男たちの挽歌 II

劇場公開日:

解説

親友マークの死を悼みながら服役していたホーは、刑事である弟キットに頼まれ偽札製造組織の潜入捜査に協力することに。重要証人セキをニューヨークに避難させるが、そこでホーは命を落としたマークの双子の弟ケンと出会う。亡き親友の双子の弟と凶悪組織に挑む二人の男のダンディズムが熱い復讐劇として描かれていく。後半は舞台を再び香港に戻し、男気と薬莢が飛び交うままドラマはスピードを増し、前作を遥かに凌駕する銃撃戦が展開されていく。

1987年製作/104分/香港
原題:英雄本色Ⅱ
配給:ギャガ・コミュニケーションズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0ラストの大銃撃戦

2022年9月16日
PCから投稿

ラストの大銃撃戦それだけで大満足。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
abc_1

4.0ストーリーは少々荒いがこれが香港ノワールです

2022年5月29日
Androidアプリから投稿

前作の男たちの挽歌がヒットした事により続編が製作されたが設定やストーリーは前作よりも少々粗めであるがその分アクションと火薬の量は多め(笑)
マークの弟のケンを前作で死んだはずのユンファが演じており二挺拳銃のアクションの他に階段を後ろ向きに滑り落ちながら撃ちまくり手榴弾の爆破にマジにビックリしておりそのガチなシーンがそのまま本編やポスターDVDジャケット等にも使用されたりしている。
前作よりも製作予算が増えアメリカのニューヨークにてロケーションも行っておりユンファのたどたどしい英会話もみられる。
この頃から監督のジョン・ウーはハリウッド映画進出を考えていたそうだ。
近年男たちの挽歌が韓国や中国でリメイクされてはいるがやはりもう一度ジョン・ウー自身がセルフリメイクをして欲しいと考えるのは私だけではないはずだ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ソニー・クロケット

3.5やはり良い作品

2021年9月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

これまた久しぶりに観てみました。
オープニングのフラッシュだけでもうグッときます。
どうしても望まぬ未来へ導かれるのは逃れられない業なのか、とにかく哀しい事ばかりが続く。闇が深いです。
今度は舞台を香港とニューヨークの二つに。
そして演出が派手、ドンパチも派手です。
そしてやはり出ます、トレードマークの二丁拳銃も健在。
あと今回はロンさんが光ってるんですよね、ほぼ主役。
全て無くし、壊れて再生して、からの宣戦布告の電話。実に良いです。
そして壊して壊して何もなってからの後半、この高揚感がすごいんですよ。
最後はやっぱり黒スーツ、そしてコートに袖を通す姿は最高に痺れます。
また一騎打ちが見事で、復習を果たす一撃。ここもすごく良い。
いや、2作目なのにこれだけ面白くできるのってすごい。
やはり良い作品です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
白波

3.5男たちは死なず

2021年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

生き残ったメンバーは服役中だったり、カタギになったりしていた。
しかし、この世界で生きていると、意図せずに巻き込まれていくのだった。
アクションシーンは見事で、スケールアップを実感。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いやよセブン
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「男たちの挽歌」シリーズ関連作品

他のユーザーは「男たちの挽歌 II」以外にこんな作品をCheck-inしています。