劇場公開日 2013年3月9日

  • 予告編を見る

愛、アムール : 関連ニュース

シャーロット・ランプリング「デューン 砂の惑星」に参戦

シャーロット・ランプリング「デューン 砂の惑星」に参戦

「メッセージ」「ブレードランナー2049」のドゥニ・ビルヌーブ監督が手がけるリブート版「デューン砂の惑星」に、英ベテラン女優シャーロット・ランプリングが出演することが明らかになった。米ハリウッド・レポーターが報じている。原作となるSF作家フ... 続きを読む

2019年1月23日
深田晃司&砂田麻美「ハッピーエンド」を読み解くカギはSNSと日本?

深田晃司&砂田麻美「ハッピーエンド」を読み解くカギはSNSと日本?

ミヒャエル・ハネケ監督の最新作「ハッピーエンド」の公開を記念し3月11日、都内で過去作「愛、アムール」の特別上映会が開催。深田晃司監督(「淵に立つ」「海を駆ける」)と砂田麻美監督(「エンディングノート」)がゲストとして登壇し、映画監督の視点... 続きを読む

2018年3月12日
「ハッピーエンド」で4度目タッグ!イザベル・ユペール、“ハネケ流”演出術明かす

「ハッピーエンド」で4度目タッグ!イザベル・ユペール、“ハネケ流”演出術明かす

実力派女優イザベル・ユペールが、「愛、アムール」のミヒャエル・ハネケ監督と4度目のタッグを組んだ「ハッピーエンド」(公開中)について語ったインタビュー映像が、公開された。物語の舞台は、難民が多く暮らすフランス北部の町、カレー。祖父ジョルジュ... 続きを読む

2018年3月3日
ミヒャエル・ハネケ、「ハッピーエンド」は日本の事件からインスピレーション受けたと明かす

ミヒャエル・ハネケ、「ハッピーエンド」は日本の事件からインスピレーション受けたと明かす

「ピアニスト」「愛、アムール」のミヒャエル・ハネケ監督の最新作「ハッピーエンド」が3月3日公開する。難民が多く暮らすフランス北部の町に3世代で住む、裕福な一家が崩壊していくさまをジャン=ルイ・トランティニャン主演で描く。イザベル・ユペール、... 続きを読む

2018年3月2日
ハネケ監督に密着!「ハッピーエンド」熱血指導映像公開

ハネケ監督に密着!「ハッピーエンド」熱血指導映像公開

「愛、アムール」のミヒャエル・ハネケ監督が、ある秘密を抱えた祖母と孫を描く「ハッピーエンド」のメイキング映像が、公開された。カラオケシーンの舞台裏を切り取っている。物語の舞台は、難民が多く暮らすフランス北部の町、カレー。祖父ジョルジュ(ジャ... 続きを読む

2018年2月22日
ミヒャエル・ハネケ監督独自の演出法とは?「ハッピーエンド」若手実力派女優が解説

ミヒャエル・ハネケ監督独自の演出法とは?「ハッピーエンド」若手実力派女優が解説

「愛、アムール」のミヒャエル・ハネケ監督の最新作「ハッピーエンド」のインタビュー映像が、公開された。キーキャラクターの1人に扮した若手実力派ファンティーヌ・アルドゥアンが、ハネケ監督の製作過程を明かしている。物語の舞台は、難民が多く暮らすフ... 続きを読む

2018年2月20日
ミヒャエル・ハネケ監督×イザベル・ユペール「ハッピーエンド」本編映像公開

ミヒャエル・ハネケ監督×イザベル・ユペール「ハッピーエンド」本編映像公開

「愛、アムール」のミヒャエル・ハネケ監督の最新作「ハッピーエンド」の本編映像が、公開された。物語の舞台は、難民が多く暮らすフランス北部の町、カレー。建設会社を経営し、豪華な邸宅に3世代で暮らすロラン一家の元に、13歳の孫娘エヴ(ファンティー... 続きを読む

2018年2月14日
ハネケ×ユペールの最新作 裕福な家族の秘密描く「ハッピーエンド」予告編

ハネケ×ユペールの最新作 裕福な家族の秘密描く「ハッピーエンド」予告編

ミヒャエル・ハネケ監督の最新作で、「愛、アムール」で親子を演じたジャン=ルイ・トランティニャンとイザベル・ユペールが出演する最新作「ハッピーエンド」の予告編が公開された。物語の舞台は、難民が多く暮らすフランス北部の町、カレー。建設業を営み、... 続きを読む

2018年1月31日
ミヒャエル・ハネケ×イザベル・ユペール最新作「ハッピーエンド」3月公開

ミヒャエル・ハネケ×イザベル・ユペール最新作「ハッピーエンド」3月公開

名匠ミヒャエル・ハネケ監督の最新作で、「愛、アムール」で親子を演じたジャン=ルイ・トランティニャンとイザベル・ユペールが出演する最新作「HAPPYEND」が、邦題「ハッピーエンド」として、2018年3月3日公開する。本年度アカデミー賞外国語... 続きを読む

2017年12月5日
米映画サイト選出「最も悲しい21世紀の映画20本」に「かぐや姫の物語」

米映画サイト選出「最も悲しい21世紀の映画20本」に「かぐや姫の物語」

米映画サイトIndieWireが「最も悲しい21世紀の映画20本」を発表。高畑勲監督の「かぐや姫の物語」(2013)が選出された。同サイトでは「目利きのシネフィルたちはときに良質な涙を求めている」と述べ、涙なくしては見られない20本をセレク... 続きを読む

2017年11月14日
吉祥寺に新たなミニシアター「ココロヲ・動かす・映画館○」10月21日オープン

吉祥寺に新たなミニシアター「ココロヲ・動かす・映画館○」10月21日オープン

東京・吉祥寺に新たなミニシアター「ココロヲ・動かす・映画館○」(通称「ココマルシアター」)が、10月21日にオープンすることが決まった。映画配給会社のココロヲ・動かす・映画社○が運営する。同館は、3階建ての1階が通常の映画館(38席)になっ... 続きを読む

2017年10月6日
「愛、アムール」「二十四時間の情事」仏女優エマニュエル・リバさん死去

「愛、アムール」「二十四時間の情事」仏女優エマニュエル・リバさん死去

「愛、アムール」「二十四時間の情事」で知られる仏女優エマニュエル・リバさんが1月27日(現地時間)、仏パリで死去した。89歳だった。死因は明らかにされていないが、リバさんはがんの闘病中だった。リバさんは1927年2月24日、仏ボージュ県シュ... 続きを読む

2017年1月30日
バネッサ・パラディに映画監督の新恋人

バネッサ・パラディに映画監督の新恋人

ジョニー・デップの元パートナー、バネッサ・パラディが、小説家、俳優、映画監督とマルチに活躍するフランス人監督サミュエル・ベンシェトリと熱愛中だと、パラディがベンシェトリを背中から抱きしめる写真と共にVoici誌が報じた。ベンシェトリ監督は、... 続きを読む

2016年11月25日
ハネケ監督次回作はヨーロッパの難民問題もテーマに イザベル・ユペールら出演

ハネケ監督次回作はヨーロッパの難民問題もテーマに イザベル・ユペールら出演

オーストリアの巨匠ミヒャエル・ハネケ監督が、次回作「ハッピー・エンド(原題)」の撮影を、今春フランスの都市カレーで開始すると米Deadlineが報じた。港町カレーは、歴史的にイギリスへの玄関口として知られ、昨年はアフリカや中東から多くの難民... 続きを読む

2016年1月15日
大女優・有馬稲子「ハッピーエンドの選び方」3回観賞し「本当にいい映画」

大女優・有馬稲子「ハッピーエンドの選び方」3回観賞し「本当にいい映画」

第71回ベネチア国際映画祭で観客賞を受賞したイスラエル映画「ハッピーエンドの選び方」のトークイベントが12月16日、東京・シネスイッチ銀座で行われ、女優の有馬稲子が映画評論家で映画監督の樋口尚文氏と本作の魅力を語った。尊厳死を題材にした本作... 続きを読む

2015年12月17日
第16回東京フィルメックス11月21日開催 ピエール・エテックスを特集

第16回東京フィルメックス11月21日開催 ピエール・エテックスを特集

第16回東京フィルメックスの開催が、11月21~29日に決定。ジャック・タチ「ぼくの伯父さん」のポスターデザインを手がけたピエール・エテックスの特集上映が予定され、このほどエテックスの代表作「大恋愛」(1969)の一場面を用いた映画祭ビジュ... 続きを読む

2015年9月5日
ミヒャエル・ハネケ監督、新作「フラッシュモブ」プロジェクトを断念

ミヒャエル・ハネケ監督、新作「フラッシュモブ」プロジェクトを断念

オーストリアの巨匠ミヒャエル・ハネケ監督が、2012年の「愛、アムール」以来となる、フラッシュモブを題材にした新作を準備中だと約1年前に報じられたが、このほど同作の製作を断念し、別の新作に取りかかる予定であることがわかった。仏ル・パリジャン... 続きを読む

2015年6月17日
全米映画批評家協会賞、作品賞はゴダール初の3D長編「さらば、愛の言葉よ」

全米映画批評家協会賞、作品賞はゴダール初の3D長編「さらば、愛の言葉よ」

第49回全米映画批評家協会(NSFC)賞が1月3日発表され、巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督初の3D長編映画「さらば、愛の言葉よ」が作品賞に選ばれた。とある人妻と独身の男の関係と会話を軸に、めくるめく映像と音の世界が展開される「さらば、愛... 続きを読む

2015年1月6日
ポーランド映画「イーダ」がヨーロッパ映画賞4冠

ポーランド映画「イーダ」がヨーロッパ映画賞4冠

ヨーロッパ映画アカデミー主催の第27回ヨーロッパ映画賞が発表され、ポーランドのパベウ・パブリコフスキ監督作「イーダ」が、ヨーロッパ最優秀作品に与えられるヨーロッパ作品賞と同監督賞、脚本賞と撮影賞の4部門を制した。「イーダ」は、1960年代初... 続きを読む

2014年12月19日
群衆が突然踊り出す!「フラッシュモブ」映画をミヒャエル・ハネケが監督

群衆が突然踊り出す!「フラッシュモブ」映画をミヒャエル・ハネケが監督

オーストリアの巨匠ミヒャエル・ハネケ監督が、今夏から新作「フラッシュモブ(原題)」の撮影に入ることがわかった。米FilmCommentによれば、新作はタイトル通り、フラッシュモブをテーマに複数の人々のドラマを描く。フラッシュモブとは、ネット... 続きを読む

2014年5月30日
「愛、アムール」の作品トップへ