夢と狂気の王国 : 関連ニュース

メニュー

夢と狂気の王国

劇場公開日 2013年11月16日

関連ニュース:夢と狂気の王国

田中麗奈が流暢な中国語を披露 日台合作「おもてなし」予告編&本ビジュアル完成(2018年2月15日)

田中麗奈と台湾出身のワン・ポーチエがダブル主演する日本・台湾合作映画「おもてなし」の予告編と本ビジュアルが完成した。前大阪商工会議所会頭・故佐藤茂雄氏の企画が実現し、関西の観光旅客来訪促進と地域活性化を図るために製作されるオリジナル映画。夫が遺した琵琶湖畔の旅館・明月館を守る美津子(余貴美子)... 続きを読む

ビートたけし「女が眠る時」に主演!自作以外での映画“座長”は12年ぶり(2015年7月13日)

映画監督で俳優のビートたけしが、ウェイン・ワン監督が初めて日本映画に挑戦する「女が眠る時」に主演することがわかった。たけしが自作以外の映画に主演するのは、「血と骨」(崔洋一監督)以来12年ぶり。オールアップを迎えた7月11日、ウェイン監督をはじめ共演の西島秀俊、忽那汐里、小山田サユリとともに、... 続きを読む

是枝裕和監督、作品最優先で捨てたプライド 西川美和&砂田麻美の果たした功績(2015年7月5日)

是枝裕和監督の最新作で第68回カンヌ映画祭コンペティション部門に選出された「海街diary」が、6月13日に全国323スクリーンで封切られ、息の長い興行を展開している。長編劇映画の監督作10本目となる今作の撮影現場は、是枝組が長い年月をかけて育んできた「意見を伝え合う」ことを貫きながらも、主人... 続きを読む

細田守監督最新作は「バケモノの子」!フランスでの公開が既に決定(2014年12月11日)

日本を代表するアニメーター・細田守監督の3年ぶりとなる新作「バケモノの子」が、2015年7月11日に公開されることが明らかになった。細田監督は12月11日、東京・有楽町の東宝本社で、ゼネラルプロデューサーの奥田誠治、「スタジオ地図」の齋藤優一郎プロデューサーらと会見した。細田監督が原作・脚本も... 続きを読む

宮崎駿とジョン・ラセター 日米巨匠の友情を掘り下げたTVスポットと巨大新聞が登場(2014年6月4日)

宮崎駿監督の長編引退作「風立ちぬ」のDVD&ブルーレイ発売に際し、宮崎監督と20年来の友人であり、「トイ・ストーリー」「カーズ」の監督で、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオとピクサー・アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるジョン・ラセターが、プロモーシ... 続きを読む

「カリオストロ」「ナウシカ」「ホルスの大冒険」 宮崎駿&高畑勲の名作が限定復活!(2014年3月7日)

「ルパン三世 カリオストロの城」「風の谷のナウシカ」「太陽の王子 ホルスの大冒険」の名作アニメが、3月21~23日の三夜限定、東京・新宿バルト9で復活する。三鷹の森ジブリ美術館ライブラリーによる特別企画。“これが出発点だ。”と銘打ち、宮崎駿監督、高畑勲監督、そしてスタジオジブリを語る上で欠かす... 続きを読む

宮崎駿監督の“感涙”捉えた…、ジブリに迫る「夢と狂気の王国」が全国封切り(2013年11月16日)

スタジオジブリの“今”を克明に映し出すドキュメンタリー「夢と狂気の王国」が11月16日、全国20スクリーンで封切り。同日深夜0時には、東京・新宿バルト9で世界最速上映が行われ、砂田麻美監督、プロデュースを手がけた川上量生氏らがカウントダウンに立ち会った。また、鈴木敏夫プロデューサーが飛び入り参... 続きを読む

ジブリに迫った「エンディングノート」監督作、11月公開&ポスターお披露目(2013年9月20日)

デビュー作「エンディングノート」(2011)で注目を浴びた砂田麻美監督がスタジオジブリに迫った新作「夢と狂気の王国」が、11月16日に劇場公開されることになり、ポスタービジュアルがお披露目された。「エンディングノート」で第36回報知映画賞新人賞、第62回芸術選奨文部科学大臣新人賞など、数々の新... 続きを読む

スタジオジブリ題材ドキュメンタリー、東宝配給で秋公開 監督は砂田麻美(2013年7月12日)

国民的アニメーションスタジオ・スタジオジブリを題材にした史上初の映画「夢と狂気の王国」(yumetokyoki.com)が、今秋公開されることが決定した。ドワンゴ製作で、エネットが製作プロダクション、東宝が配給する。監督は、自身の父親の最期を記録したドキュメンタリー映画「エンディングノート」(... 続きを読む

9件を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報