セッションのレビュー・感想・評価

メニュー

セッション

劇場公開日 2015年4月17日
670件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

狂気の師弟関係 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

すごい映画だ。

何がすごいって、J・K・シモンズ演じるフレッチャーという鬼教官。

私は、蜷川さんの舞台演出風景を見た事がないが、よく、灰皿が飛んでくるというくらい激しい指導があったと聞くが、多分、この鬼教官みたいな感じだったのでは?

蜷川さんは、かなりのスパルタではあったけど、尊敬され、罵倒されてもいいから蜷川さんの舞台に出たい!と多くの一流の役者の人たちから切望されていたと聞く。

しかし、この鬼教官は、主人公マイルズ・テラー演じるニーマンを罵倒するどころの騒ぎじゃない。精神的にも追い詰めて、なおかつ、自分の意にそわないと音楽家としての彼の将来を抹殺しようとまでする。

指導という名のパワハラ、恫喝、暴力。

彼の狂気は、自分の指導を認めさせたいという激しい承認欲求と自己愛なのか。そこに教え子に対しての愛情は微塵も感じられない。

でも、なのである。

彼の音楽に対する美意識は半端じゃない。

一瞬にして聞き分ける音のずれ、リズムの微妙な間合い、すべてが完璧なものでなければ許せない激しいまでのこだわりを持っているのだ。

はっきり言って、人としてはこういう指導者とは関わり合いたくない。関わりたくないけど、これだけの美意識を持って罵倒してまで「ここが違う」と言ってくれる人と出会えるか、出会えないかで人生変わることもある。

彼が言った一言。

「俺は、グッジョブ!(Good Job!)という言葉が一番嫌いなんだ!」

そうなのだ。それほど良くもないのにちょっと出来たくらいで褒められて、それで出来た気になるとしたら、一流にはなれないのだ。

普通の人は、自分に甘い。私もその一人。

ほめられて伸びるんです。そう、確かにほめられることは嬉しいし、もっと頑張ろうという気持ちになる。

でも、それだけじゃ超えられない壁があるのだ。

怒鳴り散らされても、殺したいくらい憎らしくても、中途半端なことで、「良かったよ」って言われるくらいなら、「お前はそこが出来ないから、ただの凡人なんだよ!」って、言ってくれる人と出会えるかどうか。

実は、その出会いに気づくかどうかが、人生を変えるのだ。

多分誰しもが出会っていると思う。絶対に自分の美意識を譲らない人、めんどくさい人、なんでそんなところにこだわるんだよと思う人。

そんな人は遠ざけたいけど、そのこだわりを持った人、厳しい言葉を容赦無く浴びせ続ける人が自分を変えてくれることもあるのだ。

主人公のニーマンは、ラスト9分で自分の運命を変えた。

最後は自分の力を信じて、まわりからの評価も恐れずにぶつかっていったのだ。

その捨て身の強さは、潔かった。

まお
まおさん / 2019年5月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この作品を観てから、JKシモンズの出演のどの作品を観ても、鬼ドラマー教師としてしか見れなくなってしまった。

デイミアン・チャゼルの出世作&傑作。マイルズ・テラーはともかく、JKシモンズの印象を良いにつけ、悪いにつけ定着させてしまった作品。それ程のシモンズの熱演であった。圧倒された。

NOBU
NOBUさん / 2019年5月16日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

殺意さえ芽生えるシモンズのスパルタ鬼教師ぶりに舌を巻く。 ドラマー...

殺意さえ芽生えるシモンズのスパルタ鬼教師ぶりに舌を巻く。
ドラマーを演じたマイルズ・テラーもどこか狂気。
鑑賞日:2015.1.25

miharyi
miharyiさん / 2019年5月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

血と汗と涙と狂気の物語

映像と音が最高に心地良い。特に映像にはしびれた。アングル、光と影、ライティング、カット、色、質感、どれも👍 また、久々に時間を忘れるくらい緊張感のある映画に出逢った。映画館で観たかった!

kimi
kimiさん / 2019年5月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ものすごく体力を削られる映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

とてつもない狂気。アンドリューが怖い。
小さいころはただ純粋にドラムが好きだったアンドリューが、音楽学校で狂気におぼれていく様にただただ引き込まれました。
何かのメッセージ性や主題がある映画とは思えず、逆に最大級のエンターテインメントかもと思ったり。
うだつの上がらない、友人も少ない若者が、校内でも有名な教授に気に入られ、様々なものを犠牲にしながら、音楽に没入していくわけじゃないですか。
この映画、印象に残っているのがほぼアンドリューとフレッチャーで、あとちょっとお父さんくらい。
展開するシーンがかなり限定されている分、ほかに意識が飛ぶことなく、ただアンドリューとフレッチャーに集中できました。
唯一、ラストのフレッチャーの仕打ちにアンドリューが奮起し、逆襲に転じるところだけ“ホッと”しました。
その前は、もう良いことがあっても絶対落ちるってわかる雰囲気してるから安心できないし、逆に心が痛むこと痛むこと・・・
説教くさいわけでも、感動のストーリーでもない、でもこんなに引き込まれるストーリー。個人的にはかなりエンターテインメント性の高い作品です。
ただ鑑賞にはかなり体力を使うので心して観ないとだな、と思いました。

ジュン
ジュンさん / 2019年4月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画というより「現象」

リバイバル上映として映画館で鑑賞。
スクリーンで一度観ておきたいとは思っていたが、もし観なかったら一生後悔してたと思う。テレビで観た時も凄い作品だと思ったが、スクリーンではもはや映画というより「現象」を観せられているように感じた。

主演の2人の狂気、演奏の気迫、実際の血を使った血の滲む特訓、それを経た者にしか分からない心情。演技でやってるということをまず疑う。観てるこちらが終始心臓バクバクだった。そしてラストのどんでん返しすら覆す、狂気の果ての同調。余韻と衝撃を鎮めるにはエンドロールだけでは足りなすぎた。

こんな感覚を覚えさせる映画とまた出会えるかは今は正直想像できない。紛れも無い傑作だ。

liamlukemason
liamlukemasonさん / 2019年3月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一瞬でのめり込んでしまった

ここまで感情を揺さぶる映画はほぼない。
自称音楽通の意見を参考にしないことをオススメします。
最高の〈映画〉です

ICO
ICOさん / 2019年3月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ディモールトベネ

序盤は熱血根性スパルタものの中でも、割とハードな方なのかと。タイミングをビンタで覚えさせたり、この楽団にいることに意味がある風潮等、厳格なしきたりは感じた。
その上で中盤の大きな事故。をしたにも関わらず、コンサートに向かわなければならない。とにかくしなければならないという主人公の迷わぬ一直線の想い。血だらけでピックも持てないのに、気持ちだけで文字通り死ぬ気の展開が熱かった。
そして、そのまま師匠を殺そうとする覇気。
ラストシーンの密告者と告げられてからの裏切りにつく裏切り。からのセッション。
これは意味を考えるより、感じる映画だった。

DK
DKさん / 2019年3月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

息苦しさ、ハンパない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

パワハラで精神疾患わずらってしまった人は絶対に観ない方がよいと思う。たぶん症状強く出ちゃう。
そのくらい、“圧”がすごい。あーやだやだ。笑

good jobって言っちゃダメな世界にわたしは生きられん!!と強く思ったけど、そういう人達がいるから、わたしたちは芸術や音楽、映画から心が震えるような体験を得られるのかなぁ。
ありがたいなぁ。笑

やられっぱなしで、ぼこぼこに打ちのめされて、本当に最悪な出会いだったけど、そいつをドラムでぼこぼこに打ちのめして(=興奮させて夢中にさせて)カタルシスを得て、人生でのベストプレイをひりだした。
そしてたぶん「good job」って言われて、笑って、だからこいつはもうこれで良いんじゃないかと。

このあと成功しようがどうなろうがどっちでもいいや。こいつら嫌いだし。笑

作りがシンプルで、余計な装飾がなく映画としてはとても観やすいのと、キャラのアクが強いから、最初から最後まで引き込まれる。

お金かけてるかけてないは、映画の面白さにまるで関係ないな。

posa
posaさん / 2019年3月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

👍 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

息が出来ないほどの緊張感と端的な会話の応酬はある種のドキュメントやスリラー映画を鑑賞している錯覚に陥らせる
そしてラストのセッションのカタルシス、全てはこのためにあると言っても過言ではない
音楽という芸術の中にある狂気を巧妙に切り取った良作

みそか代理
みそか代理さん / 2019年3月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

作品としては凄いとおもうけど、もう一度観たくはない

オススメ作品として出ていたので観てみましたが、
とんでもなく体力というか精神力を削られる作品でした。

人間は他人に認められるためにそんなに必死にならなきゃいけないのかなぁとか
そこまで頑張ってるのに認められなくて可愛そうとか
ほかのことがあまりにも何も見えてなくて馬鹿馬鹿しいとか

決して爽快感はないし、持ち上げて落として、観ていてつらいけど
観客の心をそれだけ揺さぶれるのは凄い作品だということなのだろうなと感じました。

アボカド夏子
アボカド夏子さん / 2019年3月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

超極上「火曜サスペンス劇場」

酷評もあるのでこれだけは言っておくと「音楽映画」でも「成長物語」でもない。

ラストがスゴイ!!!!!
これ以上はお口にチャック。久しぶりに興奮しました。

ユキヒメ
ユキヒメさん / 2019年2月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結果何が言いたいのか

最終的にこの映画を通じて何を発信したかったんだろう。
まぁ演奏シーンはリアリティがあったり、実際のリハーサルの空気感も出てたので、音楽家の人たちには共感するところもありながら、映画という作品として考えた時に結論がよくわかんない。

Yui
Yuiさん / 2019年2月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良い。

ネタがレアで良い。エピソード的には別に大したことはないと思うが、配役が絶妙で作者・監督が伝えたいことが良く伝わってくる。

Zipangu Gen
Zipangu Genさん / 2019年2月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゴールを追求するために、人はどのくらいの代償を払うのか

最高

momiage
momiageさん / 2019年2月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

感動系以外で初めて泣いた。 ラストシーンすごい

感動系以外で初めて泣いた。
ラストシーンすごい

tosutogugu17
tosutogugu17さん / 2019年2月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

宣伝文句に偽りなし、映画史上に残る傑作

感涙が流れました
激しいデジャヴ感にも
もちろんこんな映画は他には有りません
ジャズは好きで有名どころのアルバムをたまに聴く程度です
楽器は何一つ弾いたこともありません
それでもデジャヴ感に襲われました

誰しもこのような世界を少しは経験したことが有るのではないでしょうか?
厳しい指導や、並外れた高い仕事の要求レベルに次第に視野狭窄に陥るほど追い詰められたことは?
そんな経験は誰にも大なり小なりあるのではないでしょうか?

更なる高い所に行くためにニコルと別れ話を切り出すシーンは胸を切り裂かれます
本当に仕事ややりたいことをなんとしても勝ち取り生き残るギリギリのところでもがいているその時には、あの様な今にして思えば馬鹿げた考えが最善の方法だとしか考えられなくなるのです

そして指導する側の立場にいつしか自分がなったとき、フレッチャーのミニ版のようなことをしていなかったかとも

怒るのはエネルギーがいる
熱意がなければ絶対に不可能なのです
フレッチャーほどの指導をしようするならば、自分自身の方が音を上げてしまうと思います

けれでも仕事を高いレベルでやり遂げるため
そして教える相手にそれができると期待できるレベルにあると見込んでいるからこそです
無理だと思っていたならはじめから要求もしない
できるはずだと思っているからこそです

昨今流行りのパワハラ問題がここにあります
度を過ぎては絶妙にだめです
しかし、それでチャリーパーカーが生まれるのか?のフレッチャーの言葉もまた正しいのです

この程度でいいや、上出来さ
最も危険な二つの単語グッドジョブ
カフェで売られているジャズのCDのようなもので満足するのか
この言葉は胸にささります

終盤9分のシーンは宣伝文句の通り、伝説となり永遠に映画史上に残って語り継がれるシーンです

本当に高いレベルを目指すひとは、高いレベルの熱意、指導するエネルギーとの戦い
それに勝たなければなりません

そうでなければ、父親の胸に抱かれて泣いて惨めに去るだけです
それは死ぬまでの屈辱でしかありません

とはいえトップ集団に立てるのは一握り
どう努力しても無理なものは無理なこともあります

自分なりのやりつくしたという納得感
これ以上は無理という限界を知らなければ、破滅するしかありません
それは自分にも、指導する側に取っても不幸です

働き方改革も叫ばれる時代です
これくらいでいいや
そんなことも必要です
割り切りって使用目的に必要十分であれば、カフェで売っているジャズのCDで良いのです

しかしトップ集団を目指すのだ
自分にはその実力がある、最高の指導を受ける資格があると自負するならば、自己の熱量と指導する熱量のエネルギーの戦いに勝たなければならないのです
お互いの熱量が等しいと認めたとき、アンドリューとフレッチャーの様に初めて本当の会話を音楽を通してできたような世界があるのでしょう
なあなあの関係ではそんな世界は何年年月をかけても決して来ないと思います

それこそが芸術ならば感動であり、実業の世界であればこれがイノベーションが起こる瞬間なのだとおもいます

フレッチャーのコンサートでの仕返し
あれは仕返しではないと思いたい
アンドリューが一皮剥けるか、突き抜けることが出来るか、最後の賭けだったのだと信じたい
あの笑顔は目指していた芸術が達成され、ひながバードとなり巣から飛び立った歓びの笑顔であると
そしてアンドリューの笑顔もフレッチャーに認められた歓びではなく、自分の翼で飛べた!バードになったのだという自己実現の歓喜の笑顔であると

素晴らしい作品に出会った幸せを噛みしめています

あき240
あき240さん / 2019年1月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

表現者の黒い部分

この映画がすごい好き!とよく色んな方から聞いたのでどんなものかと鑑賞してみたら、とてつもないパワーをぶつけられた。という印象でした。

ニーマンとフレッチャーは似た者同士のエゴイストで、影を持った部分がどんどん肥大化していくさまは嫌悪感でしかない。ここをおもしろいと思えるかどうかなのですが、ちょっとしんどかった。怒鳴り散らすシーンが多いと、普通に疲れる。

なにかを極めたくて、もしそのまま何があっても諦めずに頑張りつづけたらどうなるかな、と考えていたときに観たので、ニーマンの狂気にざわざわ。
良い意味でも、すごい疲労感です。

mnb93
mnb93さん / 2019年1月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

終わり方が……

途中までは良かったが、最後はあまり納得いかず。
感情移入ができませんでした。

ルノ
ルノさん / 2018年12月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

天才の生まれる 土壌

疲れる映画だったが、ラストは ニーマンがゾーンに入った瞬間で 終わる
天才に近づいただろうか?
父親は その瞬間を目撃でき、幸せである
音楽家などの パフォーマンスに その芸術性が求められるタイプが、疲弊してしまうのも よく理解できた
技術と感性と、神経戦みたいな処がある
煽る、フレッチャー!

ニーマンは バランスの悪い人間である
だからこそ、天才を追い求め 天才になれるかもしれない
恵まれた土壌からは、あんまり 天才は生まれない
神が 幸福な人間ばかりに、恩恵を与えないのが わかる (調和と満足、って駄目なのね)

人間的にみれば 悪魔のようなフレッチャーも、音楽の神からみれば 忠実なしもべなのかもしれない

フレッチャー(J・K・シモンズ)、怪演である
ジャズのパフォーマンスの 緊迫感がよく伝わったし、過去の天才達の 案外、不幸な人生を
想ったりした

jarinkochie
jarinkochieさん / 2018年12月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

670件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報