今日子と修一の場合

劇場公開日

今日子と修一の場合

解説

俳優・奥田瑛二が「風の外側」(2007)以来、約6年ぶりにメガホンをとった監督第5作。東日本大震災を題材にしたオリジナル脚本で、宮城県南三陸町出身の男女が心の拠りどころを失い、過去の罪を背負いながらも再生に向かう姿を描いた。夫が病気で倒れ、保険外交員の仕事を始めた今日子は、家族との幸せな時間を取り戻すため、やむなく上司と関係を持つが、逆に家族から非難され故郷を追われる。一方、暴力的な父親から母親を守るため事件を起こし、少年刑務所に服役していた修一は、刑期を終え、東京へ出て町工場で働き始めていた。同じ故郷の南三陸町を離れ、東京で新たな生活を始めた2人だが、東北地方を中心に大震災が起こり……。奥田監督の次女で女優の安藤サクラが今日子を、安藤の夫で俳優の柄本佑が修一を演じている。

2013年製作/135分/G/日本
配給:彩プロ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)ZERO PICTURES

映画レビュー

3.5結婚後の作品らしい

asicaさん
2021年12月3日
iPhoneアプリから投稿

これが出会いのきっかけかなあと思ったら違っていて、奥田瑛二が娘と娘の旦那さんを使って撮った映画、ということになる。

柄本佑はほんとに良くて、最近特にいい役に恵まれていると思う。
この映画ではちょっと薄めの役どころだったのでもっともっと見たいと思うほど。

実はこれ随分と前に出だしだけ見ていたらしい。
カンニングの竹山の下衆ぶりがあまりにも上手いんだかあの顔に似合いすぎてるんだかで、ウンザリしてそこでやめてしまったんだと思い出す。

映画自体の感想としては、ここまで不幸な人々の集合体を見せられるのは果たしてリアルなのだろうか?

そういう人々はある一定の所に自ずと流れ着くものなのだろうか?

奥田瑛二は安藤和津と知り合った時、公園のベンチがねぐらだったとトーク番組で言っていた。
彼を最初に見たのは「金閣寺」という映画の僧。

並々ならぬ才能をその時から発揮していたし、自覚はなくとも自分がそのうち自分の才能を開花させるに違いない自信は持ちながらの野宿だったのは間違いない。

だが 人は運命というもっと厄介なものに翻弄されるのが世の常で、奥田瑛二以外の人でそういう才能がありつつなんの花も開かずただただ世の中を恨みつつ生きてる人もたくさんいるだろう。

真っ当とは?
日の当たる町の日の当たる道を 堂々と両手を振って生きて行ける人生とは?

人はいろんな運命を背負う。
その運命には自分の切り開く力というのも含まれるとして、人は能力や方法やその場の対処ひとつでまったく別の道を行く。

安藤さくら演じる保険外交員。
もし私がその立場になったら。
竹山をぶっ飛ばして外交員をやめる事ができるだろうか。

というか
こういう設定、保険のおばちゃんたちから抗議来なかったんだろうか。
これじゃ保険のおばさんたちみんな体で契約取ってるみたいに見えるよ。

私の保険の担当の人たち そういう人ひとりもいないなあ。

イジメられた子の復讐
父を殺した息子

余程体調のまともな時じゃないと見てられないのは間違いない。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
asica

3.03.2

asaさん
2021年4月19日
PCから投稿

全体的にまとまっていたし、最後まで見たいと思える作品だった
パンチは足りないが、どこか最後まで見届けたくなる
できればハッピエンドでおわってくれまいかと思えた

確かにラーメン食べたくなった

最後はどうだったのだろうか
しかし悪くはない

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa

3.0ラーメンばっかり

kossyさん
2021年2月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 できれば“ケンちゃん(和音匠)の場合”も欲しいところだったけれど、安藤サクラと柄本佑という夫婦共演、しかも奥田瑛二の娘という家族の安心感があった。

 今日子と修一という二人にはそれぞれの深くて悲しい物語があるわけだが、今日子は嫁ぎ先から追い出され、新たな人生を始めようとしたところで、同棲中のヒモみたいな男を刺してしまい、逆に修一は父親を殺してしまった罪を償い、更生しようとしているところ。そのターニングポイントとなるのが双方とも東日本大震災だったというすれ違いストーリー。

 殺人についても二人とも違うものだったし、人生の波が下降に流れるのか、再生して上昇するかの違いもあった。今日子にとっては殺人というより過失致死のようだったが、徹とタケシと二つの名前を持つヒモに人間不信と家族が震災にあったという理由からか、死体を切り刻み硫化水素によって隠ぺいしようとさえするのだ。なぜだか事件にもならないという都会の片隅の出来事。自暴自棄だったのか、心神喪失だったのかはわからないが、心の闇は消えそうにない哀しさも感じられた。

 一方で、町工場で働きながら更生し、母親までもが行方不明となっていた修一は、未来を見つめ大学受験を志す。応援したくなるような性格だったし、彼女も出来そうなのに敢えて孤独を選ぶところも心の闇があるためか・・・。途中は時系列もバラバラだし、ちょっと気を抜くと眠くなってしまいそうな内容ながら、そんな二人が出会いそうで出会わない最後は見事でした。

 驚きだったのは、同じく殺人を犯して少年刑務所から町工場で働いていたケンイチ役の和音匠。志垣太郎の息子だということだが、ピアノの腕前も立派なもの。本人の演奏という珍しいシーンも印象に残りました。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.0奥田瑛二が実の娘とその夫をキャストに選ぶところがまずいい。3.11...

いつこさん
2015年3月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る