サッドティー

劇場公開日

サッドティー
18%
41%
26%
8%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「こっぴどい猫」「終わってる」の今泉力哉監督による長編映画。二股を解消したい映画監督とその2人の彼女、喫茶店のアルバイトの女の子とマスター、恋人へのプレゼントを買いに行ったお店の店員に一目ぼれしてしまう男、元アイドルを10年間思い続けているファンと、そんなファンの存在を知り会いにいこうと決意する結婚間近の元アイドルなど、さまざまな恋愛模様を通して「ちゃんと好き」とはどいうことかを考察していく。映画専門学校「ENBUゼミナール」による劇場公開映画製作ワークショップ「CINEMA PROJECT」の第2弾作品として製作された。2013年・第26回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門出品。

2013年製作/120分/日本
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
日本初公開:2013年10月31日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2013 ENBUゼミナール

映画レビュー

3.5はまる人はとことんはまる今泉ワールドの決定版

2020年2月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

人生や人間関係はぐるぐると巡る。全ては数珠のようにつながっていき、誰かの誰かは私の大切な誰かだったりもする。そんな日常の取るに足らない偶然や奇跡を、決して特別なものとは思わせない半径2m、リビング7畳分くらいの守備範囲で描き出すのが今泉ワールドの魅力だ。本作でもワークショップで発掘したと思しき、初めて見るような、しかしここでしか見ることのできない特別な存在感を持った俳優たちが次々顔を出す。そして数珠つなぎに世界は繋がっていく。

「こっぴどい猫」とも似た構造も受けるが、実質的にはこちらはもっとささやかで、むしろ撮影以外の編集やデザインを掛け合わせることによって得難いアウトプットの形が出来上がっているように思える。普通の監督なら90分ほどで描きそうなストーリーをあえて2時間でみっちりやるところも特徴的。そのプラス30分こそが、役者と役者の間で拡張されたマジックアワーのような気がしてならない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら

3.0好きになること

2020年4月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

本人は真面目に生きているつもりだが、傍から見るといい加減だったり、思い込みが強過ぎたり、といった男女12人の物語。
ズルズルと二股を続けている男と知ってて何もしない女たち、恋人への贈り物を買いに来て店員に恋をしてしまった男、10年もファンを続けている男と元アイドル、などが可笑しくも悲しいドラマを繰り広げるが、分からない時は眠ってしまおう、が答えか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

1.5客観的過ぎる

2020年3月1日
スマートフォンから投稿

難しい

『愛がなんだ』、『パンとバスと2度目のハツコイ』と続けて観てから鑑賞。
まず、すべての人間関係がこの群像の中で完結するという所に違和感。特にアイドルの追っかけまで知り合いの範疇というところ。

上記2作はアメリカ映画的なものを色んな層において回避しながらも、あくまでもエンターテインメントとして恋愛を描くという意志があった。
『サッドティー』は映画監督で言うならカウリスマキとかジャームッシュ、山下敦弘の初期に近い所で作られていて、完全に自分の好みではない。この登場人物の誰のどの部分に作品として肩入れするのかが見えてくるのが非常に遅く、序盤は撮り方次第では面白く見せられるやり取りが死んでいるように自分には思われた。

イーブンな恋愛関係なんてありえないですよねということを客観的に語られても、「そうですか」としか感慨が沸かない。監督は本気でそれを面白いと思っているのだろうけど、映画にするべきはその観念ではなく、そこから導かれる具象であるべきだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ニックル

4.0なんだろうなぁ

2020年1月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

いきなり公園で競歩だったり、主人の髪型、
透明になる人‥不思議がいっぱい
ちょいちょい面白かった

ここに出てくる人のそれぞれの恋模様
結局最後には皆んなが繋がった
不思議とその先の事が気になった

好きになることを考えた

どこかで聞いたセリフ

会いたかったんでしょ?
好きって言うよりただ会いたいと思う方が
本当な気がする

好きか好きじゃないかじゃなくて
会いたいかなんだろうなぁ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nonkumi1230
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「サッドティー」以外にこんな作品をCheck-inしています。