夢と狂気の王国

劇場公開日

夢と狂気の王国
26%
41%
29%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「エンディングノート」で数々の映画賞を受賞した砂田麻美監督が、スタジオジブリの内幕に迫ったドキュメンタリー。「風立ちぬ」を最後に長編映画の製作から引退を表明した宮崎駿監督、宮崎監督の盟友でともに切磋琢磨してきた高畑勲監督、2人の巨匠の間で奔走する鈴木敏夫プロデューサーというスタジオジブリの核となる3人を中心に、数十年におよぶ長い時間の中で、いかにして夢を生み出してきたのか、3人の抱える愛憎や創作現場としてのスタジオジブリの実態を描き出した。「ニコニコ動画」を運営する株式会社ドワンゴの会長で、2011年からスタジオジブリでプロデューサー見習いとしても働く川上量生が初プロデュースを務めた。

2013年製作/118分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2013 dwango

映画レビュー

2.5タイトルは良し。

2019年6月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

知的

寝られる

スタジオジブリのドキュメンタリー。「風立ちぬ」製作時の宮崎駿の様子がわかる。

制作スタッフの方が言っていた「自分のささやかなものを守りたい人はあの人と働かない方が良い」という言葉が印象的。

ただ、120分の上映時間は長い。途中で飽きちゃった。制作の修羅場の風景がもっと見たかったし、高畑勲の扱いが微妙。あれだけしか触れないならいっそのこと、「かぐや姫」には全く触れなくても良かったのでは。逆に「風立ちぬ」も「かぐや姫」もしっかり触れてくれるのであれば、120分の上映時間でも良かったのかも。各部門の主要人物についてもちゃんと説明して欲しかった(作監とか色彩とか)。庵野さん以外のボイスキャストのアフレコとかも気になるし。

気になったのは現場に女性が多いなー、ということ。宮崎駿が女好きというのもあるとは思うけど、アニメの現場って全体的にあんな感じなのかな?

庵野さんとの師弟関係は観ていてほっこりする。お互いすごく信頼し合っている感じが伝わる。主人公の声が庵野さんに決まった時の宮さんのダブルピースは大好き。

「僕はオタクじゃありません!」発言からの飛行機持ってブーンの切り替えは笑った。

こういったドキュメンタリーはたまにNHKが制作、放送しているが、そっちの方が面白いかなぁという感想です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たなかなかなか

5.0ワガママ

2018年6月11日
フィーチャーフォンから投稿

単純

知的

宮崎駿さんはワガママ、ワガママでなくては映画は作れない。

ということを受けとりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まゆみ3

4.0ワクワクします。

2017年8月27日
PCから投稿

どうして人が映画作ってるの見てるだけで、ここまでワクワクするのでしょう。面白いです、夢中になってみれます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハワイアン映画道の弟子

2.5自己主張の少ないドキュメンタリー

2016年11月15日
iPhoneアプリから投稿

曰くの多い日本のアニメ映画業界のドキュメンタリーとあって期待していたがやや残念。

あまり深く入り込んだ感じがなく、プロフェッショナルとかの番組を見ている気分になった。

なんかもっと、宮崎駿の可笑しいところとかあるだろ…。
案外、そういうところがなく70になってもピシャッと働いてるって印象を作家が受けたなら「狂気」なんてタイトルつけなくていいと思う。

作家が宮崎駿に嫌われないようにしているのでは?宮崎駿がまだ作家に心を開いていないのではと疑ってしまう。

撮影はキレイだし、元々宮崎駿もその事務所も結構なフォトジェニックなので案外見ていて飽きないのが救いである。
毎日くるヤクルトも好きだなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちややん
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る