ロジャー・ミッシェル

ロジャー・ミッシェル
英語表記
Roger Michell
誕生日
1956年6月5日
没日
2021年9月22日
出身
南アフリカ

南アフリカ生まれのイギリス人。クリフトン大学で映画制作を、ケンブリッジ大学で英文学を学び、学生時代から劇作家として活動する。1977年にケンブリッジを卒業後、ロイヤルコートシアターの助監督に就任。85年からはロイヤル・シェイクスピア・カンパニーのレジデント・ディレクターを6年にわたって務めた。90年代初頭からTVドラマのエピソード脚本を手がけるようになり、TV映画「待ち焦がれて」(95)で長編監督デビュー。ヒュー・グラントとジュリア・ロバーツを主演に迎えた長編第4作「ノッティングヒルの恋人」(99)がゴールデングローブ賞の最優秀作品賞を受賞し、一躍注目を集めた。以降の監督作に「Jの悲劇」(04)、「ヴィーナス」(06)、「恋とニュースのつくり方」(10)、「ウィークエンドはパリで」(13)など。19年にはデンマーク映画「サイレント・ハート」のリメイク作「ブラックバード 家族が家族であるうちに」のメガホンをとった。

関連作品(映画)

ロジャー・ミッシェルの関連作品(映画)をもっと見る

関連動画・予告編

ロジャー・ミッシェルの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

ロジャー・ミッシェルの関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「ロジャー・ミッシェル」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ロジャー・ミッシェル」さん以外にこんな人をCheck-inしています。