ストレイヤーズ・クロニクル

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ストレイヤーズ・クロニクル
6%
20%
41%
23%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

極秘実験で特殊能力を与えられた若者たちが繰り広げる戦いを描いた本多孝好の同名ベストセラー小説を、岡田将生、染谷将太、成海璃子ら若手実力派キャスト共演で実写映画化したSFアクション。「桐島、部活やめるってよ」で日本アカデミー優秀脚本賞を受賞した喜安浩平が脚色を手がけ、「ヘヴンズ ストーリー」「アントキノイノチ」の瀬々敬久監督がメガホンをとった。1990年代の日本で、生まれてくる子どもに突然変異を促して人間の能力を極限まで発達させる実験と、遺伝子操作で動物や昆虫の能力を持つ子どもたちを生みだす実験が秘密裏に行なわれた。20年後、実験により視覚や筋力をそれぞれ異常発達させられた昴らは、特殊能力の代償として精神崩壊の危機におびやかされながら、その解消の鍵を握る外務副大臣・渡瀬から裏の仕事を請けおっていた。ある日、渡瀬を狙う謎の殺人集団アゲハが現われるが、彼らの正体もまた、20年前の実験で生みだされた特殊能力者たちだった。

2015年製作/126分/G/日本
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)本多孝好/集英社 (C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会

映画レビュー

2.0俳優陣は豪華。中身はイマイチ

keita Nさん
2019年10月2日
iPhoneアプリから投稿

俳優陣は豪華。中身はイマイチ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
keita N

1.5「X-MEN」をやりたかったのか?

2019年8月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

多分原作漫画なんだよね。このコンセプトは好きですね。
でも好きになったのはコンセプトだけだな。
ストーリーは色々と補完しないと分かりにくいけど、
補完する材料もないので、訳の分からない話でしかなかったなあ。
きっと原作は面白いんだろうな。
所詮は映画の枠に収めるには無理があったと思う。
風呂敷はすごい立派なのに、
中身観たら「え、これだけ?ていうか何これ?」という典型。

投げっぱなしなネタも多く、
(里親・能力・施設・石橋のあっさり感・豊原のペンダントetc)
演出も浅く、無駄に長いシーンも多い。
演者の個性では染谷が圧倒的で、
主演岡田(殴り合っても顔きれい)も、
マッドな伊原(役人?政治家?研究者?)も薄い。

最後に、この中身無い映画にあの濃い主題歌は邪魔。

映画は見なくてもいいけど原作は気になる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
クリストフ

1.0明日にはこの映画の内容を忘れ去る特殊能力を持ってます!

kossyさん
2019年3月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 まるでX-MENのような若者たちのグループ。生まれてからストレスを強いられ、能力を鍛えるみたいな、よくわかんない訓練で特殊能力を身につけました。ちょっと先の未来が見える昴(岡田将生)をリーダーとしたグループには、009のフランソワみたいな聴力少女の成海璃子や、瞬間移動したりする男の子や記憶力抜群の子がいたりします。一方の相対する“アゲハ”というグループは、彼らとは違い遺伝子レベルの実験で生まれた子たち。瞬間移動もいるし、ウルヴァリンみたいな子もいるし、死んだらウィルスを拡散してしまう染谷将太もいます。また、歯科矯正器具から弾丸を発射する松岡茉優や、キスしたら相手が死んでしまうという女の子やよくわかんない子がいます。

 結局は大人たちに利用され、最終的には染谷狙いで、一回人類の8割を殺してしまえ的な世紀末思想さえ感じられる・・・まぁ、これはいいとして。瞬間移動vs予知能力はどっちが強いんだろう?と考えさせられつつも、岡田君の体力が弱いという設定によってごまかしている点。やっぱりX-MENのような大河ドラマの壮大なストーリーには負ける、ちょっと貧弱なイメージも残ります。

 もっとも愕然としたのはシンポジウムに現れた爆弾テロの男が意味を持たなかったことでしょう。彼の訴えてることは反原発であり、今すぐ廃炉にしないと爆破するとか、テーマはいいにしても、テロを起こす動機にはならない。小泉元首相がテロリストになったようなもん。普通に反原発の団体に入ってくれと言いたくなる。音楽もゲスを使ってるし、考え方がゲスなんでしょうね・・・

 生殖機能を持たない彼ら。そんな中で黒島結菜だけが生殖機能を持ってるとか。だからって、未来を託すとかいうレベルじゃない。どんな特殊能力も持ってないようにもみえるし、単に普通なだけ・・・死なないだけ。すぐに忘れることができそうです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

2.0支離滅裂

だいさん
2018年5月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

難しい

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
だい
すべての映画レビューを見る(全93件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ストレイヤーズ・クロニクル」以外にこんな作品をCheck-inしています。