クラウン

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
クラウン
クラウン
4%
41%
43%
8%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

映画学校の仲間ジョン・ワッツとクリス・フォードがYouTubeに投稿したフェイクのホラー映画予告から生まれた作品。元になったフェイク予告編のクレジットに「キャビン・フィーバー」「ホステル」の監督イーライ・ロスの名前を記載していたところ、それを見たロス本人が映画化を提案。ロス製作により映画化に至った。息子の誕生日にクラウン(道化師)の衣装を着て祝った父ケント。しかし、衣装が脱げずに、やがてその衣装が肌の一部になり始め、自分が変わり始めていることを感じ取る。ケントは子どもたちをむさぼり喰う悪魔クロインにとり憑かれてしまっていた。

2014年製作/100分/R15+/アメリカ
原題:Clown
配給:プレシディオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ミスト
  • マングラー
  • ROOM237
  • この子の七つのお祝いに
  • 世にも怪奇な物語
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • チャイナ・ゲイト
  • ショック集団
  • 裸のキッス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2014 Vertebra Clown Film Inc.

映画レビュー

3.0ピエロこわすぎ

みんさん
2020年5月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

発想が面白い
前から気になってはいた

ケントが家を出た辺りからハラハラ

ピエロの最期の迎え方はどうかと思ったけど
終わり方は良かった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みん

2.5いつの間にか映画始まってた🤡

2020年3月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

ピエロちゃんのヅラや鼻、洋服が脱げない事件。
だけど、ホラーなのよ系。
息子の誕生日をピエロで祝ったお父ちゃん。
だんだん凶悪ピエロになってゆく。
最初の10分大事です。

前半からピエロの逸話などあり楽しめましたが、ネタがネタだけに2時間弱保つのか不安でw

殺人鬼ピエロ🤡母は強し🤱
なんだこの軽快とカントリーなエンドロールはw
丸大ハンバーグが食べたくなる✨(ギリ世代です)

子供の誘き寄せ方はやはりitには勝てないかな。
まだ、発展途上だしなw

だけど、ピエロっていつの頃から子供を襲う怖い存在になったんだろうね💦

いつかエイリアンvsプレデター、フレディvsジェイソン、貞子vs伽耶子の様に、ペニーワイズvsクロインが観たい。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 5 件)
巫女雷男

2.5オチが弱い

2020年3月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

前半は良かったが、後半につれ面白さが失速していった感じ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ライクン

3.0おうち-215

かいりさん
2020年3月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

むちむちポーク!むちむちポーク!むちむちポーク!シャレにならない!

まず映画化となったいきさつと、そしてこの監督がのちに『スパイダーマン』シリーズの監督になるという、アメリカンドリームすぎる件で既に☆加算。
勝手に名前を借りられて、でも気に入っちゃって製作を買って出たのがイーライ・ロスこと変態(誉め言葉)ですからね、あの谷底にズドンと落としてくる感覚(誉め言葉)、いまだに『ルイスと不思議の時計』はファンタジーのふりしたホラーじゃないかと思って観れてないから。

子供のバースデーパーティのために、仕事場で見つけたピエロ衣装に身を包んだら、脱げなくなって、どんどん悪魔へと変貌していくお父さんの話。
んで相変わらず容赦ないのが、子供ばっかり食べる設定。この悪趣味、イーライ色。いや、誉めてます。悪趣味で双璧をなす(?)アリ・アスターより全然方向性つかめるもん。
どんどん食欲を増して我を失っていくお父さんvsお母さんwithピエロの衣装の謎を知るじいさん、という構図。
どういう決着にするのかなーと最後まで飽きずに観れました。

冒頭の「むちむちポーク!」、これ知ってる人います?私知らないんですけど(笑)
歌だけなぜか聞いたことあって、主題歌に合うんじゃないかと思いながら鑑賞してたので、使わせてもらいました。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 5 件)
かいり
すべての映画レビューを見る(全35件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る