男たちの挽歌

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
男たちの挽歌
26%
48%
22%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

それまでのカンフー映画の流れを一新し、“香港ノワール”の火付け役となった金字塔的作品。香港警察と国際ニセ札組織の対決を兄弟の反目と絆、男の友情を背景に描く。スローモーションを駆使したスタイリッシュなバイオレンス映像とチョウ・ユンファが撃ちまくる二丁拳銃の鮮やかさは、今なおアクションファンを唸らせる。キット役を初々しく好演した今は亡きレスリー・チャンにとっても、これが出世作となった。

1986年製作/95分/香港
原題:英雄本色
配給:日本ヘラルド映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5原点にして頂点

MAKOさん
2020年8月23日
Androidアプリから投稿

うーん、安っちいタイトル付けてしまった。
けど事実だからな。今更自分の様なチンピラレビュアーがこの作品をレビューするのは憚れるんだが、この作品が公開されたのはかれこれ34年も前だ。知らない映画好きがいても当然なんで、駄文を綴ります。

なので何回目か憶えていない程観たが改めて鑑賞。
若い頃はチョウ・ユンファの格好良さに憧れたが(我が家にはロングコートが5着も有ります。背ぇ低いクセに)歳を重ねるとティ・ロンの演技に泣けてくる。
今回の鑑賞でもやはり泣けた。

香港映画は「男たちの挽歌」以前と以降に明確に分けられる。大ざっぱな云い方だがこの映画以前は香港映画=ジャッキー・チェンだった。勿論他の映画も入って来ていたが世間の印象は間違いなくこれだろう。(ジャッキー・チェンの部分をカンフー映画に換えてもいいかな)

そんな香港映画の印象を完全に変えたのがこの作品の大ヒットだ。当然雨後の竹子の如く亜流映画が山の様に作れれたが、この作品を超えるものなど無い。この作品を知らなくても2丁拳銃にロングコートでくるくる回る映画を何処かで観た事有るでしょう。

が、問題はその後だ。亜流作品を乱発し過ぎたせいか香港映画は徐々に見向きされなくなり、見る見る衰退して行った。それこそジャッキー・チェン作品以外ソトに売れるモノが無くなり、名門制作会社であるゴールデンハーベストが本国資本に売却されるほど、香港映画界は落ち込んだ。

そんな状況下、模倣では無くこの映画を超えるべく作れれたのが「SPL狼よ静かに死ね」であり「インファナル・アフェア」でありジョニー・トー作品群なのだ。それ程映画界に影響を与え続けている。あとは説明不要でしょう。ウィルソン・イップの功績は中国資本に負けない程大きいよなあ。

全然レビューになってないけど、しょうがない。だってホントに今更この映画について自分ごときが語る事などまるで無い。
自分は少なくとも自分と同世代で北斗の拳を読んだ事が無くてこの映画を観た事が無いという人の話は信用しない事にしています。人生にも影響もたらす偉大な作品です。

この映画を観て
「この兄弟全然似てねえな」
とか
「若い頃のチョウ・ユンファって劇団ひとりに似てね?」
とか思った不届き者と、
子供たちの合唱シーンで何故か毎回泣いてしまうという自分と同じボンクラさんは、どうか共感ボタンを咥えマッチで押してください(笑)。

コメントする (コメント数 15 件)
共感した! (共感した人 5 件)
MAKO

4.5香港ノワール初心者、原点を知る!

talismanさん
2020年8月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

怖い

萌える

かっこいい~!
マーク、ホー、キット!最初は明るくじゃれ合う仲間&兄弟、よそに行って裏切られる、両手にピストル、植木鉢にピストル、足怪我、病院、手術、誕生日、兄と弟、仲間、甥が叔父を殺す、濡れ衣、長いコート、スローモーション、背中の彫り物、警官と極道。ことばの羅列だけで文章が書けない…。

レスリー・チャンが子犬みたいに、子鹿のバンビみたいに可愛いくて余計に胸打たれる。室内がガチャガチャになるのもこの映画が原点なのだろうか。香港のお家のインテリアとても素敵。

インファナル・アフェアも追龍も、この映画へのオマージュであり、この映画からの引用を上手く取り入れているんだとわかりました。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 5 件)
talisman

4.0右脚に乾杯!

kossyさん
2020年6月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 地上波の深夜枠にピッタリな作品(初めて見たのが深夜枠)なのに、大音量で観てみるとやはり迫力があった。タクシー会社への暴行とか、ちょっと痛々しく見ていられないほどでしたが、そこの社長はやっぱいい人。従業員思いのこんなタイプのおっさんがいい。

 殴り込みをかけるチョウ・ユンファ。二丁拳銃も彼しか似合わないし、スローモーションとなる鉢植えに銃を隠すところも気持ちいい。3年の時間の流れがボスとなったシンの車を洗車するところ。みじめったらしくもあるが、これが3年我慢し続けた結果なのだ。

 弟キット(レスリー・チャン)への愛も感じらるしマークへの友情も熱い。そして銃撃戦でのドラム缶爆破の威力は凄まじい。もういい加減に足を洗わせてくれよ・・・

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy

4.0泥臭い男たちの絆

fukui42さん
2019年11月15日
iPhoneアプリから投稿

1986年っていうと、まだ昭和の時代。
でかいサングラスや肩パッド、携帯電話もない。
それに、どこかで見たことがあるシルエットだったり、ガン・ファイトだったり。
加えて私、何故か「インファナル・アフェア」(潜入捜査の話。日本では2012「ダブルフェイス」西島さん&香川さんでリメイク)とこの作品がごっちゃになっていて。
ずっと見ていませんでした。

このバカチーン!と自分に喝!!。

見たことあるじゃなくて、これに影響を受けた作品が多いてことですね。
ジョン・ウー監督の代名詞「2丁拳銃」も出てきたし(鳩はなかったけど)。
とにかくガンファイトが「これでもかー」の連発で、圧巻。
植木鉢に拳銃を隠して、それを拾いながら打ち返すとか。かっこいい&大出血MAX祭状態。
めちゃくちゃ男臭い。

『いい兄貴じゃなかったが、チャンスをくれ』
『兄貴を逮捕できるのか?』なんて、ギリギリ境界線にいる兄弟と、その仲間。
終盤は台詞がなく、目をかわすことで通じ合う姿。
痺れますねえ。

ストーリーがシンプルで、かつ100分弱なので。あっという間に終わっちゃった。
まだまだ、見逃しているアジア系作品。注目。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 3 件)
fukui42
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「男たちの挽歌」シリーズ関連作品

他のユーザーは「男たちの挽歌」以外にこんな作品をCheck-inしています。