王妃の館

劇場公開日

  • 予告編を見る
王妃の館
王妃の館
10%
14%
38%
19%
19%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

水谷豊が主演を務め、人気作家・浅田次郎の同名小説を映画化。倒産寸前の旅行会社が、ホテルの1つの部屋を2組に同時提供するというツアーの二重売りで窮地を脱しようと企み、そうとは知らずにツアーに参加した2組の旅行者たちが織りなす人間模様を、「探偵はBARにいる」で知られる橋本一監督のメガホンと、個性豊かなキャストたちのアンサンブルで描く。売れっ子作家の北白川右京は新作小説の執筆のため、日本語で「王妃の館」を意味するパリの超一流ホテル「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ」に宿泊できるという豪華ツアーに参加。パリの街にインスピレーションを受けた右京の筆は順調に進んでいくが……。

2015年製作/123分/G/日本
配給:東映

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)浅田次郎/集英社 (C)2015「王妃の館」製作委員会

映画レビュー

3.0悪くはない

TRINITYさん
2020年12月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

公開当時ははずす感満載だったので観に行かなかった「王妃の館」

WOWOWで放送してたので見ちゃいました

部屋の掃除をしながら流し観をしてましたけど思ったより良かったです

がしかし、映画館でお金を払って観てたら腹がたったかもしれません

中村倫也の女装が観れたので十分満足ですが、やはりテルマエ・ロマエのようにフランス人役は彫りの深い顔立ちの方で揃えてもよかったのでは?

浅田次郎大好きですが、やはり映像化は難しい作品でしたね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
TRINITY

2.0同じ右京でもこちらは・・・

kossyさん
2020年7月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 海外の観光映画というのはほとんどが失敗作になる現実。この映画も例外ではない。その前に浅田次郎の原作すらつまらないものだと感じてしまうほどだった。計画的なダブルブッキングという発想は面白いのですが・・・

 2017年にはてるみくらぶ破産など世間を騒がせた旅行会社。格安のツアーというものには裏があるもの。この王妃の館もそんな旅行会社の闇の部分をもっと強く打ち出せば良かったのにとも思う。今年はコロナ禍でさらに深刻な状況になりそうですが、豪華なツアーなんて一生のうち何度も行けるものじゃないので、高くなってもいいから真剣に取り組んでもらいたいものです。

 コミカルなところはもっとリズム感を出してほしいし、メリハリが足りなかったのでしょうか。プチルイの話が結局はメインとなってしまい、ダブルブッキングの話がどうでもよくなってくる。まぁ、ほとんどベルサイユ宮殿を楽しむだけの映画になってしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

2.0パリ観光

2020年7月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

赤字の旅行代理店が起死回生の策として、パリの有名ホテル、別名「王妃の館」に泊まるツアーをダブルブッキングで実行する。
昼グループと夜グループで同じ部屋を使おうというものだが、そんなことが上手くいくはずはなく、てんやわんやとなる。
ドタバタギャグがスベリ気味なのが残念。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

1.0駄作

2018年8月29日
iPhoneアプリから投稿

橋本監督はとても偉大な方であり、水谷さんも当然のことながら今のテレビ界には大変貢献してこられている。故に残念。残念の言葉しか出ない。もっとできたでしょ、脚本。浅田次郎さんの素晴らしい原作があるんだから。これでは原作すらもつまらないものだと誤解を生む。売れなくて当然の駄作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆたぼん
すべての映画レビューを見る(全48件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「王妃の館」以外にこんな作品をCheck-inしています。