終戦のエンペラー

劇場公開日:

終戦のエンペラー

解説

「真珠の耳飾りの少女」「ハンニバル・ライジング」のピーター・ウェーバー監督が、太平洋戦争直後の日本とアメリカの史実をもとに描く歴史サスペンス。1945年8月、日本が連合国に降伏し、第2次世界大戦が終結。ダグラス・マッカーサー元帥率いるGHQが日本に置かれ、米軍統治が始まる。そんな時、日本文化を研究し、日本に対して格別な思いを抱くボナー・フェラーズ准将は、太平洋戦争の真の意味での責任者は一体誰なのかを調査するようマッカーサーから極秘に命じられ、独自に調べを開始するが……。主人公フェラーズに「LOST」のマシュー・フォックス、マッカーサーにトミー・リー・ジョーンズが扮するほか、初音映莉子、西田敏行、中村雅俊、夏八木勲、桃井かおりら日本人キャストも多数出演。

2013年製作/105分/G/アメリカ
原題:Emperor
配給:松竹

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)Fellers Film LLC 2012 ALLRIGHTS RESERVED

映画レビュー

3.5躍動する初音映莉子をご堪能あれ

2022年3月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会、映画館

太平洋戦争直後の日本とアメリカの史実をもとに描く歴史サスペンスで、「真珠の耳飾りの少女」のピーター・ウェーバー監督がメガホンをとった。主演はマシュー・フォックス、マッカーサー役のトミー・リー・ジョーンズはさすがの存在感。
終戦後の日本にGHQが置かれ、米軍統治が始まるが、日本文化に精通し格別な思いを抱くフェラーズ准将はマッカーサーから極秘命令を受ける。それは、太平洋戦争の真の意味での責任者は一体誰なのかを調査すること。
日本からも多くの俳優が撮影に参加し、西田敏行、中村雅俊、夏八木勲、桃井かおりらが実力を遺憾なく発揮している。そんな中にあって、初音映莉子の唯一無二ともいえる、生命力あふれる演技は一見の価値あり。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
大塚史貴

3.03.0

2022年9月4日
PCから投稿

見やすい映画。個人的に一番愛着が持てるマッカーサーだった。

特別際立ったところはないが、若干日本人女性とのロマンスは不要だなと思った自分がいる。全体的に調査部分のインタビューや日本人役者がいい味を出していたと思う。主人公は微妙でしたね。鑑賞後、これ欧米ではヒットしなそうな感じだろうなと思ったが、やはりという感じ。日本での最終興収は12.1億円。

見ていて日本の曖昧さ、不明確さというものや天皇について少し考えるきっかけにもなったように思う。武士道精神や忠臣的なものも礼儀も伝統もなくなってしまったかのように感じるが、日本の曖昧さは姿かたちを変えてまだあるようにも感じる。

それは働き方、人間付き合い、ヒットしているコンテンツやガラパゴスなサービス、UI、飲食店に散見されるように思う。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
asa89

終戦直後の日本、天皇に戦争責任はあったのか、アメリカが判断をくだす...

2022年6月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

終戦直後の日本、天皇に戦争責任はあったのか、アメリカが判断をくだすまでの10日間での出来事。
アメリカ視点の映画の中でも日本がきちんと描かれている方だと思う。日本側のキャストも良かった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よっしー

3.5こうして生まれた…

2022年2月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 3件)
KEI
すべての映画レビューを見る(全67件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る