トム・アット・ザ・ファーム
ホーム > 作品情報 > 映画「トム・アット・ザ・ファーム」
メニュー

トム・アット・ザ・ファーム

劇場公開日

解説

監督第3作「わたしはロランス」の劇場公開によって日本でも注目を集めるカナダの若き才能グザビエ・ドランが、カナダ東部ケベック州の雄大な田園地帯を背景に、閉鎖的な家族と地域を舞台に描いた心理サスペンス。恋人の男性ギョームが亡くなり悲しみに暮れるトムは、葬儀に出席するためギョームの故郷を訪れる。しかし、ギョームの母アガットはトムの存在を知らず、息子の恋人はサラという女性だと思っている。トムの存在を唯一知るギョームの兄フランシスは、トムに恋人であることを隠すよう強要。当初は反発を覚えたトムだったが、次第にフランシスの中に亡きギョームの姿を重ねるようになり……。カナダの人気劇作家ミシェル・マルク・ブシャールが2011年に発表した同名戯曲の映画化。

作品データ

原題 Tom a la ferme
製作年 2013年
製作国 カナダ・フランス合作
配給 アップリンク
上映時間 100分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

「私とは誰か?」という問いへの答えを求め、自分の幽霊を追って
トム・アット・ザ・ファームの映画評論・批評

グザビエ・ドラン監督にとって今回初めて他人の戯曲を基に映画化した作品であるが、彼の世界観はその物語性のユニークさはさることながら、その描き方や映像の肌質にこそ宿るといえる。だからたとえ他人の戯曲であろうとドランの世界観が芳香を放ってい...トム・アット・ザ・ファームの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全28件)
  • 1回じゃ咀嚼しきれないほど多層的 言葉にしにくいが前情報なくても、画面から新しい表現ー色彩であったり音の使い方、カメラの構図などの感覚がヒリヒリと感じた。いろんなことが説明不足で進むので、何回も見て登場人物それぞれの立場で見返し... ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月13日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • グザヴィエ・ドランの新たな一面 グザヴィエ・ドランの監督作品は「たかが世界の終わり」と本作のみ見てなかったので鑑賞。彼の演出の新たな一面を見た。 ゲイの主人公トムの恋人ギヨーム(男)が亡くなり、その葬儀のために家に行ったら家族... ...続きを読む

    ジンジャー・ベイカー ジンジャー・ベイカーさん  2018年2月11日  評価:4.5
    このレビューに共感した/1
  • すごく哀しくて、難しくて、そして美しい作品 トムは愛した人を喪って、彼の実家に行く。車を運転するシーン‥ 風のささやきが、すごく合ってます。 青インクで、紙に綴るシーンが、とても美しいです。 愛した人を喪失したトム、 トムに暴力をふるい束... ...続きを読む

    Kurama Kuramaさん  2017年9月1日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

胸騒ぎの恋人
胸騒ぎの恋人 (字幕版)
  • Powered by Amazon
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi