紙の月

ALLTIME BEST

劇場公開日

紙の月
11%
51%
32%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「八日目の蝉」や直木賞受賞作「対岸の彼女」など多数の作品で人気を誇る作家・角田光代のベストセラーで、テレビドラマ化もされた「紙の月」を、「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督が映画化。宮沢りえが7年ぶりに映画主演を務め、年下の恋人のため顧客の金を横領してしまう銀行員の女性を演じた。バブル崩壊直後の1994年。夫と2人で暮らす主婦・梅澤梨花は、銀行の契約社員として外回りの仕事に従事し、その丁寧な仕事ぶりで周囲にも評価されていた。一見すると何不自由ない生活を送っているように見えた梨花だが、自分への関心が薄い夫との関係にむなしさを感じていた。そんなある日、年下の大学生・光太と出会った梨花は、光太と過ごすうちに顧客の預金に手をつけてしまう。最初は1万円を借りただけのつもりだったが、次第にその行為はエスカレートしていき……。2014年・第27回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品され、最優秀女優賞と観客賞を受賞。第38回日本アカデミー賞でも最優秀女優賞を受賞した。

2014年製作/126分/PG12/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
角田光代
脚本
早船歌江子
製作総指揮
大角正
製作代表
秋元一孝
水口昌彦
加太孝明
宮田昌紀
山本浩
宮田謙一
矢内廣
高橋誠
エグゼクティブプロデューサー
高橋敏弘
安藤親広
プロデューサー
池田史嗣
石田聡子
明石直弓
ラインプロデューサー
原田耕治
撮影
シグママコト
照明
西尾慶太
録音
加来昭彦
整音
矢野正人
美術
安宅紀史
衣装
小川久美子
装飾
山本直輝
編集
佐藤崇
音楽プロデューサー
緑川徹
音楽
little moa
小野雄紀
山口龍夫
音響効果
伊藤瑞樹
主題歌
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ
ヘアメイク
千葉友子
外丸愛
スクリプター
田口良子
キャスティングディレクター
杉野剛
助監督
甲斐聖太郎
制作担当
加藤誠
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第38回 日本アカデミー賞(2015年)

受賞

優秀主演女優賞 宮沢りえ

ノミネート

優秀作品賞  
優秀監督賞 吉田大八
優秀脚本賞 早船歌江子
優秀助演女優賞 大島優子
優秀助演女優賞 小林聡美
新人俳優賞 池松壮亮
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2014「紙の月」製作委員会

映画レビュー

4.0お金と人

WATARUさん
2022年2月21日
iPhoneアプリから投稿

知的

お金は人が作ったはずなのに

時としてお金が人を動かす

本当に大切な事は"人と人"

それが見えない時に人は過ちを犯す。

引き込まれていく作風です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
WATARU

4.0宮沢りえと小林聡美 あっぱれ! 私は貢いだ過去があるので その行為...

2021年11月24日
iPhoneアプリから投稿

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
コアラ0413

4.0簡単に人を信用してはいけない。

2021年10月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

簡単に人を信用してはいけない。
銀行員だから、優しそうだから、真面目だから…
それって本当に信用できる根拠なのか?

ある人を信用できるかできないかは、表面だけを見て判断してはならない。
自分が信用している人も裏で大胆なことをやっているかもしれない…と思える映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ももたろう

3.5転げ落ちて行く疾走感〜

2021年7月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

知的

《お知らせ》
「星のナターシャ」です。
うっかり、自分のアカウントにログインできない状態にしていまいました。(バカ)
前のアカウントの削除や取り消しもできないので、

これからは「星のナターシャnova」

以前の投稿をポチポチ転記しますのでよろしくお願いいたします。
==============

この所の宮沢りえの演技に魅力を感じて観に行ったらなかなかの秀作。

観終わった直後は梨花が大学生に溺れて行く過程が
少々性急過ぎて飲み込めなかったけれど
偶然にラジオで吉田監督のインタビューを聴いたら
「原作を読んだ時に感じた女性が走って行く姿」を
形にしたいとの事で、この犯罪に対して
何か特別な理由を作って共感させるのでは無く
何かきっかけがあれば良いも悪いもぶち壊して
坂を転げ落ちるように踏み外してしまう「人の危うさ」を
疾走感として表現していたとすれば
大学生に溺れて行く性急さや、
最初にお金に手を付けてしまった理由の安易さも、
テンポの良さ重視の演出と言うことになるのかな〜。

犯罪の性質上、映る映像はありふれた街の風景なので
爽快感は比べようもないのだけど
梨花が手にしたお金とその気分は
「テルマ&ルイーズ」の様に
行き場の無い高揚に向かって走って行く。
嘘を隠す為のジタバタさえも逆に笑ってしまう。

宮沢りえもさることながらこの映画
小林聡美が安定の良い仕事してて流石。
同じ様な状況の役を11年前に『すいか』と言うTVドラマで
演じていて、その当時のセリフを
宮沢りえとの対決シーンで思い出してしまった。
『すいか』の方は大金を横領して逃亡した元同僚が
なぜか時々電話をして来ては、
横領したお金でアレをしたコレをしたと報告され、
その度に自分だったらどうしただろうかと
思いをを巡らすだけで
結局は「踏み外せない人」を演じてました。
あまりにまんまな設定なので監督は意図して起用したのかしら?
と思ったくらい。

大島優子も良かった。
大きなくりくり目で世の中を見回して抜け目無く生きて行く
小動物の様でした。(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
星のナターシャnova
すべての映画レビューを見る(全232件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る