予告犯

劇場公開日:

解説

高度情報化社会におけるテロリズムを描いた筒井哲也の同名コミックを、生田斗真&戸田恵梨香共演で実写映画化したクライムサスペンス。「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋監督がメガホンをとった。ある日、動画サイトに新聞紙製の頭巾で顔を隠した謎の男が現われ、集団食中毒を起こした挙句に開き直った食品加工会社に火を放つと予告する。警視庁サイバー犯罪対策課のキャリア捜査官・吉野絵里香は、その謎に包まれた予告犯「シンブンシ」の捜査を開始。シンブンシが単独犯ではなく複数犯であることを見抜く。やがて予告通り、食品加工会社の工場が放火される事件が発生。その後もシンブンシは、警察や法律で罰することのできない犯罪者たちへの制裁を次々と予告しては実行に移す。ついには政治家の殺人予告にまで至り、シンブンシの存在は社会現象を巻きおこしていく。共演に「HK 変態仮面」の鈴木亮平、「偉大なる、しゅららぼん」の濱田岳。

2015年製作/119分/G/日本
配給:東宝
劇場公開日:2015年6月6日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2015映画「予告犯」製作委員会 (C)筒井哲也/集英社

映画レビュー

4.0出来過ぎ感もあるが、シンプルで楽しい。

2024年1月1日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
プライア

4.5マンガから映画化された数少ない成功例

2023年12月26日
PCから投稿

泣ける

悲しい

興奮

伏線がしっかりしていて作者の熱意を感じる。

就職・正社員と派遣の扱いの差・社会の闇

就職氷河期を経験した自分には
とにかく刺さる作品だった。

その合間に見せる
人の優しさ・温かさ・気遣い・友情・絆
「ヒトも捨てたもんじゃないな」と思わせる描写や
見せ方がしっかり練られていて とにかく上手い。

ストーリーの吸引力が半端なく、テンポが良い。
最後の15分は、とにかく引き込まれる。
終わり方がどうなってしまうのか気になって仕方ない。

見た後も数か月後、数年後にまた見たくなる。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
no name

5.0人生は綺麗事ではない

2023年11月27日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

興奮

とても考えさせられるし、当たり前なんて無いんだと改めて感じました。一人一人が一生懸命生きていて、綺麗事では済まされないと感じました。きっと沢山の人がこの作品に色んな考えを持つんだろうと思いますが、私には今ある幸せを見つめ直すキッカケになったし、自分の基準は何に基づいて支えられて成り立っているのか、それを押し付けてはいないか、と考えました。また、SNSが普及している今だからこそ、先には何がいるのか、考え続けなければこの馬鹿げた世界は変わらない、と。素晴らしい作品です。意見を言うだけではなく動ける人になってやります。出会えてよかった、。ありがとう。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
こここ

1.0なんだこれ

2023年11月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

よくもまぁこんなとっ散らかった構成に…
どれもこれも中途半端でダラダラと、、回想やネタバレもクソテンポ悪いし、全く感情移入出来ない。

警察ってネカフェの入り口でデカい声で宣言するもんかね?ブース番号まで分かってるならそこまで先行けよ。
その後のマラソンもマジで何がしたいのか分からん。息切れしながらのダラダラとチェイス…無駄に尺使いすぎ。

小松菜奈は可愛い。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ぺぺ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る