百円の恋

劇場公開日:

百円の恋

解説

松田優作の出身地・山口県で開催されている周南映画祭で、2012年に新設された脚本賞「松田優作賞」第1回グランプリを受賞した足立紳の脚本を、「イン・ザ・ヒーロー」の武正晴監督のメガホンで映画化。不器用でどん底の生活を送っていた女性が、ボクシングを通して変化していく姿を描いた。実家でひきこもり生活を送る32歳の一子は、離婚して出戻ってきた妹とケンカしてしまい、やけになって一人暮らしを始める。100円ショップで深夜勤務の職にありついた一子は、その帰り道に通るボクシングジムで寡黙に練習を続ける中年ボクサーの狩野と出会い、恋をする。しかし幸せも長くは続かず、そんな日々の中で一子は自らもボクシングを始める。14年・第27回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞。米アカデミー賞の外国語映画賞日本代表作品に選出されるなど高い評価を受け、第39回日本アカデミー賞では最優秀主演女優賞、最優秀脚本賞を受賞。

2014年製作/113分/R15+/日本
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
劇場公開日:2014年12月20日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第39回 日本アカデミー賞(2016年)

受賞

優秀脚本賞 足立紳
優秀主演女優賞 安藤サクラ

ノミネート

優秀作品賞  
優秀監督賞 武正晴
優秀助演男優賞 新井浩文
詳細情報を表示

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2014 東映ビデオ

映画レビュー

4.5自分に価値を感じるために

2024年2月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

みんな自分の「ものさし」を持っている。お金を持ってるとか、見た目が良いとか、お年寄りに優しくできるとか、箸の持ち方がキレイとか。
いろんな「ものさし」は、世界と自分をつなぐ架け橋であり、自分の価値を高めるツールでもある。

主人公・一子は、自分の価値を感じられる「ものさし」を持たない女だった。一般的な「女のものさし」はことごとく一子に低評価だ。「可愛く」ない。「若く」ない。「愛されて」ない。
かといって「働いて」ないし、当然「自立して」ないし、まさに「時価百円」くらいの自己評価なのが切ない。

そんな「ものさし」要らねーよ、とばかりに「女捨ててっから」とのたまう一子だが、とうとう「無償の愛」という「ものさし」すら失うことになる。

そんな一子が深夜勤務のアルバイトに就けたのは、当時の店長の「募金をしてくれる人は良い人」という「ものさし」だ。人生はわからない。

ボクシングに打ち込む狩野が気になったのは、はたして一子の中のどの「ものさし」だったのか。
狩野の「ものさし」はわりと明白に「誘っても断らなそう」という身も蓋もないヤツである。

遅すぎた恋に、人生は残酷だ。「若さ」と「可愛さ」で圧倒的に上回る女が現れれば簡単に愛は裏切られる。
愛した男が愛したボクシング。勝敗をかけて殴りあった相手と、互いの価値を認め合う行為。同じ「ものさし」を持つもの同士だけが、認め合える最高の瞬間。その煌めきを追いかけただけなのに。同じ「ものさし」を持ちたいと思っただけなのに。

一子の中で少しずつ「ものさし」が構成されていって、それが一子自身をも変化させる大きな力になっていく。その描写を一人で体現仕切っている安藤サクラは凄い。
誰かから自分を否定的に見られても揺るがない、むしろ前のめりにボクシングに打ち込んでいく様は「私の価値はこれだ!」という叫びにも思える。

一子以外の人物も様々な「ものさし」で劇中に登場するが、本来一番一般的でマトモな「ものさし」を持っているはずの新店長が「嫌なヤツ」に見えてしまうから不思議だ。
私も一子の熱に浮かされていたのかもしれない。

自分の価値を賭けた大勝負は、さながら女版「ロッキー」とも言える。「ロッキー」が証明したかったのはエイドリアンに相応しいかどうかだったのに対して、「百円の恋」は恋よりも彼女自身に重きを置いてるのが、タイトルと違っていて面白い。

自分の設定した「ものさし」で、自分の価値が低いのはカッコ悪いかもしれない。でも「ものさし」すら持てないのはもっとカッコ悪い。
百円が百十円になったくらいでも良いじゃない。
そこに自分への自信があれば。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
つとみ

5.0女に出来ないことはない

2023年10月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
もふもふしたい

4.5どんどん鍛えられていく安藤サクラがすごい

2023年7月30日
スマートフォンから投稿

泣ける

笑える

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
やまも

4.0これが痛みってやつか

2023年6月15日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

思っていた以上に嫌悪感の強いシーンが多い。(いい意味で)
グータラ女が生半可にボクシングを始める映画ではなかった。ちゃんとしてる。

意地汚い、生きづらそうないい大人がたくさん登場するから
見るに堪えないシーンが結構ある(マジでいい意味で)

共感性羞恥がある人は結構キツイかもしれない。

よく自傷行為をする人が”生きてる感じがする”と言うけど、
痛みって現実に引き戻してくれる感覚の一つだから
”ボクシング”と言う競技は人生の節目にふさわしいなと思った。

安藤サクラ、新井浩文の無機質そうで鋭い目つきのおかげで
沈黙の多いシーンもまるで会話を交わしているようで目が離せなかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
二ノ前
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る