ポイントブランク 標的にされた男

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ポイントブランク 標的にされた男
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ハリウッドでのリメイク企画も進行しているフレッド・カバイエ監督のフレンチノワール「この愛のために撃て」(2010)を、韓国でリメイク。殺人事件の容疑者に仕立て上げられた元傭兵と、誘拐された妻を助けようとする医師、2人を追う刑事や正体不明の犯罪組織が入り乱れ、駆け引きを繰り広げるノンストップサスペンスアクション。ある夜、殺人事件の現場に居合わせた元傭兵ヨフンは、何者かに狙撃され、病院に運び込まれる。ヨフンを診た医師テジュンは妻を誘拐され、「妻を助けたければヨフンを連れ出せ」という脅迫電話を受ける。状況も理解できないまま、指示通りヨフンを病院から連れ出したテジュンは、ヨフンとともに警察にも追われる身になってしまう。監督は韓国でヒットした学園ホラー「ブラッディ・ミッション」のチャン。

2014年製作/102分/韓国
原題:The Target
配給:CJ Entertainment Japan

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

映画レビュー

3.0この韓流漢気に撃たれろ

近大さん
2019年6月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

2010年のフレンチ・ノワール『この愛のために撃て』を韓国でリメイク。オリジナルは未見。

最初はなかなか入り込めなかった。
病院に搬送された重傷の男。
若い医者に女刑事。
ほとんど状況説明的な描写も無く、各々入り乱れ、誰が主軸なのか。
しかし、次第に設定や展開が分かってきた。
つまり、

男は、元傭兵。ある事件に巻き込まれ、重傷を負っただけではなく、殺人の容疑を掛けられた。
その男を診たばかりに、医者もまた事件に巻き込まれる。何者かに妻を拉致され、男を病院から連れ出さねば妻を殺すと脅され、従う。
その二人を、敏腕女刑事が追う。班長も部下も男勝りな美人!
そこに、医者の妻を拉致したある人物、元凶であるまさかの犯罪集団の正体…!

傭兵と弟分、医者と妻、女刑事の執念…各々、守りたい/譲れないものがある。
ハードでスリリングなサスペンスにバイオレンス、もはやこの手のジャンルお馴染みの悪徳○○。
思惑や駆け引きが複雑に絡み、ちとすんなり楽しめるとは言い難いが、
フレンチ・ノワールをド定番な韓国サスペンスに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

2.0キムソンリョン

ssspkkさん
2015年8月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

女刑事の設定が面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ssspkk

5.0身重の妻を持つ医師テジュンのもとに交通事故で重傷となった男ヨフンが...

よねさん
2015年8月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よね

4.5真実に真っ向勝負。無駄の一切ない本格サスペンス・アクション。

2014年11月20日
PCから投稿

悲しい

怖い

興奮

【賛否両論チェック】
賛:最後まで息をつかせぬ展開の連続で、中だるみすることなく観られる。終わり方も日本人好みか。
否:傷口のシーンや惨殺シーンなど、グロシーンが結構あり。

 「ぜい肉が一切ない」とは、こういうストーリーを言うのでしょうか。余計なシーンがなく、最初から最後まで緊張感のあるシーンの連続なので、中だるみすることなく観られます。最初は当然敵対していたヨフンとテジュンが、次第にお互いの状況に心を開き、最後には共闘していく様が見事です。途中で明かされる意外な真実や、その真実に真っ向から勝負を仕掛ける主人公達に、思わず感情移入してしまいます。
 グロいシーンが結構多いのが難点ではありますが、サスペンス好き・アクション好きには満足出来る作品かと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画コーディネーター・門倉カド
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ポイントブランク 標的にされた男」以外にこんな作品をCheck-inしています。