脳内ポイズンベリー

劇場公開日:

脳内ポイズンベリー

解説

「失恋ショコラティエ」で知られる漫画家・水城せとなの同名コミックをもとに、年下男性に翻弄されるアラサー女性の苦悩を、彼女の脳内にある5つの思考を擬人化して描いたラブコメディ。携帯小説の作家として生計を立てている櫻井いちこは、飲み会で出会って以来気になっていた青年・早乙女と偶然にも再会を果たす。彼女の頭の中では、「理性」「ポジティブ」「ネガティブ」「衝動」「記憶」という5つの思考がせめぎあい、声を掛けるか否かで会議を繰り広げはじめる。その結果、早乙女を食事に誘ったいちこは彼の部屋にまで押しかけて肉体関係を結び、やがて2人は付きあうことになるが……。真木よう子が優柔不断な主人恋いちこを演じるほか、脳内メンバーにも西島秀俊、神木隆之介ら人気俳優がそろう。監督は「キサラギ」「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。

2015年製作/121分/G/日本
配給:東宝
劇場公開日:2015年5月9日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)水城せとな/集英社 (C)2015フジテレビジョン 集英社 東宝

映画レビュー

5.0考える葦 爆裂。 ドーパミン& 幸せホルモン 逆噴射。

2024年4月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

きりんのオススメ、
4つの部屋が、マジ笑わせます。

「リアル生活」のシーンと、
敢えて、わざとチープな大道具の舞台劇にすることでコントラストを付けた「脳内で引き起こっている舞台裏世界」の交錯なのですよ。

日頃、あーしようか、こーしようかと思い悩む我々のオツム。
そんな頭の中を
こんなふうに可視化してくれる原作者=水城せとなサンと映画人達って、ちと頭良すぎじゃないかと。
脳と精神の専門家中野信子さんやら養老孟司さんやら、この映画はご覧になったんでしょうかね?

僕のお気に入り お笑い映画Top3は
「シコふんじゃった」、
「クール・ランニング」、
そして実はこの
「脳内ポイズンベリー」なのです。
セロトニン枯渇時の、お笑いのサプリメント効用です。

真木よう子は ボケ役が◎ですね。
やさ男の早乙女クンは、うちの次男坊に性格も容貌も瓜二つなので、大急ぎで本人に知らせたこの映画でした。

[おまけ]
で、いきなり話は飛びますが、
あのスペースシャトル号。
あの科学の粋を極めた宇宙船には「コンピューターが3台」積んであることをご存じですか?
強大なコンピューターに翼とエンジンを取り付けて、そいつを空に飛ばしているのがスペースシャトルです。

その世界最高峰、頭脳明晰なスペースシャトルは、絶体絶命の宇宙空間で3機のコンピューターを使っているのです。
三重連結で完璧を喫しているのだろうって? それは違うんですね。

「決めかねている時」に、また
「ここを外してはお終いだ」という決定的な判断をする時に
あろうことか3台のコンピューターは悩んで迷って「多数決のじゃんけん」をするのです。
場違いです。前時代的です。
まったくアナログな「多い者勝ち」の多数決をスペースシャトルはやっているのです。
2:2では合議にならない。
だから3台の電子頭脳で、2:1 で、揺らぎの中、決断をさせる。
「たぶんこちらが正解だろう」といういい加減さが、あの宇宙船を飛ばしているのです。
それほどまでに「悩んで決める」という行為は、我々人類にとって永遠の、
そして必須の難儀ってこと。

示唆深い話ですよね・・
だからね、僕らがこのちっぽけな脳味噌で、日々、人生、右往左往していることは、恥じることじゃないんだ、
って思うんですよ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
きりん

4.0ラブコメ。面白かった。

2023年6月1日
スマートフォンから投稿

笑える

ラブコメ。面白かった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ぬおーん

3.0恋愛の脳内でのあるあるですね。わかるなぁと思うこともあったり。 が...

2022年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

恋愛の脳内でのあるあるですね。わかるなぁと思うこともあったり。
がちゃがちゃの脳内会議。
神木隆之介と吉田羊のやり取りがおもしろかった。
どう見ても子供の早乙女には魅力はわきませんでしたが(笑)
ほんと自分を好きになることは大切。
そんな自分と自分の大切な人と一緒にいる時間が幸せなんだなぁと思う。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よっしー

5.0真木よう子の代表作

2022年6月5日
スマートフォンから投稿

泣ける

笑える

楽しい

2度目の鑑賞

2015年の作品

原作未読
原作は『窮鼠はチーズの夢を見る』の水城せとな
監督は『シムソンズ』『キサラギ』『ストロベリーナイト』『累』『名も無き世界のエンドロール』の佐藤祐市
脚本は『重力ピエロ』『東京島』『プリンセス トヨトミ』『本能寺ホテル』『さんかく窓の外側は夜』の相沢友子

真木よう子の代表作
真木よう子が一番可愛いのはこの作品
真木よう子って無名塾だけあってやっぱり上手いなあ

コメディー
『私をくいとめて』は1人だけだったけどこっちは約5人
いちこの脳内会議のやり取りが最高に面白い

会議が紛糾すると黒いレザーの真木よう子が登場する
あんな感じで『SP野望編』でもエキストラを鼓舞したのだろうか

桜田ひよりがやけに子供っぽいが当時13歳くらい
今のような目ぢからは活用せず当時は普通に可愛い
この子が実写でまさかチビ太をやることになるとは

赤のニット帽を気にしたのか帽子を変えたがグレーなニット帽とニット帽そのものはやめない拘りが面白い
早乙女を諦め仕事に打ち込むことを決心すると赤いニット帽に戻すところも好き
どうやら精神状態で赤にしたりグレーにしたりしているようだ

彼氏と別れは1人歩く姿がカッコ良い

ラストも良い

赤いニット帽を被っている30歳独身女性で小説家の櫻井いちこに真木よう子
いちこの脳内会議の議長を務める吉田に西島秀俊
いちこの脳内会議のメンバーでポジティブな石橋に神木隆之介
いちこの脳内会議のメンバーでネガティブな池田に吉田羊
いちこの脳内会議のメンバーで嬉しいと翼が現れ宙を飛ぶ子供っぽいトキメキ担当のハトコに桜田ひより
いちこの脳内会議のメンバーで記録係の岸さんに浅野和之
いちこの年下(23歳)の彼氏・早乙女亮一 に古川雄輝
早乙女の友人でいちこの担当編集者に越智宏彦に成河
早乙女の元カノかずみに岡本玲
いちこの友人・川上礼子に野波麻帆
川上玲子の夫に山中崇
いちこの新しい担当編集者にカンニング竹山
ロンドン帰りのデザイナー山崎みほこにともさかりえ
妊娠させた浮気相手と結婚することを決めたいちこの元婚約者に竹財輝之助

コメントする (0件)
共感した! 0件)
野川新栄