ミヒャエル・ハネケ監督×イザベル・ユペール「ハッピーエンド」本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月14日 > ミヒャエル・ハネケ監督×イザベル・ユペール「ハッピーエンド」本編映像公開
メニュー

ミヒャエル・ハネケ監督×イザベル・ユペール「ハッピーエンド」本編映像公開

2018年2月14日 20:00

実力派が集結「ハッピーエンド」

実力派が集結
(C)2017 LES FILMS DU LOSANGE - X FILME CREATIVE POOL Entertainment GmbH –
WEGA FILM – ARTE FRANCE CINEMA - FRANCE 3
CINEMA - WESTDEUTSCHER RUNDFUNK -
BAYERISCHER RUNDFUNK – ARTE - ORF Tous
droits reserves
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「愛、アムール」のミヒャエル・ハネケ監督の最新作「ハッピーエンド」の本編映像が、公開された。

物語の舞台は、難民が多く暮らすフランス北部の町、カレー。建設会社を経営し、豪華な邸宅に3世代で暮らすロラン一家の元に、13歳の孫娘エヴ(ファンティーヌ・アルドゥアン)が呼び寄せられる。物語は、エヴと祖父ジョルジュ(ジャン=ルイ・トランティニャン)が抱えるある秘密を軸に、それぞれに問題を抱えながら暮らす家族の真実の姿を暴いていく。「エル ELLE」のイザベル・ユペール、「アメリ」「ミュンヘン」のマチュー・カソビッツ、「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」「アトミック・ブロンド」のトビー・ジョーンズら豪華キャストが顔をそろえた。

このほど公開されたのは、エヴがロラン一家の元を訪れた初夜のシーン。エヴの父親トマ(カソビッツ)と、再婚相手アナイス(ローラ・ファーリンデン)は、エヴを抱きしめて「おやすみ。いい夢を。うまくいくから心配せずに」と優しく語りかけ、寝室に案内して「一時しのぎの部屋でごめん」「寝られるかな。隣にいるからね」と気づかう。エヴもまた2人の思いをくみ、殊勝に振る舞う。一見すれば温かな家族のシーンだが、画面全体にハネケ監督らしい陰うつなムードが流れており、これから巻き起こる衝撃を象徴するような“嵐の前の静けさ”ともいえる内容となっている。

ハッピーエンド」は、3月3日から全国公開。

(映画.com速報)
愛、アムール[DVD] 愛、アムール[DVD] 最安価格: ¥1,080 人生はかくも長く、素晴らしい。第85回アカデミー賞外国語映画賞受賞など、国際賞レースで大接戦を繰り広げた話題作!人生を最後までともに生きた夫婦の、感動の愛の物語。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi