私が愛した大統領

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
私が愛した大統領
私が愛した大統領
0%
26%
46%
26%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

重度の身体障害を抱えながらも3度の再選を果たし、後世に名を残す政治家となった米大統領フランクリン・ルーズベルトと、彼を陰から支え続けた女性デイジーの知られざる物語を描いたドラマ。1930年代アメリカ。多忙を極めるルーズベルト大統領は、一番の理解者でもある従妹のデイジーとドライブに出かけることが、心に安らぎをもたらしてくれる貴重な時間になっていた。そんなある日、英国王ジョージ6世夫妻がアメリカを訪問し、ルーズベルト邸にやってくる。ドイツとの開戦が迫る中、2人は大統領の執務室で会談し、デイジーもその一部始終を見つめていた。しかし、その夜、デイジーも知らなかった大統領の秘密が明らかになり……。ルーズベルトを演じるビル・マーレイは、ゴールデングローブ賞にノミネートされた。監督は「ノッティングヒルの恋人」のロジャー・ミッシェル。

2012年製作/94分/G/イギリス
原題:Hyde Park on Hudson
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第70回 ゴールデングローブ賞(2013年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ビル・マーレイ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2012 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.0リンカーン、ワシントンに次いで人気の高いF・ルーズベルトの裏話

kossyさん
2020年8月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 世から隔絶されたかのような田園風景。禁酒法を和らげ、世界大恐慌をも乗り越えた大統領も小児麻痺からくる身体障害で車いす生活。でも車は運転する!当時に足を使わないで運転できる車があったことも驚きだったが、「ホットドッグ外交」と呼ばれる会談がこんなのどかに行われていたのかという事実も知らなかったよ・・・

 『英国王のスピーチ』でも有名になったジョージ6世の治世だったイギリス。ドイツとの開戦も間近で、アメリカの助けを求めるために初めて渡米。作品を観る限りでは、その前のプールで一緒に泳いだときに心は通っていた雰囲気でした。

 国王が泊まる部屋には米英戦争時の風刺画が飾られたりしていたことも面白かったので、不倫がどうのこうの言われてもピンと来ない。とにかくホットドッグが食べたくなる作品でした!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

2.0よくわからなかったが…

くーさん
2018年11月3日
iPhoneアプリから投稿

盛り上がりはなく、何を描きたいのかも不明なストーリー。演じる俳優にも魅力を感じないからただただ退屈。

ヒロインは、美人である必要はないが、存在感なりその女優が演じる必然性がないと映画の魅力を半減させると思う。

デイジーを演じた女優さんは(名前を調べる気にもならない)他の作品で見かけても嬉しくならないだろうし、そもそも気づかない気がする…

が、「英国王のスピーチ」なんかよりよほど、ジョージ6世と妻のことがよくわかった。(史実かどうかは別として)

デイジーと大統領のドライブの際、画面いっぱいに広がる風景がとても美しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
くー

3.0私の知ってる大統領の秘話

近大さん
2016年3月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

単純

知的

1933年から45年まで任期を務めた第32代大統領フランクリン・ルーズベルトの秘話。
ある意味これは暴露話でもあった。

小児麻痺で車椅子。
小児麻痺は知らなかったが、車椅子なのは確か「パール・ハーバー」でも描かれていた。
しかしこれは当時は多くの国民には知られていなかったという。

同性愛の妻、うるさい母、秘書の愛人…。
そんな中で唯一の安らぎは、従妹のデイジー。
デイジー亡き後発見された日記を基にされているらしく、本作のメインエピソード。
デイジーとの秘められた関係…。
現職大統領の不倫愛。
世が世なら、一大スキャンダル!
ベ○キーさんもゲス○さんもびっくり!
当時のマスコミは寛容で、これも一切伏せられていたとか。
大統領の不倫愛と言うといつぞやのクリ○トン氏のドロドロ劇を思い出すが、こちらは下世話ではなく一歩踏み留まるような描かれ方に好感。
まあ、実際はどうだったかは分からないけど。

邦題からすると、二人の秘恋ストーリーのようだが、もう一つメインに描かれるのが、“ホットドッグ外交”と言われる“英国王のスピーチ”ジョージ6世との会談。
来る開戦に備え後ろ楯が欲しいジョージ6世はアメリカを訪問。
ルーズベルトは人里離れた田舎に招き…。
正直、こちらの方が興味惹かれた。
初老の大統領とうら若き国王。
酷い言い方をすると、小児麻痺の車椅子の大統領と吃音持ちの国王。
アメリカとイギリス、長年のしがらみもあり、周囲はチクチク棘を刺す。
二人が執務室で互いの障害も包み隠さず、腹を割って話すシーンは秀逸。
両国にとっては歴史に残る出来事だが、日本のそれからを考えるとちと複雑…。

ビル・マーレイが巧演。
狂言回し的立ち位置のデイジー役のローラ・リニーの好演や、取り巻く女性たちの個性が光る。

秘話として見れば面白い。
でも一本の映画としては少々あっさりして深みに欠けた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
近大

4.0女性は偉大!

調整中さん
2015年8月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
調整中
すべての映画レビューを見る(全12件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る