、自分が変わり始めていることを感じ取る。ケントは子どもたちをむさぼり喰う悪魔クロインにとり憑かれてしまっていた。

2014年製作/100分/R15+/アメリカ
原題:Clown
配給:プレシディオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2014 Vertebra Clown Film Inc.

映画レビュー

3.0奥さん最低すぎ

Ko Fuさん
2019年7月14日
Androidアプリから投稿

この手のホラーの鉄則としてキャラが基本的にアホであることが大事なのだが(優秀だと完結しちゃうので)、いくらんでも奥さんが最低すぎる。
まぁよくあるB級ホラーとしては悪くない出来。程度だろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ko Fu

2.0ITより面白いかも

2019年7月5日
PCから投稿

笑える

怖い

無駄な前置きがなくテンポ良く話が進んでいくのでサックと観られる
ダブル電ノコで斬首自殺を図ろうとするシーンはちょっとコメディ
子供を食している描写とラストに一捻りあれば評価3.0だった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ニホンではなくニッポン

3.5設定がおもしろい

2019年7月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いなしゅん

2.0一番輝くシーンはいずこ

2019年7月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ザ・優等生なホラー映画。
「たまたま身につけたピエロの衣装がとれなくなり、やがて邪悪な存在へと変化する」設定はもちろん、ムダのない展開、丁寧な撮影、説得力のある特殊メイク…。どれもスマートを気取ってるようで、ちっとも怖くない。
なんだ? なにが足りないんだ?

いや、言い出せば足りないところはいくらもある。特に、撮影や編集、美術といった映像テクニックがこなれているだけに、脚本の粗が目立つ。

【以下ネタバレ】

とれなくなったピエロ衣装、たしかに気持ち悪くはあるけれど、ことの真相を知るのが早すぎないか? 「なぜか恐ろしい者になっていく」不気味さをもっと味わいたかった。
「妻が妊娠中」の設定にはなんの意味が? 幸福な生活との落差を出すためなら、もっと早く夫が知ってラブラブ〜なシーンがあってもよかった。それよりも、私はてっきり「子どもならまたできるんだし、一人くらいいいじゃないか」的鬼畜な展開になるかと思った…(ならなくてよかった」。
「食われる子どもは冬の間、一月にひとりずつ(一年間に計5人)」ではなかったの? この設定がゆるく崩壊したあとでは、怪物の正体や行方がどうでもよくなってしまった。

この映画のように「自分ではない者に自分の身体が侵される」系の話では、よく内面で自己と他者の攻防があるものだけど、この映画にはそれがない。そんなはっきりとした構図ではなく、グラデーションのように徐々に自分が変化していくものなのだろう。それはそれで、いじめっ子が標的になる理由もわかる。子どもをいじめたあの子が憎い=父親の気持ち、子どもを食べたい=怪物の気持ち が入り混じった行為なのだ。だとしたら、変わりゆく父親/夫の怖さを、もっとじっくり描いてほしかった。

私がこの映画でもっともグッときたシーンは、靴を突き破るほどに大きくなった足をゴミ袋でぐるぐる巻きにして隠した主人公が、いたたまれない様子でバスに乗るシーンだ。「人間性はまだあるのに身体が勝手に変化していく」切なさが見事に表れていて、こうしたドラマがもう少し深掘りされていたらと思う。
ラスト、完全な怪物になってしまった主人公が元の声や話し方を使って妻を懐柔しようするシーンでは、子どもの「あれはパパじゃない」一声と怪物然として襲いかかる主人公の姿に妻も我を取り戻すわけだけど、実はかすかに残った父親/夫の心が、わざと子どもを襲うフリをして妻にトドメを刺させたのだと思うと(そんなことでは絶対ないのだけれど)たまらない気持ちになる。そんなことならよかったな。

ダラダラと重箱の隅をつつくような不平不満を書き連ねてきたが、結局のところ、これらを吹き飛ばす「凄み」がこの映画には足りないのだ。それはまるで、優等生であるがゆえに自分の一番輝くシーンを見つけられず、苦悩する就職浪人生のようだ。
スッキリと体良くまとまったハナシ。それ以上でも以下でもない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぺむぺる
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る